ビール5大メーカー徹底比較! 各社の定番ビールをアラサー記者が飲み比べ

ビール5大メーカー徹底比較! 各社の定番ビールをアラサー記者が飲み比べ

画像提供:マイナビニュース

アツい夏に飲みたくなるものは? 仕事帰りに飲みたくなるものは? 仲間と会ったら飲みたくなるものは? 毎日飲みたいものは? そう、"ビール"である。一年で一番ビールが恋しくなるこの季節、自分好みの一杯を見つけるべく、5大メーカーの定番5ブランドのビールを飲み比べしてみた。

比較ポイントは以下の通り。

旨味…麦芽やホップの味、コク
後味…飲んだ後に感じる味のキレ
苦味…ビールに欠かせない苦さ
甘味…ほのかな甘さや飲みやすさ
酸味…味のアクセントとなる酸っぱさ
風味…ビールならではの香り

あと、アラサーでビール腹まっしぐらの筆者としては、味はもちろんだが、意外と気になるのがカロリー・糖質・プリン体。メタボに悩むビールファンのためにも、それらの数値もばっちり記しておく。

○アサヒスーパードライ: とにかくキレ味が抜群の爽快な一杯

トップバッターは、アサヒビールの「スーパードライ」。その名の通り、一番の魅力はスーパーでドライな"辛口キレ味"だ。飲んだ瞬間、キリッと辛口な味わいが舌を刺激し、後味はスパッと爽やか。口当たりや喉ごしが実に爽快とあって、暑くてたまらない夏にピッタリな一杯と言えるだろう。

旨味★★☆☆☆
後味★★★★★
苦味★★★☆☆
甘味★☆☆☆☆
酸味★★☆☆☆
風味★☆☆☆☆

エネルギー:42kcal
糖質:3.0g
プリン体:5〜6mg
※100mlあたりの数値

○キリン一番搾り生ビール: ガツンとくる麦芽の旨さが決め手

キリンの「一番搾り生ビール」は、麦汁のろ過過程で、もろみから流れ出る"1番搾り"だけでつくった一杯とあって、贅沢なまでに濃厚な麦芽の旨みと苦味を堪能できる。それでいて後味もキレがよく爽やかとあって、全体的な味のバランスがいい。どんな料理やつまみとも相性がよさそうだ。

旨味★★★★☆
後味★★★☆☆
苦味★★★★☆
甘味★★☆☆☆
酸味★★☆☆☆
風味★★☆☆☆

エネルギー:41kcal
糖質:2.7g
プリン体:約8.8mg
※100mlあたりの数値

○サッポロ生ビール黒ラベル: ビール初心者も飲みやすい澄んだ味わい

このサッポロ「黒ラベル」は、これまであまり飲む機会が少なく、じっくり味わって飲んだのは今回が初めてだったのだが、ひと口飲んでビックリした。ものすごく、飲みやすい! 麦芽などのコクや苦味が程よく整えられており、なんとも澄んだ飲み心地となっている。これなら、ビールが苦手な人や女性でも飲みやすいに違いない。

旨味★★★☆☆
後味★★★☆☆
苦味★☆☆☆☆
甘味★★★★☆
酸味★★☆☆☆
風味★★☆☆☆

エネルギー:40kcal
糖質:2.9g
プリン体:約7.5mg
※100mlあたりの数値

○ザ・プレミアム・モルツ: 豊かな味わいのラグジュアリー麦酒

よく通う店のほとんどが、このサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」を出していることもあり、個人的には一番飲み慣れてるビール。改めて飲み比べしてみると、このプレモルはかなり個性派な一杯であることに気がついた。ホップの香りがとても強く、コクがとても奥深く……なんとも飲み心地が芳醇。この唯一無二の味わいがクセになる。

旨味★★★★☆
後味★★★☆☆
苦味★★★★☆
甘味★★☆☆☆
酸味★★★☆☆
風味★★★★★

エネルギー:47kcal
糖質:3.8g
プリン体:約9.5mg
※100mlあたりの数値

○ヱビスビール: コクも風味も申し分なしのツウ向けビール

これぞ、ビール。そう言わんばかりの凝縮した旨味が感じられるのが「ヱビスビール」だ。上質の素材を長期間かけて熟成させてつくった一杯とあって、ビール本来のホップの風味や麦芽のコク、じわりとくる苦味を存分に味わえる。特有の香りがふわっと広がる口当たりも上品で、ゴクゴク飲むよりもじっくりと噛みしめながら飲みたい。

旨味★★★★★
後味★☆☆☆☆
苦味★★★★☆
甘味★★☆☆☆
酸味★★★☆☆
風味★★★★☆

エネルギー:42kcal
糖質:3.0g
プリン体:約11mg
※100mlあたりの数値

○まとめ

ひと口にビールといっても、持ち味はそれぞれ違うことがわかった。もちろん、自分好みの一杯を見つけるのもいいが、昼間のBBQで飲むなら「スーパードライ」、リッチな料理に合わせるなら「ヱビスビール」……というように、その時々のシーンや気分に合わせてビールを選ぶと、もっとビールがおいしく感じられるに違いない。
(中納俊)

関連記事(外部サイト)