子どもに多い夢遊病、ピークは8〜12歳 思春期以降〜大人の夢遊病は治療を推奨

記事まとめ

  • 「夢遊病」は睡眠中に起き上がり何かしらの行動をとって再び眠りにつくというもの
  • 発症のピークはおおむね8〜12歳で、児童期の睡眠時遊行は、自然に回数と時間が減少
  • 思春期以降の睡眠時遊行は、積極的に治療を受けるよう推奨されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております