背筋がゾっ! 怖いけれど美しい「和のあかり×百段階段 2022」

背筋がゾっ! 怖いけれど美しい「和のあかり×百段階段 2022」

背筋がゾっ! 怖いけれど美しい「和のあかり×百段階段 2022」

外に出ると「暑い……」としか言葉が出ないほど、暑さが厳しい今年の夏。美しい和のあかりに魅了されつつ、背筋が凍るちょっぴり怖い体験ができる企画展がホテル雅叙園東京の東京都指定有形文化財「百段階段」で開催中です。

階段を上れば上るほど闇が深まり、なんだかヒヤッとしてくるような……!? 妖艶な闇と光を楽しむ「和のあかり×百段階段 2022〜光と影・百物語〜」に注目です。

■妖しげな金魚ちょうちんが誘う異世界へ

「和のあかり×百段階段 2022〜光と影・百物語〜」は9月25日まで開催中のアートイルミネーション。和のあかり展は夏の大人気恒例イベントで、今年は人々が怪談を語り合う百物語が大きなテーマです。入口のエレベーターが開くと、可愛い金魚の中に潜む妖しげな金魚ちょうちんと、ドキドキする音楽が異世界へと誘います。

展示はヨダタケシさんがこの企画展のために作曲した音楽に耳を傾けるのが、おすすめの楽しみ方。物語の主人公になったような気分で入り込めるサウンドトラックです。

「チリンチリーン……」いつもなら風流に感じる風鈴の音も、どこか怖さを感じます。プロムナードに飾られた風鈴は篠原風鈴本舗の「江戸風鈴」、柏木美術鋳物研究所の「小田原風鈴」、能作の「鋳物・真鍮風鈴」。3つの異なる音色を聞きながら、階段へと向かいます。

そもそも文化財「百段階段」とは、ホテル雅叙園東京の前身となる料亭「目黒雅叙園」にあった長い99段の階段。1935年に建てられた貴重な木造建築で、階段と宴が開かれた7つの部屋が残されています。

今回は百物語と階段を掛け合わせ、一つひとつ怪談を語るように一段ずつ上っていきます。百物語はすべて語ると悪いことが起こると言われていますが、果たして上った先には何があるのでしょうか……?

最初の部屋「十畝の間」に入ると、たいまつに見立てたあかりのモニュメントや、まるで人魂のようなあかりが闇夜に浮かんでいます。テーマは「薄暮のあかり」。日が沈みかけた薄暮の森を演出しており、畳をみると蜘蛛の巣にとらわれた蝶の影絵が……! このまま進むのがちょっと怖くなりつつ、照明作家・弦間康仁さんの作品の美しさに圧倒されます。

意を決して進んでみると、純金箔や彩色木彫が豪華絢爛な「漁樵の間」に広がっていたのは美しい「竹のあかり」。ここでは夜だからこそ浮かび上がる「光」に焦点を当てた作品を、竹を使って表現しています。「キラキラキラ」というウィンドチャイムをアレンジした音色も心地よく、ここにいるだけで希望を感じるようなあかりです。

手がけたのは静岡で竹あかりの制作を行う「アカリノワ」。全国的に問題となっている放置竹林を美しいアートで解決し、サステナブルな未来を目指しています。

■99段上った先には……? 闇夜を突き進む

ふたたび闇夜へと戻った「草丘の間」はおどろおどろしい雰囲気。歌舞伎の世界を作る松竹衣裳と歌舞伎座舞台の協力のもと「情念のあかり」をテーマに女性の叶わぬ恋から生まれた哀しい情念を空間で表しています。

くるっと後ろを向くと、明らかに怪しい井戸が。これは歌舞伎「八百屋お七」の物語で実際に使われている舞台装置です。こんなにも近くに見えることは貴重なのですが、井戸をのぞいてみると……! ぜひ勇気を持って、現地でご確認ください。

夜がすっかり深くなり、続く「静水の間」「星光の間」「清方の間」は人間が見たことのないような奇妙な世界が現代アートとともに広がっています。百段階段は靴を脱ぐため、座ってみたり、かなり下から覗き迫力ある作品を楽しんでみたり、視点を変えて見るのもおすすめです。

そしていよいよ99段を上りきり、「頂上の間」へ。上った先には化け猫でもいるんじゃ……とビクビクしていましたが、夜が明けて陽の光が降り注ぐような空間が待ち受けていました。中心を華やかに彩るいけばなを担当したのは、いけばな 古流かたばみ会の大塚理航さん。「日々不安を抱えているみなさんに、希望を感じて欲しい」という願いが込められています。ウッディな香りも漂い、晴れやかな気分になれる空間です。

最後はミュージアムショップでお土産選び。展示にまつわる風鈴や竹あかりなどが購入できます。人気はキュートな金魚ちょうちんグッズ! 金魚ちょうちんは山口県柳井市で開催されている「金魚ちょうちん祭り」で大切な役割を持つ民芸品です。2015年に和のあかり展がスタートした時から根強い人気を誇り、ノートや折り紙などが購入できます。

怪談で涼をとりながら、美しい光のアートを楽しめる「和のあかり×百段階段 2022〜光と影・百物語〜」。完全な屋内なので、気候に関係なく、快適に鑑賞できるスポットです。料金は大人1,500円、学生800円、未就学児無料。浴衣を着て、友達と一緒に写真を撮るのも楽しいですよ!

■施設概要

ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段 2022〜光と影・百物語〜」

住所:東京都目黒区下目黒1-8-1

開催時間:11:30〜18:00(最終入館17:30)※8月20日は17:00まで(最終入館16:30)

HP:https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2022

(撮影・取材・文:小浜みゆ)

関連記事(外部サイト)