「ひとりの誕生日」を最高に楽しむ方法・9選

「ひとりの誕生日」を最高に楽しむ方法・9選

「ひとりの誕生日」を最高に楽しむ方法・9選

こんにちは、あたそという者です。普段は会社員をやりながら、こうしてたまに文章を書いたりしています。

突然ですが、みなさんは毎年必ず訪れる誕生日をどのように過ごしていますか? いいんです、恋人や友だちが必ず祝ってくれるような方は。この記事にはまったく関係ないので、いいんですよ。特に予定のないみなさんは、毎年どのように過ごしていますか?

私は近年、誰かに祝われるのも、そもそも祝われることを期待するのも嫌で必ずひとりで過ごすようにしているのですが、実際のところ誕生日にひとりで好き勝手過ごすのもめっちゃくちゃ楽しいんですよ

というわけで、ひとり大好き人間である私が、おすすめの過ごし方を紹介します。

■好きなアーティストのライブに行く

今年の自分の誕生日は、THE JAPANESE HOUSEという好きなアーティストのライブに行くぞ! ということで、一番に挙げさせていただきました。

まず、誕生日に好きな音楽が聴けるというだけでもうれしすぎるのですが、なんと初来日。しかも、比較的好きなライブハウスである恵比寿リキッドルームで見ることができるのです……!

THE JAPANESE HOUSEはイギリス出身のシンガーソングライター。すでに名前がいい! 曲もまったく明るくなく、ダウナーな雰囲気で最高! 無駄に盛り上がる必要もなく、自分のペースで音楽を楽しめるはず。いい誕生日になる予感しかしていません。

恵比寿は黒ホッピー発祥のお店があるので、一杯引っかけてからほろ酔いで聴き浸る予定です。

■バンジージャンプをする

これは一昨年ですかね? ひとりで過ごす誕生日といえど、やっぱり特別な一日にしたい! と思ったんですよ。それで、今までやったことのない体験をしようと思って、バンジージャンプにたどり着きました。

高所恐怖症なくせに、どうせなら一番高いところから飛びたくて、茨城県にある日本で一番高い橋から飛べるバンジーを予約しました。

で、始発の電車に乗って4時間かけて目的地の最寄り駅についた瞬間、「水死体が上がったので、今日は中止となりました」という電話があり、トンボ帰りする羽目になったのが今では懐かしいです。すごくないですか? 今となってはいい思い出です。リベンジはあるかな……。

■砂漠に行く

これも、今までやったことのなかった体験のひとつ。5、6年前の誕生日はモロッコのサハラ砂漠に行きました。砂の上にマットレスを置いて、星空を見ながら眠ったのですが、空が本当にきれいなんです。私にとって、かなり特別な思い出になっています。

砂漠のツアーは、シャワーも浴びられない、トイレもない、Wi-Fiももちろんない、食事に砂が混じっていてじゃりじゃり、長時間ラクダに乗っていると内ももの筋肉がぶっ壊れてくる、とけっこう過酷だったりするんですけど、本当におすすめです。

まあ、前後の日程も休まなくてはならないので、なかなか実行しづらいですけど……モロッコ、遠いしね。でも、国内外関係なく、自分だけの思い出を作るためにどこか知らないところに赴いてもいいかもしれません

■好きな映画を観る

「え! 普通じゃん!」と思ったかもしれませんし、私は映画が大好きなので、好きな作品を見られるだけで十分! なのですが、今って映画館を貸し切りにしたりできるんですよね。少し奮発して小さなシアターを借りて、自分の好きな酒とつまみを片手に好きな作品を観まくる……というのもいいかもしれません。私の次回の誕生日の過ごし方候補のひとつです。

映画館を貸し切りにしなくても、今はVIPルームやプラチナシートを用意していたり、クラフトビールを飲めたりする映画館もあるので、半休・有休を使っていつもよりちょっと贅沢してみるのも特別感が出て◎。

■アップグレードされた好きな食べ物を食べまくる

私は牡蠣が大好きなのですが、最近、牡蠣の一斗缶が通販で購入できるという事実を知り、本気で購入を考えているところです。

大人数でバーベキューをするのもいいかもしれませんが、牡蠣は酢漬けにしてもスモークにしても長期間持つ! 最高! 酒に合うし、優秀すぎる食材だ! 誕生日という特別な日に、健康を祈って年の数だけ牡蠣を食べたい! めちゃくちゃ気持ち悪くなりそうな気もしますけどね。

やっぱり好きな食べ物を飽きるまで食べるって子どもの頃からの夢じゃないですか? できたらちょっと高級なものを購入して、ウキウキ気分でキッチンに立ちたい……!

■自分のために好きな格好をする

まあ私も私で男ウケも女ウケも関係なく好き勝手な服装、メイク、アクセサリーのオンパレードなわけなんですけど、なんだかんだTPOと会う相手によって変えているんですよね。

仕事だったら打ち合わせがあればオフィスカジュアルで行くし、よく一緒に飲む友だちと会う予定があれば、その人が見ていないであろう服を着ていくし。自分のためだけにおしゃれをする機会ってめったにないと思うんですよね。

なので、特別な一日は自分のためだけに好きな格好をするようにしています。なかなか着る機会のなかったド派手なワンピースに袖を通し、目のまわりもラメラメ、リップも明るい色がいいな……そして大振りなピアスをじゃらっとつけて、10センチくらいのヒールも履いてやりたい。

自分の好きなものをできるだけたくさん身につけると、それだけで戦闘力が上がったような、いい女度が増すような感じがするので最高です。

■酒を飲む

これは特別でもなんでもなく、大体毎日なので……それほど誕生日は関係ないですが。

成城石井か紀ノ国屋あたりでちょっと奮発していいつまみを買って、大好きなラオスのビールである「ビアラオ」をしこたま飲めたらいいんですけど……。あのビール、都内でもあんまり見かけないですよね。タイ料理屋で4軒に1軒の割合で見かけるくらい。

■家にこもってスラムダンクを読破する

こち亀もワンピースもコナンも長い! 一日で読破するには、全31巻のスラムダンクがちょうどいい! スラムダンクもしかりですが、時間があるときに読み直したい作品ってあるじゃないですか。私でいえば、『少女革命ウテナ』とか『無限のリヴァイアス』とか『妄想代理人』とか『フルーツバスケット』とか『彼氏彼女の事情』とか『エウレカセブン』……とか。

家に引きこもって読みたい作品なんて山ほどあるんですが、やっぱり土日だけだとほかのやるべきことに相殺されてなかなか実行に移せない……ということで、誕生日を利用するのもよさそう。

スラムダンク、新しい1年をはじめるときに読むとやる気が満ちあふれてくるのでオススメです。私の人生のバイブル……!

■スーパー銭湯で豪遊

私の行きつけのスーパー銭湯は、岩盤浴、サウナ、あかすり、マッサージ、アロマセラピーといろいろなサービスが備わっているのですが、今まで岩盤浴しか使ったことがなく、いつかほかのサービスをはちゃめちゃに使い倒したい……! と思っていたんです。

いいですよね、スーパー銭湯。多分、天国ってあんなところだと思います。朝から入り浸って、だらだら過ごしながらいろいろなサービスを受けて、夜には身も心もきれいな状態になるのは、自分にとって一番のプレゼントになるかもしれません。

■ひとりの誕生日はアイデア次第で楽しい一日に

「ひとりで寂しいから一緒に過ごしてほしいんだけど…」なんてかわいく言えたらいいのかもしれませんが、そもそも人から祝われるという行為そのものが嫌、申し訳なさを感じてしまう……という方も中にはいると思います。私もそうなんですが。

人から祝ってもらえることだけが誕生日の醍醐味ではないですし、周囲の誰の感情にも左右されず、自分ひとりのためだけに好きなことをする時間は何よりも得難い、最高に幸せなひとときなんじゃないかな? と個人的には思います。

ポイントは、とにかく自分のやりたいことをやることだと思います。人の意見に流されそうになるのであれば、思い切ってスマホを家に置いてくるのもいいかもしれません。いちいち「誕生日おめでとう」コメントに返信するのも面倒だし……。

今年の誕生日はひとりになりそう……という方は、参考にしてみてください。アイデア次第で絶対に楽しい一日にできるはず! ひとり誕生日、まじで楽しい

(あたそ)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)