【地方あるある】TSUTAYAがカルチャーの発信地? それぞれの“聖地”を聞いてみた

【地方あるある】TSUTAYAがカルチャーの発信地? それぞれの“聖地”を聞いてみた

【地方あるある】TSUTAYAがカルチャーの発信地? それぞれの“聖地”を聞いてみた

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

最近コスメを2万円分、爆買いしました(笑)。

もちろん普段からこんなに爆買いしているわけでないですよ。でも、2月にコロナに感染した時から「コスメを買いに行きたい……!」ってずっと思っていたんです。

療養中、ネットスーパーを利用したので生活は困らなかったんですが、お花を買いに行くとか、本屋さんで本を選ぶとか、“生活の中のちょっとした楽しみ”は圧倒的になくなっていたんですよね。

療養中にそういう楽しみが全てそぎ落とされた結果、「コスメを買ったる。絶対買う」という心境になりました(笑)。

■地方出身者が振り返る、地元でカルチャーを摂取していた場所は?

「コスメ欲」のように、人にはそれぞれ特有の“欲”があって、それを満たしてくれるスポットがあると思うんです。

私にとっては「原宿のアットコスメ」がコスメ欲を満たしてくれる最高のスポットなのですが、構成作家の松本さんは、渋谷のスクランブル交差点にあるTSUTAYAで雑誌やコミック、DVDなどを爆買いしていた時期があったのだとか。

“生活の中のちょっとした楽しみ”を手に入れる方法として文化を摂取しようとするのも、コスメ欲と似たものを感じますね。TSUTAYAは特にカルチャーを感じることができる場所として、全国共通なのかも。

そういえば、私が実家のある宮城県名取市に住んでいた時は、車でロードサイドに出てショッピングモールやTSUTAYAに行っていました。あの当時、すでにヴィレッジヴァンガードもあったんですよね。それも文化を摂取できる場所でした。

地方に住んでいる人は、国道とか大きな道に出て、その道沿いにあるお店に行くっていうのが1つの楽しみになっていると思うんです。

機会があれば、地方出身者を集めて「あなたの“文化のよりどころ”ってどこですか?」って聞いてみたいです。やっぱりTSUTAYAが一番多いのかな。

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

(トーク:犬山紙子、文:松岡紘子)

関連記事(外部サイト)