フルコース、ぜ〜んぶ餃子。大人女子の遊び場「SHE meguro」を体験

フルコース、ぜ〜んぶ餃子。大人女子の遊び場「SHE meguro」を体験

フルコース、ぜ〜んぶ餃子。大人女子の遊び場「SHE meguro」を体験

新年度が始まってもうすぐ2カ月。外出自粛の制限もなくなって、今後はお仕事終わりに一杯、なんて機会も戻ってくるかもしれませんね。

今回は、仕事帰りや週末の女子会にもぴったりな「餃子フルコースディナー」を提供するお店があると聞きつけ、マイナビウーマン編集部の餃子好き、まっつん&あっさんが食べに行ってきました!

■食べて飲んで泊まれる。大人女子のための一軒家

1棟まるごと「大人の女性の遊び場」をコンセプトにしている「SHE meguro」は、2Fは会員制レストラン、3Fはヨーロピアンタパス&ワインバー、4Fは6名で泊まれるバケーションホームとして、2022年6月以降順次オープン予定の施設です。今回は、2〜4Fに先がけて2022年4月20日にプレオープンした1FのGyoza Bistroにお邪魔しました。

目黒駅から徒歩7分、駅前から続くドレメ通りを進むとSHE meguroが見えてきます。隠れ家のような佇まいに、期待も膨らみます。

店内は木のぬくもりを活かしたナチュラルな雰囲気で、オレンジのライトがきらきらと光っています。ディスプレイのようにきれいに並べられたお皿は購入することもできます。

席につくとそこには、小さな餃子がちょこんと描かれた本日のメニューが。

■餃子×お酒が楽しめるおしゃれなディナー

今回いただく餃子のフルコースディナー「THE 餃子」は、前菜からデザートまで皮の厚み、大きさ、形を1つ1つ変えて餃子の概念を再構築したという、シェフのこだわりが詰まった全10品で構成されています。

さらに、料理に合わせてシェフおすすめの自然派ワインや日本酒を楽しめるペアリング(6杯)の他、お酒が弱い人やワインビギナーも楽しめるショートペアリング(3杯)も。お酒が好きな人はもちろん、弱い人やワインに詳しくない人も一緒に楽しむことができます。

さて、今回はあっさんと一緒に餃子のフルコースを楽しんだので、その様子もお届けしますね。ほろよいで素直すぎる我々の感想を、副音声のようにお楽しみください。

■餃子フルコースを実食!

最初に運ばれてきたのは、「シェフのアンサンブル(野菜のサルサ 餃子のクルトン添え)」。餃子の皮を直径4cmのセルクルでくり抜き、自家製のグリーンチリを包んだ揚げ餃子です。

わああ、小さい餃子が乗ってる! かわいい〜!!

ほんとだ、かわいい! サルサはトマトとピーマンが入ってて、サクサクの餃子に合う〜!

マイクロ餃子のかわいさに、1品目からノックアウト。このミニマムなかわいさは、ぜひ実物を見てほしい!

続いては「2種のタコス餃子」。1つ目はゆでたヒヨコマメに、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えペーストをつめた「フムス」。2つ目はアボカドをつぶしてタマネギを加え、クリーム状のディップをつめた「グアカモーレ」。形取りし素揚げした2種の餃子を、タコス風に楽しむことができます。

サクッと食感のあとに、ふわふわのペーストが広がる〜!

いろんな味が合わさっておいしい! パクっと一口で食べて、口の中で楽しむのが良いかも!

次に出てきたのは、「帆立と夏野菜の冷製水餃 和風ジュレ サワークリーム添えて」。帆立の旨味を閉じ込めるため、長時間じっくりソテーすることで野菜に香りを移しているという、手の込んだ一品です。

この料理に合わせて用意していただいたのが「ヴァン・ド・フランツ・シャルドネ」。すっきりとした飲み口に華やかな味わいで、帆立とすごく相性が良かったです!

帆立の香りがすごい! ワインも飲みやすい〜!

餃子の皮がもちもちでおいしい〜!! 下に敷いてあるズッキーニがお口直しになってるんだね!

お酒が入ってちょっとテンションが上がり始めた私たち。段々楽しくなってきました!

そして4品目のサラダにもしっかり餃子が。「苦味野菜と和のフルーツのサラダ・シトラスビネグレット揚げ餃子と共に」は、鶏軟骨を餡に包んだ揚げ餃子と旬の苦味野菜に、この日はデコポンが添えられていました。

軟骨がコリコリしておいしい!

このデコポン、めちゃめちゃ甘い……! 苦味野菜と一緒に食べると爽やか〜!

続いてはシェフが最も力を入れたという、「マグロの蒸し餃子」。山芋の蒸し餃子に特別な魚醤でマリネしたマグロをのせ、泡立てた黄身醤油と共にいただく一品です。

ここでは「天美」という日本酒をペアリングしてくださいました。フルーティな香りに甘みのある飲み口で、日本酒初心者の方もきっと気に入ると思います!

ただマグロが乗っているだけじゃなくて、すごく繊細な味でおいしい……!

刻んだ山芋とすりおろしたとろろの両方が入ってる! 食感も楽しいね〜!

お次は「彩りの北京ダック包み 自家製黒味噌ソース」。自家製黒味噌を混ぜ合わせた蒸し鶏と彩り野菜を、蒸した餃子の皮に包んで食べる“北京ダック風”の餃子です。

上から野菜を押し込んで、くるっと巻くんだね! 本当の北京ダックみたいで楽しい〜!

自家製黒味噌、めっちゃおいしい……! 持って帰って他の料理にも塗りたい……!

そうそう、お店の方が教えてくださったのですが、お料理を盛り付けているお皿は、このコースのために“餃子専用”で作られたんだとか。この日は大人気で欠品中でしたが、女性作家さんが作り上げたこだわりのお皿は店内で購入することもできます。

続いては看板メニューの「ピリ辛“海老入り”水餃子」。海老と国産豚ひき肉の餡で包んだ水餃子を、モダンアジアンを表現する甘辛のソースでいただきます。

これおいしい〜! 海老がぷりぷり!

もちもちの皮がおいしい! “うまからい”からお酒にも合うね!

続いては「4種の焼き餃子」。ここでついに「THE餃子」と言える一品がやって来ました!! とはいえ普通の餃子とは違い、1つ1つにベストマッチするソースや食べ方を提案しています。

野菜主体の「特製餃子」はビネガー&ペッパーソース、自家製の青唐辛子と豚挽き肉で包んだ「ちょい辛餃子」はトマトソース、季節限定の「しそ餃子」はポン酢で、さまざまなスパイスを調合しお肉のみを使用した「肉肉餃子」はピンク塩とレモンでいただきます。

肉肉餃子、レモンでさっぱりしておいしい!

しそ餃子、しその葉で丸ごと包んでるんだって! 爽やかで一番好きだな〜! ところであっさん、さっきから「おいしい!」しか言ってないね(笑)。

そろそろあっさんの酔いが回ってきて、ボキャブラリーがなくなってきたもよう。でも次はいよいよメインディッシュですよ!!

このコースのメインディッシュとなるのは、「黒毛和牛の餃子包み ビーツソースと山椒オイル」。黒毛和牛を餃子皮でパイ包み風に焼き上げ、シェフ特製のビーツソースと山椒オイルと合わせていただきます。

これおいしい〜!!(語彙力の欠如)

牛肉の旨味がサクサクの餃子に閉じ込められてますね!(突然の敬語) ビーツソースと山椒オイルがアクセントになって、見た目も味も楽しめます!!(私が伝えなければという必死さ)

「ああ〜おいしかった〜」

ほろよい2人で満足していたら、デザートが運ばれてきました。あれ? でもこれって餃子……?

いえいえ、これがアップルパイを餃子に仕立てた「本日のデザート」です。最後まで餃子にこだわった、遊び心溢れる一品です。

餃子の中にはシナモンが効いたりんごのコンポートが入っていて、アイスと一緒に食べるとまろやかでおいしいです!

(にこにこしながら嬉しそうに食べています。めっちゃかわいい)

■カジュアルなのに大人な居心地の良い空間

すっかり酔ってしまった私たち2人は、にこにこ笑顔でお店の人にお礼を言い、お店を後にしました。

「目黒でフルコース」なんて聞いた時はちょっと緊張しましたが、お店の雰囲気はもちろん店員さんもカジュアルであたたかい雰囲気なので、女性1人でも入りやすいお店だと感じました。

楽しく程よくお酒も飲んで、ちょっとだけ大人な女性のお仕事帰りを体験できたかも? あなたも「SHE meguro」で“大人女子のための餃子フルコース”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■店舗概要

SHE meguro

所在地:東京都品川区上大崎4-5-31

URL:http://shemeguro.com

(取材・文:松岡紘子/マイナビウーマン編集部)

関連記事(外部サイト)