子どもの好きな野菜・嫌いな野菜ランキング--定番"ピーマン"はランクダウン

子どもの好きな野菜・嫌いな野菜ランキング--定番"ピーマン"はランクダウン

画像提供:マイナビニュース

タキイ種苗は8月9日、「2017年度 野菜と家庭菜園に関する調査」の結果を発表した。調査は20歳以上の男女600名を対象に、野菜にまつわるイメージ評価などを調べたもの。自分の子どもの好きな野菜、嫌いな野菜を尋ねたところ、好きな野菜は「トマト」、嫌いな野菜は「ゴーヤ」が1位となった。

はじめに、子どものいる305名に「あなたのお子さまは野菜が好きですか?」と尋ねた結果、12.1%が「大好き」、56.7%が「どちらかといえば好き」と回答。約7割が「野菜好き」であることが分かった。具体的に子どもが好きな野菜を調査すると、1位は「トマト」(47.9%)、次いで「じゃがいも」(42.6%)、「さつまいも」(41.6%)、「とうもろこし」(39.7%)、「メロン」(39.0%)と続いている。

一方で嫌いな野菜は「ゴーヤ」(35.1%)が最も多く、2位は「セロリ」(30.2%)、3位は「春菊」(27.2%)、4位は「とうがらし」(23.0%)となった。2016年の調査では2位だった「ピーマン」(19.7%)は、5位にランクダウン。同社は「かつては子どもが苦手な野菜の定番だったピーマンですが、そのイメージは薄れつつあるようです」とコメントしている。

大人の好きな野菜も調べたところ、子どもと同様に「トマト」(68.8%)が1位にランクイン。嫌いな野菜については、「セロリ」(23.8%)が最も多かった。

関連記事(外部サイト)