「パパも入れる授乳室」初展開--授乳に安心できる環境を

「パパも入れる授乳室」初展開--授乳に安心できる環境を

画像提供:マイナビニュース

ピジョンは8月19日〜22日、外出先でも父親も授乳できる「パパも入れる授乳室」を三井ショッピングパークららぽーと立川立飛(東京都立川市)に期間限定で展開した。

入り口のスペースには、冷凍した母乳を温めるための容器や、ミルクを作るためのコーナーを設置。パパひとりでも授乳の準備ができる環境を整えた。

授乳室の中はゆったりとしたスペースで、パパとママが一緒に座れる、家族で利用しやすい空間を提供。授乳室の中に自由に使える母乳パッドや手・くちふきとりナップ、授乳クッションなども完備し、ゆっくりと落ち着いて授乳ができるようになっていた。

「パパも入れる授乳室」を利用したパパとママ(子ども: 6カ月と4歳)に話を聞くと、パパからは「一緒に授乳室に入れると、ママの手助けができますね。以前、ぼくが抱っこしていた時におなかがすいて泣き出しちゃったことがあったのですが、たまたま携帯を忘れた時で、買い物中のママに連絡が取れなくて困ったことがあるんです。でもそんな時にこういう授乳室を利用できれば、ママがいなくてもパパだけで授乳ができるからいいですね」という声が寄せられた。

また、ママも「今は子どもが2人いるので、パパと上の子とで待っていてもらえるのでいいのですが、上の子がまだ授乳中の時は、その時間パパと別々に過ごしていました。パパも利用できる授乳室はとてもいいと思います。家族のコミュニケーションもとれますよね」とコメントしている。

授乳室の外では同社が公開している「パパチチしよう。」の動画放映や、搾乳器や哺乳瓶などの展示も展開。動画にも登場するオリジナルデザインの「育児日記」は、授乳室を利用した夫婦にプレゼントされた。さらに、撮影した写真をオリジナルのプラスチックカードにしてもらえる撮影コーナーも用意されていた。

関連記事(外部サイト)