シーフードヌードルのスープが真っ黒に!? 新登場の"イカ墨ブラック"を実食

シーフードヌードルのスープが真っ黒に!? 新登場の"イカ墨ブラック"を実食

画像提供:マイナビニュース

日清食品はこのほど、王道「シーフードヌードル」にイカ墨ペーストを加えた「カップヌードル イカ墨ブラックシーフード ビッグ」(税別205円)を発売。あの純白のシーフードスープが、漆黒のイカ墨スープに変化するとあって、その味はいかなるものなのか食べてみた。

パッケージもかなりパンチ力あり。黒をベースにカラフルなスプラッシュ柄があしらわれており、シンプルなカップヌードルのイメージを覆すファンキーなビジュアルに仕上がっている。

○イカ墨ペーストでスープが真っ黒に!

ここ最近、唐辛子を加えた「レッドシーフードヌードル」、湯切りして食べる「汁なしシーフード」など、インパクト大な新商品が続々と登場しているカップヌードル。赤いスープや汁なしはなんとなく想像がつくが、今回の"ブラック"の味は未知数だ。

さて、中身はどうなっているのか期待しながら開けてみると、イカ、卵、麺……など具材はどうやらシーフードヌードルと変わりない様子。さっそくお湯を注いでいこう。

いよいよイカ墨ペーストの投入だ。子袋から真っ黒な液体をヌードルに垂らしていく。すると、純白のスープがみるみるうちに漆黒スープに変化! ここまで色が劇的に変わるとは驚きだ。「よし、もっと黒く染めてやろうじゃないか……」となんだか悪者になった気持ちでかき混ぜていくと……

完成。その見た目は「これって元はシーフードヌードルなの?」と疑いたくなるほど、真っ黒。"カップヌードルの異端児"ともいえる魅惑のブラックシーフードが出来上がった。

○気になる漆黒ヌードルの味は?

写真の通り、その見た目からは味がまったく想像できない。ただ、いつものシーフードヌードルとは異なり、ほのかにイカ墨のいい香りが漂ってくる。

さっそくひと口食べてみると「ん?」、もう一口食べてみると「お!」……正直、味はほぼシーフードヌードル。しかし食べ進めていくと、イカ墨の風味がふわっと口の中に広がっていくのがわかる。シーフードヌードルの魚介(イカ)の風味がよりアップした一品と言えるだろう。

シーフードヌードルの新バリエーションとしては、かなり存在感のある商品だ。会社や学校のお昼休みに食べれば、この"魅惑のブラックスープ"に惹かれて人が集まってくるに違いない。歯は黒くならないのでご安心を。
(中納俊)

関連記事(外部サイト)