「LINE」でいじめ相談に応じるサービスが開始 - 滋賀県大津市で

いじめ相談に「LINE」使用

「LINE」でいじめ相談に応じるサービスが開始 - 滋賀県大津市で

「LINE」でいじめ相談に応じるサービスが開始 - 滋賀県大津市で

画像提供:マイナビニュース

LINEは8月7日、滋賀県大津市と「LINEを利用した子どものいじめ防止対策に関する連携協定」を締結。2017年11月1日〜2018年3月31日までの期間、「LINE」を利用したいじめ相談受付や広報啓発を実施する。実施結果については、有識者、専門家等が分析・検証を行う。

同協定は、現代の子どもたちが、電話よりもSNS、特に「LINE」を多く利用していること、新たないじめの形としてSNSを通じたものが確認されているにも関わらず、いじめの相談窓口のメインは電話であることなどを背景として締結されたもの。滋賀県大津市の公立中学校からモデル校を数校選定し、「LINE」を利用したいじめ相談受付の試験運用を行うという。

モデル校の生徒へは、相談用LINEアカウントを友だち登録するために必要な「QRコード」が入ったチラシなどを配布。登録者へはメッセージの配信等を行うことで、いじめに関する広報啓発活動も実施する。

実施結果については2018年1月〜3月の期間、有識者、専門家等による分析・検証をし、今後の相談事業についての研究を行うとのこと。同社は「いじめに悩む子どもが相談しやすい環境の整備を行うとともに、子どもが健やかに成長し、安心して学ぶことができる環境を整えることを目指してまいります」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)