風邪をひきやすい季節、秋はここに気を付けて

風邪をひきやすい季節、秋はここに気を付けて

風邪をひきやすい季節、秋はここに気を付けて


執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)

食欲の秋。スポーツの秋。

日本では様々な「秋」がありますが、「秋は風邪をひきやすい」ともよく言われます。

しかしなぜ、四季の中でも特に秋は風邪をひきやすい、といわれているのでしょうか?

今回は秋に風邪をひきやすい原因と、その対応方法について、ご紹介していきましょう。

夏の疲れがこの秋に

夏の暑い時期は、体が「これ以上体温があがらないように」と汗を出したり、血液の循環を増やすなどして、体内の温度を調節するために、身体の様々な機能が頑張っています。

しかし、秋になって涼しくなってくると、体温を調節する必要性が低下するため、それまで頑張って調節していた分、身体の様々な機能に疲労が出てきてしまいます。

その結果、なんとなく体がだるいなどといった、体力の低下が起こります。

夏に頑張りすぎた体が疲れてしまい、体力が落ちてしまった結果、風邪を引き起こす菌やウイルスに感染しやすくなってしまい、風邪をひきやすくなります。

また秋は「行楽の秋」ともいい、お出かけしやすくなる時期でもありますね。

しかしここでさらに無理をしてしまうと、夏にたまった疲れをさらに助長させ、より風邪をひきやすい環境を作り出してしまいます。

夏にたまった疲れを癒すためにも、また新たな疲れをためないようにするためにも、自宅でゆっくり休養する時間を作ることが、風邪予防対策として有効です。

一日の中でも寒暖差が大きい

秋は冬に比べて寒いとまではいかないものの、一日たつごとに風が冷たくなり、朝晩の冷え込みが出てきます。

朝晩は20℃を下回ることが多くなり、少しずつ朝晩と日中の間での気温差が大きくなります。


身体は、外の温度が高ければ身体の熱を放出するために汗を多く出し、外の温度が低ければ熱をため込むことで常に一定の体温になるよう、調節しています。

よって、一日の中で寒暖差が大きくなると、調節機能を使い分けなくてはいけなくなるため疲労がたまりやすくなり、風邪をひきやすくなるのです。


寒暖差を軽減するために、日中の暑さに応じたものではなく、朝晩の冷え込みに応じて羽織るものを用意して、気温の変化に対応できようにすることが風邪予防に有効です。

「シャワーだけ」は要注意

夏は暑さ対策として、お風呂ではなくシャワーで済ませてしまう方も多いかと思います。

しかし秋になってくると朝晩は冷え込むこともあり、シャワーのみで済ませてしまうと体を冷やしてしまい、より風邪をひきやすくなってしまいます。

そのため、シャワーだけではなくなるべくお風呂に浸かり、しっかりと体を温めることで、身体の疲労もとれ風邪をひきにくくなります。


食欲にスポーツに行楽の秋。体調管理に気を付けて、めいっぱい秋を楽しみましょう。

<執筆者プロフィール>
山村 真子(やまむら・まこ)
看護師・西東京糖尿病療養指導士、一児&犬二匹の母親兼主婦。現在は医療系ライターとして執筆活動中


関連記事(外部サイト)