新生活の参考に。引っ越しの際にかかる家具の費用はどれくらい?

新生活の参考に。引っ越しの際にかかる家具の費用はどれくらい?

新生活の参考に。引っ越しの際にかかる家具の費用はどれくらい?

ヘヤゴトは、新居への引っ越しをした経験のある方を対象に、「新居の家具にかかる費用」に関する調査を実施しました。

初めに「新居へ引っ越す際、家具類はどのくらい買い替えましたか?」と質問したところ、8割以上の方が『ほぼ全て買い替えた(32.6%)』『一部を買い替えた(53.4%)』と回答しました。

次に、「買い替えた家具と設備関係(照明、カーテンなど※家電は除く)の総額はどのくらいですか?」と質問したところ、『10万円〜20万円未満(17.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『50万円〜100万円未満(17.4%)』『40万円〜50万円未満(14.3%)』と続きました。

10万円〜20万円未満と回答した方が最多ですが、50万円以上かかった方も多いことが判明しました。

続いて、「その総額は予算を超えましたか? 収まりましたか?」の質問には、半数以上の方が『予算を大きく超えた(14.5%)』『予算をやや超えた(41.7%)』と回答。

どのような家具がどのような理由で予算を超えてしまったのかを詳しく聞いてみたところ、以下のような声が集まりました。

・カーテンのオーダーメイド。家具をある程度価格が高いものを選択したから(20代/男性/会社員)

・家具。あれもこれもほしいと買っていたら予算オーバーになった(20代/女性/公務員)

せっかくの新居だからとより良いものを選んだ結果、予想していた金額を上回ってしまうのかもしれませんね。

さらに、「家具のメーカーやブランドにこだわりはありますか?」と質問したところ、『ある(20.8%)』『ない(79.2%)』という結果に。

『ある』と回答した方に具体的なこだわりを聞いてみたところ、長く使えるものや使いやすさ、デザインを重視して、家具を選んでいる方が多いことが分かりました。

また、「ご自身が納得できる家具を購入するためには、時には予算を超えても仕方がないと思いますか?」という質問には、9割以上の方が『とてもそう思う(41.4%)』『ある程度そう思う(54.8%)』と回答していました。

今回の調査で、新居へ引越す際は8割以上の方が家具を買い替えていることが分かりました。

安い買い物ではないですが、やはり自分が納得するものを買いたいという人が多いようです。引っ越しの際は、引っ越し費用の他に家具などのインテリア代も貯金しておいた方が良さそうですね。

■調査概要

「新居の家具にかかる費用」に関する調査

調査期間:2022年2月1日〜2022年2月2日

調査方法:インターネット調査

調査人数:1,010人

調査対象:新築の新居へ引越しをした経験のある方

モニター提供元:ゼネラルリサーチ

(マイナビウーマン編集部)

関連記事(外部サイト)