スタバ、「スモアフラペチーノ」はさっぱりチョコ! 夏にこそ飲みたい味

スタバ、「スモアフラペチーノ」はさっぱりチョコ! 夏にこそ飲みたい味

画像提供:マイナビニュース

スターバックス コーヒー ジャパンは8月10日、「スモア フラペチーノ -クリスピー マシュマロ-」(税別590円)を全国の「スターバックス」店舗で発売する。真夏の新作と聞くと、ついついフルーツ系といった爽やかな雰囲気を想像してしまうが、今回登場したのはチョコレート系のドリンク。あえてこの時期にチョコレートを展開する狙いを聞いてみた。

○夏らしく軽やかな食感を生み出すために

「チョコレートって夏というより冬のイメージなのですが、どうしてこの時期に?」と早速聞いてみると、同社広報は「確かにそういった意見もいただきますが、今回の『スモア フラペチーノ』は夏でもさっぱり飲めるように工夫しております」と答える。その工夫を知るべく飲んでみると、カカオのビターな苦味とすっきりとした後味を感じた。何だこれは!?

実は、今回のフラペチーノのベースにはミルクを使用していないという。カカオパウダーとシロップ、氷をブレンダーで混ぜ合わせた「カカオソルベ」のようになっているので、チョコレートの風味をしっかり感じつつも、ゴクゴク飲めるように仕上がっているんだとか。

また、今回のテーマは「スモア」。北米ではサマーキャンプの際、バーベキューなどの最後にマシュマロを焼き、チョコレートと一緒にビスケットやクラッカーに挟んだこの「スモア」がよく食べられているという。同商品では、その味を再現するためにクリスピーマシュマロとベイクドチョコレート、ビスケットをフラペチーノの中とトッピングに採用した。

ストローで全体を混ぜながら飲んでいくと、はじめはサクサクとしていたクリスピーマシュマロが柔らかな食感に変わっていく。ベイクドチョコレートの香ばしくて軽やかな味わいも加わり、「ちょっと甘そう」というイメージから「甘すぎず、軽やかで飲みやすい」という印象に変わっていった。

"夏ならではのチョコレート体験"と言える今回の新商品。販売期間は8月31日までと、少々短めだ。暑い日にもゴクゴク飲める、ほんのりビターな味わいをぜひ飲み逃すことのないようにしてほしい。
(福田啄也)

関連記事(外部サイト)