「百日ぜき」の患者が増加 風邪と間違って放置し、周りに感染を拡大させるケースも

記事まとめ

  • 小さい子供や赤ちゃんに多く発症する「百日ぜき」は、大人の患者も増えているという
  • 「たかが咳」と軽んじて受診が遅れ、放置していると、周囲に感染を拡大させる恐れも
  • 6カ月未満の乳児が感染した場合、無呼吸発作など重症化しやすいため注意が必要

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております