生理痛がつらくても我慢してしまう? 20~40代女性に聞いた「生理の悩み」

生理痛がつらくても我慢してしまう? 20~40代女性に聞いた「生理の悩み」

生理痛がつらくても我慢してしまう? 20~40代女性に聞いた「生理の悩み」

女性向けマルチビタミンサプリメント「VITAFIT.fe(ビタフィット)」を手掛けるスリーピースは、生理の悩みを持つ20代~40代女性を対象に、「生理の悩み」に関する調査を実施しました。

女性にとって、生理は妊娠するために必要な身体の仕組みであり、健康のバロメーターでもあります。しかし、生理が原因で様々なトラブルに悩まされている女性も少なくありません。

そこで、今回は「生理の悩み」に焦点をあてた調査を実施。今回の調査結果を元に、生理トラブルの対策方法を考えてみてはいかがでしょうか。

■【生理痛がつらい……】みんなの生理に関する悩み

はじめに「初経があったのはいつですか?」と質問したところ、「小学校4年生から6年生」(61.1%)と回答した人が最も多く、次いで「中学生」(35.2%)と続きました。

6割以上の女性が、「小学校4年生から6年生」の間に初経を迎えたようです。また、「中学生」という回答にも支持が集まったことから、生理は小学校高学年から中学生にかけて始まるケースが多いと考えられます。

では実際に、女性たちは生理に関してどのような悩みを抱えているのでしょうか?

そこで、「生理に関してどんな悩みがありますか?(複数回答可)」と質問したところ、「生理痛」(66.0%)との回答が最も多く、次いで「PMS(月経前症候群)」(42.9%)、「生理不順」(33.0%)と続きました。

特に、生理痛について悩んでいる女性が多いようです。また、生理によってPMS(月経前症候群)や生理不順といった心身のトラブルも引き起こされます。内容こそ違っても、生理は女性たちにとって悩みの種だといえるでしょう。

続いて、「その症状はいつから続いていますか?」と質問したところ、「10代から」(32.7%)と回答した人が最も多く、次いで「20代から」(32.2%)と続きました。

生理に関する症状について、10代あるいは20代から続いている、という女性が多いようです。生理による不調が深刻化すれば日常生活にも影響を及ぼしかねないため、改善できるように努めたいところです。

■【体質を原因と思う人が多数!】生理トラブルを引き起こす原因は?

生理に関する悩みとして、生理痛が最も多く挙げられました。また、10代や20代から生理トラブルに悩まされる傾向が強く、女性たちの苦労がうかがえます。

そこで、「生理トラブルの原因は何だと思いますか?」と質問したところ、「体質」(41.9%)と回答した人が最も多く、次いで「ストレス」(35.9%)、「生活習慣」(13.4%)と続きました。

生理トラブルの原因を体質だと考えている女性が、一定数を占めています。また、ストレスを感じたり、生活習慣が乱れたりすると、生理トラブルに繋がりやすくなるのかもしれません。

では、生理トラブルへの対策を実践している女性は、どれくらいいるのでしょうか?

「生理トラブルに関して対策をしていますか?」と質問したところ、半数以上が「している」(51.2%)と回答した一方で、「していない」(48.8%)との回答も半数近くに上りました。生理トラブルに悩んでいても、全ての女性が実際に対策しているとは限らないようです。

■【十分な睡眠を心がける】みんなが取っている生理トラブル対策

ここまでの調査で、体質が生理トラブルの原因だと考える女性が多いことがわかりました。一方で、半数近くの女性は、生理トラブルに関して対策できていないようです。

ここからは、女性の生理トラブル対策について、さらに掘り下げていきます。

生理トラブルに関して対策をしている人に、「どのような対策をしているか教えてください(複数回答可)」と質問したところ、「睡眠時間を十分とる」(53.1%)と回答した人が最も多く、次いで「ストレスを溜めない」(31.5%)、「栄養をきちんと摂る」(28.6%)と続きました。

生理トラブルに対し、睡眠時間を十分とるようにしている人が多いようです。また、ストレスの解消や栄養バランスへの意識も、有効な手段とみなされています。

続いて、「今とっている対策は効果がありますか?」と質問したところ、6割近くが「ややある」(59.0%)と回答した一方で、「あまりない」(26.2%)、「まったくない」(2.4%)という回答も見受けられました。

現在の生理トラブル対策について、効果を実感できていない女性も少なからずいるようです。効果を感じられない場合は、対策を考え直した方がいいかもしれません。

さらに、生理トラブルに関して対策をしていない女性たちに、その理由を聞いてみました。

「生理トラブルに関して対策をしていない理由を教えてください」と質問したところ、7割以上の女性が「何をしたらいいかわからないから」(71.2%)と回答する結果となりました。

■まとめ

今回の調査で、生理痛をはじめとした様々な生理トラブルに悩まされる女性が多いことがわかりました。また、個人の体質が生理トラブルの原因と考えられているようです。

生活習慣を整えて生理トラブルに対策している女性がいる一方で、対策方法がわからず、取り組めていない女性もいます。特に後者の場合、生理トラブルに有効な手段を知ることが大切です。

デリケートな問題だからこそ、生理について周囲になかなか相談できず、1人で悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。今回の調査をきっかけに、生理の悩みを共有することで不安を解消し、どのような対策を取ればいいのか考えてみてはいかがでしょうか。

■調査概要

「生理の悩み」に関する調査

【調査期間】2022年6月21日~2022年6月22日

【調査方法】インターネット調査

【調査人数】1,038人

【調査対象】生理の悩みを持つ20代~40代女性

【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

【調査元】株式会社スリーピース(https://three-peace.tokyo/)

(エボル)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?