急にバイトのシフトがゼロに……経済的に苦しむ女子大生が見つけた“神バイト”とは【私がわたしを売る理由#5】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 緊急事態宣言でバイトがすべてなくなり困っていた女子大生は、「パパ活」を知る。
  • 「パパ活」とはお茶に誘われて5,000~10,000円稼げるアプリだと聞き、興味を持つ。
  • ダウンロードボタンをクリックしたが、パパ活はズルいのか悩んでいくストーリーである。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

急にバイトのシフトがゼロに……経済的に苦しむ女子大生が見つけた“神バイト”とは【私がわたしを売る理由#5】

急にバイトのシフトがゼロに……経済的に苦しむ女子大生が見つけた“神バイト”とは【私がわたしを売る理由#5】

都内の有名大学に進学した椿(つばき)は、両親からの援助がない中、奨学金とバイト代で学費と生活費を賄う忙しい日々を送っていた。そんな中、緊急事態宣言が発令され、バイトをクビになってしまう。慌てて他のバイトを探している中で見つけた「パパ活」の文字。

「お茶するだけで5千円から1万円……!?」

甘い言葉に誘われて、アプリのダウンロードボタンに手を伸ばしてしまい――。

パパ活女子ってズルい? 『私がわたしを売る理由』を全14回でお届け! ぜひ書籍とあわせてお楽しみください。

◆Check!

<<1話からまとめ読みはこちら

<<前回のお話はこちら

居酒屋のシフトがゼロになって焦る椿。そんな時、パパ活について知って……。続きは、書籍ならすぐお楽しみいただけます!

(漫画:『私がわたしを売る理由』夏子久(小学館)より一部抜粋/マイナビウーマン編集部)

(C)夏子久/小学館

◆Check!

<<1話からまとめ読みはこちら

『私がわたしを売る理由』夏子久(小学館)

パパ活女子って、ズルいですか。

都内の有名大学に進学した椿(つばき)は、両親からの援助がない中、奨学金とバイト代で学費と生活費を賄う忙しい日々を送っていた。そんな中、緊急事態宣言が発令され、バイトをクビになってしまう。慌てて他のバイトを探している中で見つけた「パパ活」の文字。

「お茶するだけで5千円から1万円……!?」

甘い言葉に誘われて、アプリのダウンロードボタンに手を伸ばしてしまい――。

小学館:https://www.shogakukan.co.jp/books/09853003

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?