正しい歯みがき、できていますか?

正しい歯みがき、できていますか?

正しい歯みがき、できていますか?


執筆:Mocosuku編集部


毎日の「歯みがき」しっかりできていると思いますか?

毎食後に歯みがきをしていても、そのやり方が間違っていれば、みがき残しができ結局虫歯になってしまいます。これは、手でみがく場合も電動歯ブラシを使う場合も同じ。

そこで今回は、正しい歯みがきの仕方をご紹介したいと思います。

歯をみがく順番を決めておく

手みがき派、電動歯ブラシ派のいずれにもオススメしたいのが、自分の中で「みがく順番」を決めておくこと。

例えば、右利きの人は一番みがきにくい右下奥から左下奥へみがいていき、下が終わったら右上の奥から左上の奥へ??というように、順番を決めておくとみがき忘れ、みがき残しが起こりにくくなります。

ブラシの動かし方「手みがきの場合」

続いてブラシの動かし方です。まずは手みがきの場合から。

小さい頃、歯ブラシは縦方向(前歯でいえば上下方向)に動かす、と習った人も多いかもしれません。しかし、歯科医の先生によれば、縦でも横でもみがきやすいほうでいいそうです。


重要なのは、歯の表面だけでなく

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目といった「溝」の部分もきちんとみがくこと。

それには歯ブラシを45度に傾け、溝に対してブラシの角を当てるようにしてみがくのがコツです。みがく時は力を入れすぎないように注意。力を入れすぎると、ブラシの毛先が開いてしまってきちんと歯や溝に当たらなくなるからです。

手みがきの場合、約10分ほどをみがき時間の目安と考えてください。

ブラシの動かし方「電動歯ブラシの場合」

一方、電動歯ブラシの場合も

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目といった「溝」にきちんとブラシを当てる

ことは同じです。

歯の表面に対してはブラシを正面から当てますが、溝に対しては45度くらいの角度をつけ、回転するブラシのエッジが当たるようにしましょう。噛み合わせ面にもブラシを当てるのを忘れずに。

電動歯ブラシの場合、角度さえきちんと当てればブラッシングは自動で行ってくれるのでラクです。歯1本につき5秒間くらい当ててから次へ移ると、全体をみがき終えるのに2〜3分くらいかかります。

歯みがき粉は必要ない?

手みがきでも電動歯ブラシでも、きちんとみがけていれば実は何もつけなくても十分歯垢を除去できます。

とはいえ、歯みがき粉を使ったほうが清涼感が得られますし、研磨剤が入っているものであれば歯の表面をよりツルツルにできるというメリットがあります。また、フッ素が配合された歯みがき粉なら、歯を保護する効果も期待できます。

なお電動歯ブラシは使用する歯みがき粉が指定されている場合もあるので、きちんと説明書を見て確認しましょう。

健康な歯は、素敵な笑顔のもとでもあります。

いつまでも健康な歯で、たくさんの笑顔を咲かせたいですね。

関連記事(外部サイト)