婚活で本当にモテる人の特徴とは?【セカンドチャンスウェディング2】

婚活で本当にモテる人の特徴とは?【セカンドチャンスウェディング2】

婚活で本当にモテる人の特徴とは?【セカンドチャンスウェディング2】

7月2日(土)からABEMA で配信が開始された『セカンドチャンスウェディング2』は、4週間の“週末婚”を経て、プロポーズを最終目標にそれぞれパートナーを探す婚活リアリティー番組。

前回の放送では、4週目の婚前旅行を控えた最後の週末婚の様子が放送され、意中の相手が決まったメンバーや、自分の気持ちが揺れ動いた結果、どちらを選ぶのか全く想像がつかないメンバーなど、それぞれの出す結論に注目が集まりました。

「エピソード6」では、ついに“婚前旅行”に行くカップルを発表。パートナーチェンジ前後で、最終的にどんな決断を導き出したのか。そして、他の人との“週末婚”を経験した後、ペアとなった夫婦は、婚前旅行でどんな風により仲を深めていくのか。限られた時間の中で、内側にある気持ちを探るべく、それぞれが“セカンドチャンス”に向けてより動き出します。

■相思相愛となった“夫婦”は4週目の婚前旅行へ!

(C)AbemaTV, Inc.

まず最初に婚前旅行へ行きたい相手を発表することになったのは、ジュングさんサリナさん

ジュングさんはサリナさんに対して最初の週末婚から猛アプローチをしており、パートナーチェンジ後もその気持ちが揺らぐことなく「僕はブレない」と話していましたが、気になるのはパートナーチェンジ後に夫婦となったリョウタさんと楽しそうにしていた、サリナさんの気持ち。

サリナさんは「僕はブレないから」とジュングさんが言ってくれていたことを「信じることにしました」と婚前旅行の相手にジュングさんを指名。再び夫婦として4週目の婚前旅行に行くことになりました。

(C)AbemaTV, Inc.

さらに、婚前旅行に行きたい相手としてお互いを選んだのがハルナさんリョウタさん。ハルナさんはリョウタさんと一緒にいる時の自分が「そのままの自分でいられた」と話しており、“相手と一緒にいる時の自分”がどうあるかは、結婚して生活をしていく上で重要な要素であることを改めて感じました。

(C)AbemaTV, Inc.

また、「僕、一途なんで」と、まさかの“パートナーチェンジ辞退”を申し出たトシマサさんも、ミクさんとお互いに婚前旅行へ行きたい相手として指名し合って相思相愛に。

ミクさんは最初の週末婚でトシマサさんが、自身がシングルマザーであることも踏まえて将来を考えてくれており、そのことを自分から話してくれたことに度胸や優しさを感じ、婚前旅行に行きたい相手として選んだことを明かしました。

ここで気になるのがタクヤさんの指名した相手ですが、何とタクヤさんはエツコさんを指名しており、タカマサさんを指名したエツコさんとはマッチングせず。第一希望としてミクさんを指名し続けていたタクヤさんですが、実際にエツコさんやミクさんと2人きりで過ごして相手を知ることによって、明確になった自分の気持ちがあったようです。

■タカマサさんが週末婚の相手に選んだのは?

(C)AbemaTV, Inc.

唯一、2週目で夫婦となったカオリさんと、3週目で夫婦となったエツコさんの2人から指名されたのがタカマサさん。MC陣からもタカマサさんが「どちらを選ぶか分からない!」という声が上がっており、筆者の私も予想がつかないため、1番結果がドキドキする発表でした。

結果、タカマサさんが選んだのはカオリさん。しかし、マッチングが発表されたものの、今回の発表は“誰かが選ばれない”という状況が目の前で生まれたために、どうしても重い雰囲気に。

(C)AbemaTV, Inc.

そんな中、マッチングしなかったエツコさんは「2人とも大好きなので、婚前旅行を楽しんできて欲しいです」と開口一番に伝え、最後まで婚前旅行に向かうタカマサさんとカオリさんを笑顔でお見送り。

最後にエツコさんは「番組に参加して視野が広がった」と話しており、「恋愛だと面白さや刺激を求めてたけど、結婚は安心とか安定とか心穏やかにいる人に惹かれるし、一緒に居たいと思うんだなってことをこの1カ月で再確認した」と前向きな表情。

自分の恋は実らなかったものの、最後まで相手の幸せを祝うエツコさんの優しさや素直さは人として美しく、今後幸せな恋愛をして“セカンドチャンス”があって欲しい……! と応援せずにはいられませんでした。

また「一緒にいて安心する」「素でいられる」というのは、エツコさん以外のメンバーも相手を選ぶ際の基準にしており、やはり恋愛ではなく、結婚という生活を見据えた上では必要不可欠なようです。

■見えない気持ちに募る不安

(C)AbemaTV, Inc.

最初から思いを寄せていたサリナさんと婚前旅行に行くこととなったジュングさんですが、やはり気になるのはサリナさんの気持ち。

ジュングさんは「僕は好きっていうのを伝えてるんですけど、返ってくるのが“ありがとう”とかしかないので……。あっちからも言ってほしい気持ちはあります」とサリナさんの気持ちが見えないことに不安げな様子でした。

そして迎えた婚前旅行の初日。合同週末婚の陶器で一緒に作った器でお酒を飲みながら話す中、ジュングさんは「サリナ愛してる」とメッセージを仕込んだキャンドルを灯し、サリナさんに愛を伝えます。

1回目の週末婚と変わらずストレートに愛を伝え続けるジュングさんですが、サリナさんはここでも「ありがとうございます」と返し、自分の気持ちは言わないまま。

そんなサリナさんにジュングさんは「“ジュング愛してる”って言ってみて」「1回だけ」とお願い。「何言ってるの!?(笑)」と戸惑うサリナさんでしたが、ジュングさんのお願いに「ジュング愛してる」と口にします。

このサリナさんの言葉でジュングさんが安心するのか、果たしてこの言葉は本心なのかは正直難しいところですが、ふとここで思い出すのが、サリナさんがリョウタさんと夫婦として過ごした、最後の週末婚で言っていた言葉です。

(C)AbemaTV, Inc.

サリナさんは以前の離婚理由の1つとして「彼が私が喜んでると思ってしてくれていたことは、私がしてほしいことじゃなかった」「それを伝えていたけど、伝わらなかった」と明かしていました。ジュングさんがサリナさんのためにしているサプライズの数々が実は裏目に出てしまっている可能性もあるのかも……? と、つい考えてしまいます。

優しさは相手目線に立たないと、時にマイナスに働いてしまい、心にすれ違いが生まれてしまいます。真相は分かりませんが、サリナさんが“自分の意思”でジュングさんに対し思いを伝えたり、アプローチをしたりしているところはまだ見られません。

それが恋愛に臆病になっているからなのか、ジュングさんへの気持ちが自分から行動するほどに募っていないのか……。サリナさんの本当の気持ちが気になります。

■結婚するからこそ考えなければいけないこと

6話のラストでは、リョウタさんとハルナさんカップルの様子も公開。ハルナさんはリョウタさんが「自分のことを本当はどう思っているかが不安」と話しており、相手の気持ちが見えないと、不安が募っていくことを感じます。この不安が今後大きくなっていくのか、解消されていくのか……。今後の展開が気になります。

また次回の放送では、トシマサさんの家族にミクさんが挨拶するシーンや、タカマサさんとカオリさんが結婚の時期について確認し合うシーン、ジュングさんが自身の国籍についてハルナさんと話すシーンなどが見られ、よりリアルな“結婚”を意識した時に確認しなければならないことが話題に上がっており、結婚は当事者2人だけの問題ではないことを改めて感じました。最後のプロポーズに向けて、動き出すそれぞれの夫婦に注目です。

(瑞姫)

関連記事(外部サイト)