「職場の先輩を落とす」たったひとつの方法

「職場の先輩を落とす」たったひとつの方法

「職場の先輩を落とす」たったひとつの方法

少女漫画から抜け出たようなイケメンなあの先輩が少女漫画みたいに優しい……。

そんなの普通に気になるし普通に好きになりそう。てかなる。もうなった。

でもなあー競争率高そうだし彼女いるかも聞いたことないし……。っていうか告白して撃沈したら?

言いふらすような人じゃないけど、もしウワサになったら会社に居づらい。リスク高い。

でもなあー……。

と、ネバーエンディングな「もしでもきっと」。

満員電車に揺られながら、お風呂に入りながら、パフェを平らげながら、ずっと答えのでない同じことを考え続けたり、してませんか?

同じ職場、たしかに高リスクです。でも同じくらいメリットもあります。

ウカツに動けないのは百も承知です。そのうえであえて言いましょう。

動いたもん勝ちです!!

■まずは脈ありか判断!

まず、すこし厳しい現実をみなさんにお伝えしなければなりません。

何もしないで、脈があるかないか、なんて判断できると思っちゃダメです。

できません。

自分から何かアクションをおこしてみて、そのリアクションで判断するしかないんです!

きっかけは相手からではありません、自分から作るのが恋愛成就のセオリーかつ鉄則です。

もしかしたら先輩も自分のことを好きかも……。

なんて、そんなわかりやすい脈ありサイン、普通の男友だちだって簡単に出さないのに職場の先輩が出すワケがない(笑)。

むしろ仮に先輩があなたのことを好きになりそうだとしても、きっと彼はしばらくは隠しに隠しとおすくらいの勢いだと思います。昨今は何かにつけてすぐセクハラだなんだって問題になりますから。

っていうか、そんなにわかりやすい状態なら悩んでないだろって話です。

気になる先輩が自分のことをどう思っているか簡単にわかれば、もちろんそれにこしたことはありません。できれば自分から動くのは避けたいのが本音だと思います。

でも、私たちにドラえもんは救いの手を差し出してはくれないし、ラブリーゴーストライターを使える念能力者の友だちも多分いません。

相手が気づかれないようにしている思いなど、見極めることはまずできないのです。

ハラをきめて、あなたからアクションを起こしましょう。

自分が傷つく不安に打ち勝って、はじめて前に一歩、コマを進めることができるんです!

決心がついたら次のことをやってみてください。

◇まずは社外に連れ出す

社内恋愛の基本です。「わたしたち、結婚します!」レベルに達するまでは、社内の皆様にはナイショを貫くのが、オトナです。

と、いうことは。

社内で1オクターブ高い声を出すことも、過剰なスキンシップも、腕を組むことも、上目づかいも、基本、すべての対男性用あざとテクニックが使用厳禁となってしまうのです。

なんということでしょう。簡単に好意をほのめかすワザの数々が使えないなんて。

なんて、落ち込むことはありません。

「使えねば、使える場所に、繰り出そう」です。

社内で使えないなら、社外で思う存分使えばいいのですー!!

◇〜からの、スキンシップ

男性は基本的には鈍感なので、「恥ずかしくて早口になっちゃう」程度のちがいはまずわかりません。

好意を示すなら、「やりすぎじゃないの?」ってくらい、大胆にいっちゃいましょう。

さくさく社外に連れ出したら、いつもの距離よりぐっと近づいて、なんならあからさまなボディタッチやスキンシップも迷わず行使!

引いてない、迷惑そうじゃない、むしろうれしそうに受け入れていれば、それはもうゴリゴリの脈ありサインです。

脈を感じたらかわいくアピールあるのみ!

脈がありそうでもなさそうでも、ありそうならその地盤を盤石なモノにするため、なさそうなら自分の良さを認識してもらうために、自分アピールはどちらにしろ必須です。

さあ、じゃんじゃん自分アピールしちゃいましょう。

やらなきゃわかってもらえないけれど、やって損はひとつもないです(笑)。

◇笑顔で挨拶

笑顔は無敵です。スター状態のあなたをできるだけ先輩に見せつけるために、挨拶は絶対してください。

・どんなに遠くても「おはようございます」をわざわざ言いに行く

・お昼には「お疲れさまです、今日のお昼なんですか?」ってひと言添える

・帰宅時にはクマとくすみを一掃した明るいお肌で「お疲れさまですー! あー、もう少しでビールの季節ですねー!」って、もしかするとフラグになるようなワードを散りばめる

明るいイイ子、のイメージをこれでもかというほど植えつけていきましょう。

発芽率が低いことも考慮して、種はあらかじめ大量にバラ撒くのです。

◇視認させる

ちがう部署などでも、何かムリヤリ用事をつくって近くに行く努力を常に怠らないこと。

単純接触回数を増やすことは、恋愛において基礎中の基礎です。

常にかわいいあなたを目の端にとらえていただけるように、あなたのほがらかな声が彼の耳に届くように努力しましょう。

◇褒める

見てます、ってアピールとともに、とにかく褒めます。

髪を切ったら

「〇〇先輩、髪切ったんですね。さっぱりしてお似合いです?」

ネクタイを新調したら

「わーそれ似合ってます?」

モノを持ってもらったらすかさず

「わーうれしい! 助かります?」

とにかく褒める。よっぽどの変人じゃない限り、褒めてくれた人に悪い気はしません。

ついでにたくさん助けてもらって

「いつものお礼です?」

って、タバコでもキャラメルでもなんでもいいのでお返ししましょ。

テイクには3倍のギブを!

人間、してあげたコトはよく覚えていますが、してもらったことはよく忘れます。

3倍以上のギブでようやく“とんとん”程度だと思って「気が利くいい子」ポジションのど真ん中を狙っていきましょう!

アピールできたらさっさと告白!

「まずは社外に連れ出す」「〜からの、スキンシップ」までは脈ありかどうかを判断するところと一緒です。

ここからです。

成果をあげたいなら、ゆっくり時間をかけている場合ではありません。

オトナの恋は電光石火じゃないとね!

◇「また誘っていいですか?」

もう、コレ一択です。

帰り際「また誘っていいですか?」っていう声がけをする。

「うん、いいよ」って言われたら、さらっとキスでもしてみてください(笑)。

で、次のデートがうまくいけば、先輩もさすがに腹をくくるでしょう。

言葉にするタイミングは個人差があると思いますが、そこまでいけば、クソ(失礼)野郎を除けば、事実上付き合いはじめ、確定です。

すげえ直球……! 社内の人にこれできるの超ツワモノ……!

と慄いてはなりません。

それくらいしないと話は進まないだろ、くらいの覚悟でデートに挑んでほしいのです。

大抵の男性は手持ちのカードからしか選ばない、と私はまわりを見ていつも感じています。

逆をいえば、「手持ちのカードにさえなれば上がりも目前」ということなのです。

だからまず刺さる。

刺さりにいく。

あなたの選ぶひとりはココです、とアピールすることが大事です。

ホント、男性って、待ってても全然こっちに寄る気配がないどころか「避けられてる……?」と心配するレベルで進展しないのに、攻めると案外簡単に落ちてくれますから(笑)。

■好きな人が職場の先輩だからこその注意点

兎にも角にも情報漏洩防止!!

◇恋愛オーラオフに

告白が成功しても失敗しても、社内で恋愛しているヤツが隣にいるというのは、仕事人間の類の人には不快なもの。

繰り返しになりますが、結婚確定! くらいまでは完全な情報管理を!

恋愛? 私、会社に仕事しに来てるんですけど? 何言ってるんですか? みたいな冷静な仕事人間ふうの体裁を保ったまま、内心では先輩に萌えに萌えまくっていればいいのです。

◇あからさまなアプローチを避ける

社内でラブ度高めでうっかり先輩を凝視してしまったり、話しかけられたらうれしくて声がいつもより高くなってしまったり、ついつい近くに寄りたくてほかの男性社員より距離が近くなってしまったり。

積極的にアプローチしないように気をつけても、ついついダダ漏れになってしまうのが恋というもの。

片思いでキラキラしているとうっかりまわりが見えなくなってしまいますが、それを野放しにしてはいけません。

同僚として当たり前といえば当たり前ですね。

◇引き際をまちがえないように

うまくいかない前提でお話しするのもモヤりますが、成功もあれば残念な結果に終わることも、また、あります。

今回うまくいかなかったなあ……。

そんなときももちろん、同じ社内、ナナメ向こうに先輩が毎日座っているワケです。

本当に社内恋愛のイヤなところですね。

普通、引き際を悟って身を引く場合、フェードアウトで“はい終わり”にできますが、社内恋愛はそうはいきません。相手、社内にいますからね(笑)。

そして、あなたが思っている以上にずっと、先輩は気をつかってくれているハズですので、ムリめな空気を察したら、すぐに撤退。

ちょっといいなと思っていただけですという空気を蔓延させる。

先輩に向かって「今度いいヒト紹介してくださいよ?」と合コンを依頼するなど、彼が職場にいづらくならないよう、配慮してあげるのも、いい後輩の仕事です。

職場が一緒という強みを十二分に生かして

未来の不安か、はたまた「今」の現状にアグラをかいているのか……。

どうも私たちは自分は微動だにしないのに、他人が都合よく動いてくれる、そんな夢を日々うっとりと見ている傾向にあります。

妄想で終われるようなふわりとした恋ならそれでもいいと思います。

が、ラッキーなことに、あなたは「職場が一緒」という強みがあります。

ほかの人が知らない彼の顔、仕事のデキ、休憩中に飲む甘いコーヒー。

それらをあなたはライバルより確実に多く知ってるんです。

このチャンスを指くわえて見てるなんて、もったいなさすぎです!

さあ、押して押して押しまくりましょう!

(二宮ゆみ)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)