その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法


執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ


暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。

高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。

また、水虫というと足にできるイメージをお持ちかもしれませんが、手にもできる場合があります。

手荒れと間違えやすい

「手水虫」

についてご説明しましょう。

手水虫の原因

水虫の原因菌は

「白癬菌(はくせんきん)」

というカビの一種です。

白癬菌は皮膚の表面から角質層という部分に入り込み、感染を起こします。

これが足にできると「足白癬」「足水虫」、手にできると「手白癬」「手水虫」と呼びます。

白癬菌は高温多湿の環境を好みます。

手は足に比べて露出が多く、日常でもよく洗う機会が多いため、手水虫の発症は稀です。

発症確率は、足水虫の「20分の1」から「30分の1」といわれています。

なぜ手水虫ができるの?

手水虫の感染経路は、たいてい足水虫からです。

特に自分や家族が足水虫の場合は要注意です。

感染しやすいタイミングは、足の白癬菌に触れる次のようなシーンです。


 ・爪を切るとき
 ・足を掻いたとき
 ・お風呂やトイレ、キッチンのマットに触れるとき

自分の足に水虫ができている状態で、「足に触る=足の白癬菌に素手で触る」ということになります。

白癬菌のはびこる湿ったマットを洗濯するときなども同様です。

手荒れと間違いやすい、手水虫の症状

やっかいなことに、手水虫は手荒れと間違いやすく、気付かないで症状を悪化させる可能性があります。

手荒れの代表格は「主婦湿疹(手湿疹)」です。

仕事や家事などの際、水や洗剤、金属などの刺激が原因で症状が出ます。

指がガサガサし、関節の皮膚がゴワゴワして厚くなるのが特徴です。

ほとんどは両手に症状が出ます。

しかし、手のひらに次の症状がある場合は手水虫かもしれません。

手水虫を見極めるポイントをチェックしてみましょう。


 ・厚く硬くなった皮がむけ、ひび割れている
 ・かゆみや痛みがない
 ・カサカサしている
 ・上記の症状が手のひらから指先に向けて広がっている
 ・両手ではなく、片手だけに症状がある

ところで、頻度は稀ですが、手水虫で水ぶくれができることがあります。

似たような症状として挙げられるのが「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」という皮膚の病気です。

こちらは原因がまだ解明されていないようですが、手のひらに膿疱や水ぶくれができて、痛みやかゆみを伴います。

手水虫の予防・対処法

このように、手水虫は、足水虫からの感染によって起こるケースが多いのです。

ですから、予防・対処法も足水虫と同じです。

ポイントは、清潔と乾燥、感染経路を断つこと!次のような点に注意しましょう。

石けんで手をきれいに洗い、清潔なタオルでしっかりと水分を拭き取る家族に水虫の人がいる場合、スリッパやバスタオル、爪切りを共有しない足に触れるマットをこまめに洗い、乾かす自分や家族が足水虫の場合、医療機関を受診してしっかりと治療する


手足の水虫にせよ主婦湿疹にせよ、皮膚の病気が考えられる何らかの症状を感知したら、自己判断で市販の薬やクリームを使用するのは控えましょう。

症状にあった対処をしないと、かえって症状を悪化させたり、家族にうつしたりするような事態になりかねません。

すみやかに皮膚科を受診して、適切な治療を受けることをおすすめします。


<執筆者プロフィール>
藤尾 薫子(ふじお かおるこ)
保健師・看護師。株式会社 とらうべ 社員。産業保健(働く人の健康管理)のベテラン

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

関連記事(外部サイト)