男性がつい「心の浮気」をしたくなる瞬間

男性がつい「心の浮気」をしたくなる瞬間

男性がつい「心の浮気」をしたくなる瞬間

キスやセックスをともなう身体の浮気と比べ、心の浮気はわかりづらいもの。とくに職場やサークル内など、目の届かない所での浮気はバレにくいため注意が必要です。

愛する彼氏に裏切られないためにも、彼の心の浮気を封じ込め、いつまでも自分だけを見てほしいものですよね。

そこで今回の記事では、「心の浮気」をしやすい男性、または浮気されやすい女性の特徴、対処法についてご紹介します。「彼の言動が最近怪しい……」など、心当たりのある方はぜひ参考にしてくださいね。

■「心の浮気」とは?

心の浮気とは、心の底で「彼女以外の女性に対して好意を抱くこと」を表します。

そのため、デートをする関係でなくても心のなかに本命外の女性がいれば、それは心の浮気となります。たとえば、職場、サークル、女友だちや付き合いで参加した飲み会などで出会った女性に対し、少しでも「いいな」と思ったらそれは心の浮気になります。

ただし、キスやセックスがともなう「身体の浮気」よりも証拠が取りづらいため、たやすくパートナーに浮気と責められないなどのデメリットがあります。

■「心の浮気」をしてしまう男性の共通点とは?

愛する彼氏が、自分以外の女性に目を向けてしまうのはつらいものですよね。できれば、彼がほかの女性に心を奪われる前に気づきたいところ。

そもそも男性とは、単純かつ素直な生き物。言葉、行動、しぐさなど、少しでもよこしまな気持ちがあれば、必ず態度や言動に表れます。まずは、心の浮気をしやすい男性の共通点についてご紹介します。

◇街中の女性を見て「さっきの人きれいだったね」と話す

デートの最中に、街中の女性を見てきれい、美人などと話す、または美人がいるとキョロキョロする男性も多いもの。

そもそも本当に彼女にゾッコンであれば、どんなに美しい人がいても興味などわきません。そこでほかの女性が気になるのなら、本命以外にも目を向ける可能性が高いです。

◇スマホ依存症、またはメールやLINEが大好き

常にスマホをいじっている男性、いますよね?

スマホが好きな人は、常にSNSやネット、LINEで誰かとつながっていたい寂しがり屋な人が多いです。とくに、彼があなたの目の前で頻繁に携帯をいじるようになったら、ほかにも網を張っている可能性大

さらにSNSやソーシャルゲームは、顔も知らない他者と気楽につながれてしまうもの。それらにも積極的な場合、ネットを通じて出会いが増えるようになります。そのため、リアルな彼女や配偶者と少しでも嫌なことがあれば、仮想世界(SNSやソーシャルゲーム)に逃げて、ほかに気の合う女性や、彼女の愚痴を話せる人を求めてしまうことも少なくありません。

◇容姿ばかり褒める

「スタイルいいよね」「今日もかわいいね」など容姿ばかり褒める男性は、あなたの内面を見ていない可能性があります。そのため、あなた以上に見た目がタイプの女性がいれば簡単に乗り換える可能性が高いです。彼のハートをしっかりつかみたいなら、内面も磨きましょう。

◇愚痴や不満が多い

ポジティブな男性は、目の前にある状況のなかから「どうすれば現状がよくなるか」を考えるため、日ごろから愚痴や不満を人にたやすく話そうとはしません。逆を言えば、日ごろから愚痴や不満が多い男性は、ネガティブな出来事があると我慢できない可能性が高いです。

また、愚痴や不満を話す人ほどパートナーの欠点、また嫌なことがあると許せません。そのため、不満があるとほかの女性に目を向ける可能性が高くなります

■「心の浮気」をされやすい女性の特徴

男性には、生まれつき狩猟本能があります。そのため、彼に「いつまでも自分だけを見てほしい」と思う女性は、彼が追いかけたくなるような女性であり続けるための努力が必要です。

しかし、愛する彼氏に「自分だけを見てほしい」と思う女性ほど、束縛、見返りを求めるなど逆の言動をとってしまいがち。そこで、心の浮気をされやすい女性の特徴について具体的にご紹介します。

◇自己評価が低い

自己評価の低い女性は自分に自信がなく、彼氏ができても常に愛されている実感がないと不安になってしまいがち。そのため「私のこと本当に好きだよね?」などと、必要以上に相手に気持ちを確認します。

ところが、あまりにもしつこく言い寄られるとウンザリするため、距離を置きたいと考える男性も少なくないようです。

◇見返りを求める

男性に尽くした分だけ愛されたいと考えるタイプの女性は、見返りがないと不安を感じるもの。そのため、彼氏ができると「どうして○○してくれないの? 許せない!」と相手を責めてしまいがち。

しかし、男性とは女性に責められるほど逃げたくなるもの。よって、あなたがうるさくなるほど、彼はほかの女性に目がいくようになります。

◇いつも同じヘアスタイル、ファッション、メイクの女性

浮気性の男性ほど、恋にドキドキやワクワクを求めます。そのため、彼女や配偶者に飽きてしまうと、だんだんおもしろさを求めてほかの女性に目がいくなんてこともしばしば。

とくに、いつも同じようなファッション、ヘアスタイルなど変化のないタイプも飽きられやすいので注意です。ときにはメイク、ファッション、ヘアスタイルをイメチェンするなどして、彼のハートをワクワクさせることを忘れないでください。

◇束縛しすぎる

いくら彼のことが好きだからとはいえ、束縛しすぎるとかえって逆効果となる可能性大

なかには、浮気防止のために「毎朝、毎晩必ずメールを送り合う」など決めごとを作っている女性もいますが、かえって浮気されやすいので要注意です。なぜなら、決めごとがあるほど浮気癖のある男性は隙を狙うからです。

たとえば「毎朝、毎晩メールをする」であれば、決めごとのメールのやり取りさえ守っていれば、ほかの時間帯に浮気相手とやり取りをしてもバレにくくなります。

決めごとを作らないほうが、男性は冷めたころに連絡を送らなくなるため、相手の気持ちがわかりやすくなります。

■「心の浮気」をする彼氏への対処方法

もし、あなた自身が恋人に「自分だけを見てほしい」と願うなら、あなただけを見てくれない相手とは別れたほうがいいでしょう。ただ、彼と離れられないほど愛しているならば、たとえ別れたとしても後悔する可能性が高いので別れないのが得策です。

できれば愛する彼氏とは別れることなく、いつまでも自分だけを見てほしいものですよね。そこで、次に「心の浮気」をする彼氏への対処方法についてご紹介します。「彼の浮気は許せない! けど別れたくない……」と考えている女性は要チェックです。

◇彼を褒めるなどして承認要求を満たす

男性とは、自尊心が高くプライドを満たしてくれる女性を求める傾向があります。なかには、異性から褒められたいなどの承認欲求から浮気をする男性も。とくにキャバクラや若い女性が好きな男性であれば、その傾向が強い可能性があります。

彼のようなタイプには、あなたが彼のプライドをくすぐるように「さすが○○くんね」などと褒めるようにしましょう。きっと、彼の承認要求が満たされるようになればほかの女性に目がいくことも少なくなるでしょう。

◇趣味、習いごとなど彼以外にも目を向ける

恋をすると彼しか見えなくなってしまう女性は、趣味、習いごと、サークル活動、資格勉強など彼以外に夢中になれるものを見つけましょう。気持ちが分散するため、パートナーとちょうどいいバランスを保てるようになるはずです。

◇浮気させる時間を与えない

寂しがり屋の男性ほど、彼女に会えない、連絡が取れない関係が続くとほかで探そうとします。浮気をされないためには、彼に決して浮気する暇を与えてはいけません。遠距離恋愛、忙しくて会えない関係ならば、LINEなどでマメにやり取りしましょう。

彼に連絡するときは、必ず「あなたが伝えたいこと」ではなく彼の好きなミュージシャン、テレビ番組やネタなど彼が関心のある内容にすることが大切です。男性は興味のあるネタを送ってくれるあなたに対し「趣味の合う女性」と錯覚するようになるため、きっとほかの女性に目移りすることもなくなるはずです。

■「心の浮気」をされないようにするには?

彼の最近の動きが怪しいと感じたときは、「もしかして、ほかの女性のことが気になっているの?」とダイレクトに尋ねるのではなく、「最近、何かあった?」と聞きましょう。もし彼が動揺する、またはキョロキョロと挙動不審な態度を取るのであれば、心の浮気をしている可能性が高いです。

そもそも彼がほかの女性に目が行くのには、あなたになんらかの不満があるからこそ。もし、彼に少しでも浮気疑惑があれば、問い詰めるのではなくコミュニケーションをあえてたくさんとるように意識しましょう。彼を責めるのではなく、気持ちを知ることが重要です。

■愛する彼氏にいつまでも自分だけを見てもらうために

男性は、パートナーに飽きると刺激を求めてほかの女性に目が行くようになります。とくに恋に盲目になりがちな女性ほど、パートナーに重くなってしまいがち。

彼に飽きられないためにも、あなた自身が恋愛に依存しないことが大切です。たとえば、趣味や勉強、サークル活動などほかに夢中になれるものを見つける、またはひとりの時間を充実できるように読書、映画やDVD鑑賞、カフェでくつろぐ時間を作ってみてください。

ひとりの時間を充実することができれば、彼に依存しないだけでなく、自分磨きにもつながります。彼が追いかけたくなるような魅力的な女性になって、いつまでも愛する人とラブラブな交際を続けてくださいね。

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)