「かまってちゃん」男性の特徴

「かまってちゃん」男性の特徴

「かまってちゃん」男性の特徴

はいどうもこんにちは。

現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

突然ですが、かまってちゃん男性ってまわりにいませんか?

ひとりでいるのは寂しい。愛されてないと不安。今回はそんな、ちょいうざなかまってちゃん男性について紹介していきたいと思います。

■「かまってちゃん」男性の特徴

そもそもかまってちゃん男性というのはどんな性格をしているのでしょうか? SNS、職場、LINEでの言動の特徴をそれぞれ解説していきます。

◇SNSでの特徴

☆どうでもいい内容、通称クソリプを送ってくる

ツイッターやインスタで自分の投稿になんの中身もないコメントをしてくる人、まわりにいませんか?

具体的な内容としては「ワロタwwや」「まじ?(笑)」などです。赤の他人だったらスルーできるんですけど、知り合いだとスルーをしにくいため、一番タチが悪いですよね。

こんなコメントに返信をする時間があったらマッチングアプリで合コン相手を探してたほうが5000倍効率的です。

それでもかまってちゃん男性は他人と常につながっていないと不安になってしまうので、めげずにクソリプを送り続けます。どんなに嫌われようとも。

☆更新頻度が異常

かまってちゃん男性の最大のエネルギー源は炭水化物でもタンパク質でもなく、他者からの共感と承認。

彼らが生命を保つためのエネルギーを確保するためにはクソリプを送るだけでは満たされません。

「楽しそう!」「めちゃおもしろいww」などの自身の承認欲求を満たしてくれるコメントをもらうことが生命維持活動の核となりますので、とにかくSNSは更新しまくります

一日数十ツイートをしたり、インスタのストーリーズをあげすぎてキリトリ線みたいになっていたり。

また、フォローバックされているかなどもやたら気にするので、もう彼らはSNSに取りつかれていると言っても過言ではないでしょう。

◇職場での言動の特徴

☆寝てないアピール、社畜自慢

かまってちゃん男性は、とにかく褒められたい。「すごいね」って言われたい

そんな特性を持つため、職場でもとにかくがんばっているアピールや自慢などをするといううざいキャラになりがちです。

「やばい昨日終電までオフィスにいて3時間しか寝られなかったwww まじ社畜www」

このようなうざいアピールをしてきたらその男性はかまってちゃん男性1級です。

☆自分のスキル・実績・人脈を大きく見せたがる

繰り返しになりますが、かまってちゃん男性の脳内をざっくりと要約すると、「すごいと思われてまわりにチヤホヤされたい!」これだけです。

そのため、彼らは自らのスキルや実績、人脈を実際よりもやや盛りがちです。

「あのプロジェクト? 俺がアドバイスしたんだよね」「〇〇さん(すごい人)? ああ、知り合いだよ」など、聞いてもいないことを自慢してきたら要注意。おそらくかまってちゃん男性です。

◇LINEでの言動の特徴

☆女性が返信をする前に追いLINEをしてくる

彼らは好きな相手とLINEをしていて、しばらく返信がこないと世紀末レベルで不安になります。

一般的には、相手から返信がくる前の追いLINEは引かれる可能性があるため避けたほうがいいという風潮がありますよね。

しかし、かまってちゃん男性は自分を客観的になど見ていないのでそんな一般論はガン無視。

とにかく返信がほしくてしょうがないため、「かまって〜><」的なニュアンスのスタンプを送ってみたり、「おーい」などと送ってみたりします。

僕だったら0.3秒でブロックします。

☆めちゃくちゃ返信が早い

ここまで述べてきた通り、かまってちゃん男性は常に誰かとつながっていたいという欲求を持つ男性です。

好きな異性に対してはとにかく返信が早いのが特徴。相手からLINEがきたら忙しくない限り速攻で既読をつけて返信をします。ただし会話の中身があるかどうかは別です。

■「かまってちゃん」男性の恋愛傾向

それでは具体的にかまってちゃん男性の恋愛傾向はどのようなものなのでしょうか? 解説していきます。

◇恋愛が生活の中で占める割合が大きい

かまってちゃん男性は基本的に暇人です。仕事と恋愛以外に時間を割くものがないため、暇なときには自然に相手が何しているのかを考え、悩み、不安になるというメンヘラ御用達の恋愛ドハマりループになります。

◇女々しい、ちょっとしたことを気にする

かまってちゃん男性は他者からの評価に依存する生き物です。

恋愛において相手に嫌われたくないと強く思いすぎた結果、素直に謝ればいいところを「いや、でも……」などと、すぐ言い訳をしてしまったりします。

また、誰しも仕事などが忙しくて返信を返せないことってありますよね。

しかし、かまってちゃん男性は彼女が何をしているのかを強く気にする性質を持ちますので、彼女が忙しくて既読スルーをしたりすると「俺のこともう好きじゃないの……?」などとめんどくさい反応をしてしまいます。

◇束縛が激しい

かまってちゃん男性にはなかなか自分に自信が持てない人が多いです。それゆえ、「自分の彼女が奪われてしまうのでは」という不安に駆られることが多く、結果として激しい束縛をしてしまいます

もちろん好きだから束縛をすることはまちがいないのですが、彼女の立場からするとなかなかめんどくさいのも事実ですね。

◇頻繁に会いたがる

前述した通り、かまってちゃん男性は恋愛が生活の軸になっています。

それゆえ彼女が自身の心を支えるものとして大きな存在であるため、暇なときはできるだけ彼女に会いたいという考えを持っています。

「明日空いてないの?」「明後日は?」などと高頻度で会いたいと言われるのは、最初はかわいらしくても1カ月もすれば疲れ切ってしまいますよね

■「かまってちゃん」男性を好きになった場合、気をつけること

そもそもかまってちゃん男性は付き合ってもいいような存在なのでしょうか?

僕の考えとしてはNOです。

なぜなら、前述した通りかまってちゃん男性は自分に自信がなく、自慢話などをすることで承認欲求を得るような性格です。それに加え、恋愛依存症であるということは仕事などにあまり熱中していない可能性があり、付き合ってもあなた自身の成長を促してくれるような存在ではありません。

恋愛のパートナーとしては、できることなら精神的に自立している男性を選ぶことをおすすめします。

それでもかまってちゃん男性が好き! という方に向けて、気をつけるべきことを解説していきます。

◇ネガティブ思考が移らないように

まず、かまってちゃん男性の最大の魅力は自分を必要としてくれることです。

ということはかまってちゃん男性に惹かれる女性というのは、自分を必要としてほしいという受容欲求を強く持つという、同じくかまってちゃん要素を持つ女性なんですね。

すると必然的に共依存になってしまう可能性が生まれてきます。

その際にかまってちゃん男性特有のネガティブ思考が移ってしまわないように注意を払うことは重要と言えるでしょう。

◇十分すぎるほどに愛情を注ぐ

かまってちゃん男性は常に自分が愛されているかを不安に思う、うさぎさん(笑)のような存在です。

普通の男性と付き合っているときに見せる程度の愛情表現では、かまってちゃん男性には少ないと捉えられてしまうかもしれません。

かまってちゃん男性に愛されていないと判断されてしまった場合、もしかしたら「寂しかったから」というアホみたいな理由で浮気をされてしまうかもしれません。

かまってちゃん男性を好きになった時点でこの覚悟は決めておいたほうがいいかもしれません。

恋愛に時間と気持ちを同じぐらい割けるならあり!

今回はかまってちゃん男性の特徴について僕なりの見解を述べさせていただきました。

かまってちゃん男性と付き合うのであれば、今まで付き合ってきた人よりも自分の時間と気持ちを恋愛に割く覚悟を持っていないと気持ちが持たないでしょう。

関係を深める前に、彼とどの程度恋愛に関する価値観が合うのかを確かめる必要がありそうです。

(タイガモンスター)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)