「恋愛依存症」になりやすい人の特徴

「恋愛依存症」になりやすい人の特徴

「恋愛依存症」になりやすい人の特徴

好きな気持ちが抑えられないほど、まっしぐらになってしまうのが恋の魔力。本気になればなるほど、止まれないものですよね。

しかし、相手の立場や関係性によっては好きな気持ちを抑えたほうがよいときもあります。

とはいえ、「好き」という思いを無理に抑えるのはなかなかつらいもの。できるだけ無理なく気持ちをフェードアウトさせていくには、どうしたらよいのでしょうか。

■好きな気持ちを抑えたほうがいい場合ってどんなとき?

まず、どんな恋愛だと恋心を抑えたほうがいい、と考えられるのかをご紹介します。

◇どちらかが既婚者もしくは、パートナーありの場合

自分はもちろん、相手が既婚者やパートナーありのときは、やはり好きな気持ちを抑える必要がありそうです。

既婚者の場合、相手の妻に関係がバレると、慰謝料の請求などリスクが大きいもの。シビアな現実を考えると、恋心を抑えたほうがリスクを回避できます。

「つき合わなくても、ただ好きでいるだけならいいのでは……」と思うかもしれませんが、自分にウソをつきながら生活をするのはとても苦しいもの。好きな気持ちを抑圧したまま家族や友人の前でいつも通りの顔でいると、いつか限界がきます。

できれば、燃え上がる前に鎮火させておくほうが、あきらめやすいといえます。

◇彼氏がいる場合 相手が引くほど“好き”の気持ちが重い

好きな気持ちが強すぎて、相手が「重い……」と感じていたら、いったん恋心を抑えたほうがいいかもしれません。

たとえば、しょっちゅう居場所を確認したり、ちょっと相手から返信がないと鬼のようなLINEを送ったり。頼まれていないのに手作り弁当を押しつけたり、どこが好きかを切々と手紙にしたためたり……。こんな行動に覚えはありませんか?

相手があなたの「好き」という気持ちにしばられている、苦痛を感じはじめているようなら、恋を長続きさせるためにも少し冷静になる必要があるのかもしれません。

◇片思いの場合 かけひきとして、引くべきタイミング

恋は心理戦。かけひきがつきものです。

好きな気持ちが強すぎていつも押してばかりいては、相手もへきえきしてしまいます。ときには一歩引いて、相手に「おや?」と思わせることも大切。

また、立場や関係性によっては、「今は好きな気持ちを知られないほうがアプローチしやすい」ときもあるはず。利害関係があるなど、恋心がバレてしまうと気まずくなるような関係性では、好きだとわかった段階で距離を置かれてしまうかも。

相手との距離をはかりつつ、少し気持ちを抑えたほうが恋の成就につながるかもしれません。

■好きな気持ちを抑えるためにはどうしたらいい?

では、盛り上がる「好きな気持ち」を抑えるには、どうすればよいのでしょうか。

◇没頭できる趣味を見つける

好きな気持ちを抑えるには、別の形の熱情にすり替えるのが手っ取り早い方法。

いいなと思っていたアイドルや芸能人を追いかけてみたり、気になっていた習いごとをはじめてみたり。没頭できる趣味を見つけると、いつの間にか恋愛に対する執着が薄くなってくるはずです。

◇仕事を忙しくする

恋愛に没頭する時間を物理的になくすため、仕事を忙しくしてみるのもひとつの手。

新しいプロジェクトの参加に手を挙げる、イベントの手伝いに出るなど、今好きな人に向けてばかりいる時間を、仕事にまわしてみましょう。

好きな気持ちが強すぎて仕事が手につかない……といっていられないくらい忙しい状況を自分で作ると、恋愛に費やしていた分の時間の濃度が薄くなるはず。

仕事に限らず、友だちとの遊びの予定をたくさん入れるのもオススメ。とにかくひとりで考えこむ時間を減らしましょう。

◇スマホを置いて出かける

スマホがあれば、今はいつでもどこでも連絡をとったり、相手の行動を追跡することもできます。あふれかえる情報の波により、かえって余計な不安や心配をあおられることも。

好きな気持ちがあふれていると、相手にすぐ連絡したくなったり、今何をしているのか、なぜ返信がこないのかが気になって、そのたびにスマホで確認したくなってしまいがち。そんなときは一度スマホを置いて、リフレッシュに出かけてみましょう。

仕事中などスマホが必須のときはむずしいので、まずは休みの日などがオススメ。

最初はなんとなく不安になりますが、情報の呪縛から解放されて気持ちがスッキリします。

相手とのつながりを一時的にでも遮断することで、好きな気持ちは徐々に抑まるようになります。

◇気の置けない友人とおしゃべりをする

気持ちが盛り上がっているときに自分の中にため込む、もしくは相手にその思いをぶつけると、事態はこじれていくもの。

どうしても「好き」な気持ちが抑えられないときは、第三者に気持ちを吐き出しましょう。

とはいえ、あまりあなたをよく知らない人だと「大変だな……」「大丈夫かな……」と深刻にとらえてしまうかもしれないので、気の置けない友人、特にあなたの性格をよく知ってくれている親友と話すのがよさそう。

悩み相談というよりも、おしゃべりを楽しむというくらい気軽に話したほうが、気持ちも楽になるはずです。

◇ペットを飼う

環境や経済的な面が整っていないとできませんが、ペットを飼うのも燃え上がった恋心を抑える方法のひとつ。

好きな人に向けた濃厚な愛情がペットに分散することで、少しずつ、好きな気持ちが収縮していきます。

さらに、ペットを飼うと「自分は必要とされている」という自己肯定感も満たされるので、「私はこんなに好きなのに愛されていない」という心の枯渇感を埋めることができるでしょう。

また、動物と触れることで心が安らぎ、ストレスが解消されていく効果も期待できます。

ただし、ペットに入れ込みすぎると「もうこの子がいればいいや」と思えて新しい出会いや恋愛自体をないがしろにする傾向も、なきにしもあらず。

上手にペットと共生していくことが大切です。

■好きな気持ちが抑えられないのは“恋愛依存症”!?

恋愛に夢中になれるのは幸せなこと。一生にそう何度もあることではないので、その機会は大切にしたいですよね。

でも自分で制御できなくなるほど気持ちがつっ走ってしまうのは、恋愛依存症の一歩手前かもしれません。恋愛に対して執着心が強くなっている状態です。

好きな気持ちを抑えられなくなるタイプには、自分に自信がない人が多いといえます。「きっといつか嫌われてしまう」というネガティブな発想にしばられる、相手に尽くすことが愛情のバロメーターだと思っている、という傾向が見られがち。

恋愛は自立した個人と個人が向き合うことで、うまく動いていくもの。どちらかにどっぷりその存在が入り込むと、その恋愛は進みにくくなります。

この恋愛がなくなっても、あなたは自分で生きていかなくてはなりません。あなたが思っているよりも、あなたには魅力があります。たとえ「これ」という自信が持てるものが今はなくても、毅然としていれば周りが魅力を見つけ出してくれるもの。ですから、恋を失うことを恐れる必要はないのです。

自分を大切に愛することで、相手のことを思いやれる

無理に好きな気持ちを抑えるのは、やはり精神的につらいこと。最初から抑えなくてもいいように、相手と適度な距離を置き、相手の思いにも配慮し、なによりも先にまず自分を愛することを覚えましょう。

自分を大切にすれば、おのずと相手のことも大切にできるはず。恋愛中心の生活にせず、普段の自分の生活も楽しみながら、上手に恋愛を進めていきましょう。

(凛音)

※画像はイメージです。

関連記事(外部サイト)