同性ウケもいい「イケメンな女性」の特徴

同性ウケもいい「イケメンな女性」の特徴

同性ウケもいい「イケメンな女性」の特徴

草食系男子や、女性より女子力の高い男性がはびこる昨今、お酒がグイグイ飲めたり、仕事がバリバリできたり、ちょっと頼りになると、男子よりも目立って「かっこいい〜!」なんて賛辞をうけてしまうことも。

そんな風に、自分は普通にしているつもりでも、友人や後輩に頼られる“イケメンな女性”。

今回はそんな、男性より女性が寄ってきちゃうイケメンな女性の特徴とその恋愛傾向について解説していきます。

■イケメンな女性の外見の特徴

女性ウケがいいのはもちろんですが、男性にも一定数「ボーイッシュ」でかっこいいイケメンな女性を好きな層がいます。そんなイケメンな女性の外見には、こんな共通点があります。

◇ショートカットがよく似合う

自信ありげな凛とした表情に、ショートカットがよく似合うイケメンな女性。実際に、イケメンな女性は、ショートやボブが多い傾向にありますが、ミディアムやロングヘアの人ももちろんいます。

実は、髪型を決める基準はすぐ乾くかどうか、セットしやすいかどうか。手間がかかるような髪型は避け、忙しい朝でもさっとまとまるヘアスタイルが優先です。

カラーは落ち着いた色が基本ですが、ときにはっきりした色のインナーカラーを入れていたり、いきなり金髪になったりと個性的な髪型にすることもあります。それがまた、似合っていてイケメンなんですよね。

◇しっかり眉に切れ長の目

眉は、基本は自眉毛を生かしたナチュラルな眉。目元は女子らしいまるっこさよりも切れ長に見えるくっきりメイク。上目づかいよりも流し目や、見下ろすような視線が似合う、男前なかっこいい目元がイケメンな女性のセオリー。

すっぴんを生かした自然な肌に、はっきりしたハンサムな目元。そしてリップやネイル、アクセサリーは、TPOによってガラッと変えます。リップははっきりした赤にしたり、素顔に馴染むベージュやオレンジ系リップを使ったり、ネイルの色やアクセサリーのサイズや存在感もシーンに合わせた使い分けが上手です。

◇パンツ姿がかっこいい

イケメンな女性にはボーイッシュなファッションがとてもよく似合い、本人もそれを好みます。ふわっとゆるっとした服装よりもジャストサイズで、かっちりキレイめ、気づいたら黒やモノトーンの落ち着いた色のものを多用しています。

バッグや靴など、手持ちのアイテムはこだわりのある少し尖ったものや変わったものをチョイスし、個性を出す人も。ヒールも履きますが、オフはアクティブな趣味に合わせてスニーカーやショートブーツでおでかけしたりしています。

■イケメンな女性の行動の特徴

仕事ではすぐに部下をつけられたり、プロジェクトを任されたり、その視野の広さや気づかい力のおかげで信頼を置かれるイケメンな女性。

その分、オフは自分の好きなように自由気ままにすごしています。そんなイケメンな女性の典型的な行動はこちらです。

◇恋も仕事もよく相談される

しっかりしていて、自信があり、頼りがいもあるキャラクターゆえに、よく相談を受けます。内容は仕事の悩みから、恋愛相談まで幅広く、男女問いません。ときには先輩の相談にのることも。真剣に話に耳を傾け、親身に相談にのってくれるので多くの人に頼りにされます。

◇おかしいと思ったことはハッキリ言う

大人になると、「あれ?」と思っても、言わないほうが楽だしその場が円滑に進むので、言葉を飲み込む場面って多いですよね。でも、イケメンな女性はおかしいなと思ったら、言うところはビシッと言います。

お酒の席なんかで気が大きくなる先輩たちにも、お酒を注ぎながらサラッと諭したり、後輩をセクハラから守ったり、空気を壊さずに堂々としている様には惚れてしまいますよね。

◇単独行動もへっちゃら

思い立ったら即行動! もイケメンな女性の特徴のひとつ。仕事に全力な分、オフも自分が好きなことで充実させるため、趣味や勉強会、海外旅行なんかは思い立ったらすぐに行動します。

友人が多いので単独行動ばかりしているわけではないですが、必要があればひとりでもへっちゃら。もちろん、ひとり焼肉、ひとりラーメンなんかも余裕です。

■イケメンな女性の性格

イケメンな女性は見た目だけじゃなく性格ももちろんイケメン。堂々としているその様子に、ときにはまわりの男子が女々しく見えてしまうことも……。そんな見ていて気持ちのいいイケメンな女性の性格はこんな感じです。

◇ポジティブで人を批判しない

イケメンな女性は、一緒にいる人を元気にしたり、ポジティブにしたり、いるだけで場が明るくなります。そんなイケメンな女性が信用され、頼られるのは、前向きな発想と行動力、突破力があるから。

行動も考え方も、基本的に自分主体なので、人の足元をすくうような批判や悪口は積極的に口にしません。

◇困っている人にすぐ気がつく

イケメンな女性はとにかく気がつきます。ちょっと困っている人がいたらSOSを出す前に気づいてくれたり、ひとりでテンパっているときにやってきて、ささっとフォローしてくれたり。

恩着せがましくなく、当たり前のように助けてくれる様子はさながらヒーロー。イケメンと称されるのも納得ですね。

◇人に期待しすぎない

なんでも自分でできちゃうタイプのイケメンな女性ですが、場合によっては上手に相手を立てる気づかいもできます。

が、いざ自分が頼らないといけない場面や、しんどい場面でがんばりすぎてしまう傾向にあります。つらい状態でも、まわりに悟られないよう自分で解決してしまうので、恋人に「ひとりで生きていけそう」と思われて別れてしまったなんて過去もあるのではないでしょうか。

■イケメンな女性が男性にアタックする際のポイント

学生時代はまわりの女子たちに「付き合いたい」と言われ、アラサーが近づくと「結婚したい」と言われるようなイケメンな女性。実は、男性にもモテるのに、恋愛ではなかなか思うようにいかない場面も。

モテるためには、ちょっと隙を作ったり、ちょっとぶりっ子したり、ちょっと女子っぽくしたらいいんでしょ? ってわかってはいるのですが……なかなかキャラ的に無理! となってしまうんです。

ここでは、そんなイケメンな女性の恋を叶えるポイントを紹介します。

◇まずは友だちになり、信頼を得る

サバサバしていて性格も男性寄りのイケメンな女性は、ゆるふわモテ系女子とはちがう恋愛のはじめ方ができます。趣味や仕事の話が男性とできるので、信頼を築いたうえで恋に発展させられるのです。

まずは友だちとなり、距離を縮めていきましょう。相手が心を許せる関係になると、お互いにとって特別な関係に発展させることができます。

◇たまにギャップを見せる

イケメンな女性は、自分がどう見られているかわかっているからこそ、弱い部分を見せるのが苦手です。疲れているときも、その素振りを見せないようにしたり、弱音を吐かずにがんばったりしてしまいがち。

でも、その性質をうまく使えば、ギャップで相手を虜にすることができます。たとえば、好きな人の前だけではちょっとだけ甘えてみましょう。普段とちがう様子に、相手はドキッとさせられるはずです。

また、ふだんクールでかっこいいイケメンな女性ならではの、たまに見せる女子っぽさが効く場面もあります。たとえば、結婚式の帰りのドレス姿なんかでも、相手をドキッとさせる可能性大です。

◇男性が弱っているときに支えてあげる

イケメンな女性は、話しやすく、懐も広いので男性を受け入れてあげるのもお手のもの。好きな人が仕事で落ち込んでいたり、失恋したりしたときは、寄り添い、支えてあげてください。

そこらのかわいい癒し系女子とちがって甘えさせるだけでなく、支えてあげたり、叱咤激励して相手を奮い立たせてあげたりできるのもイケメンな女性ならではの強みです。

相手がピンチなときほど「側にいてほしい女」になることができるはずです。

◇好きな人にだけは弱い部分も見せる

イケメンな女性は、甘えたり、頼ったり、弱みを見せることが苦手。そんな部分を見せないことが、頼られる秘訣でもあります。

しかし、恋人となると少しも頼られないのは不安になるものです。結果、彼に「俺がいなくても大丈夫!」とフラれてしまうのは切なすぎます。

だから、好きな人にだけは、なかなか出さない素の顔も見せてください。好きな人に理解され、関係を深めていくためには、時々鎧を外して素を見せることも大切です。

自立している女性がたまに見せるちょっとした弱さは、その人の人間らしい魅力のひとつとして映ります。

イケメンな女性はがんばりすぎず、ときには素直さを武器にして

見た目だけでなく、生き方や言動、たちふるまいがかっこいいイケメンな女性。自分に素直で自由な雰囲気なのに、まわりへの気づかいもできて、女性として憧れます。

しかし、イケメンな女性は自分でできることが多いので、ついつい全部をひとりでやってしまいがち。ときにはまわりに頼ったり、任せたりしながら、相手を信頼して任せてみることも大事です。それができるようになると、さらに信頼関係が築けるはずですよね。

また、恋愛においては、素直になることで、わかり合える幅も広がります。たまには相手の肩を借りるつもりで、素直に気持ちをつたえ、まわりにも恋人にも愛されるイケメンな女性になってくださいね!

(さかもとみき)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)