6割弱が脱毛・ムダ毛ケアに自信ない。2022年夏に向けてケアに力を入れたい部位は?

6割弱が脱毛・ムダ毛ケアに自信ない。2022年夏に向けてケアに力を入れたい部位は?

6割弱が脱毛・ムダ毛ケアに自信ない。2022年夏に向けてケアに力を入れたい部位は?

ヤーマンは5月10日、「脱毛・ムダ毛ケア実態調査2022」の結果を発表しました。調査は4月、20代〜60代の男女1,038人を対象に実施したものです。

現在、どこかの部位の脱毛・ムダ毛ケアをしていると回答した人に対し、今自身のケアが適切と思うか尋ねたところ、「適切だと思う」と答えたのは41.6%でした。一方で、「不適切だと思う」「わからない」の回答は合わせて58.4%となり、6割近くがケアに自信がない・満足できていない状態である事も分かりました。

医療脱毛、美容脱毛、家庭用脱毛などの脱毛器具による「脱毛」ケアをしている人に対して、脱毛ケア中に痛みを感じるか聞いてみると、42.5%が「いつも感じる」、40.2%が「時々感じる」と回答しました。また、脱毛ケア中痛みを「いつも感じる」人のうち約7割は、「痛いほど効果があると思う」と考えているようです。

年代別での痛みへの認識は、若い世代の人ほど「痛いほど効果がある」と考える人が多い傾向が見られました。「思う」「どちらかと言えば思う」と回答した人は、20代で60.0%、30代で44.1%、40代で46.9%、50代以上で24.3%となっています。

脱毛・ムダ毛ケアに関する情報収集については、「Webのニュースサイト・アプリ」や「Instagram」「TikTok」「Twitter」といったSNSの利用率においては若い世代ほど高い結果に。「情報を得ていない」という人は、20代は31.0%に対して、50・60代では70.0%前後と倍以上の差が見られました。

脱毛・ムダ毛ケアを行う上での悩み事について尋ねると、「何度もケアするのが面倒」(38.3%)、「完了したと思ってもまた生えてくる」(28.9%)が多く見られました。そのほかには、「ケア後に肌が荒れる」「痛い」といった肌への刺激やダメージ、「一度のケアに時間がかかって疲れる」「ケアする時間がとれない」といった時間に関する内容もあがっています。

脱毛・ムダ毛ケアを同居のパートナーや家族に見られた経験に関しては、54.6%が「ある」と回答しています。

2022年夏は18.2%が昨年と比べて出かける予定が増えると考えています。

今夏、特に力を入れて脱毛・ムダ毛ケアを行いたい部位について聞いたところ、上位は「眉毛」(18.3%)、「脚(すね・ひざ下)」(15.2%)、「脇」(14.6%)となりました。

■調査概要

調査名:「脱毛・ムダ毛ケアに関する実態調査2022」

調査方法:インターネット調査

調査期間:2022年4月実施

調査対象:1,038名(20代〜60代の男女)

(フォルサ)

関連記事(外部サイト)