「絶対に浮気させない」たったひとつの方法

「絶対に浮気させない」たったひとつの方法

「絶対に浮気させない」たったひとつの方法

「浮気しない男なんかいない。男はみんな浮気する生き物」。そう思っている女性、少なくないですよね。

芸能人のニュースはもちろん、SNSを見てもみんな不倫に浮気に大忙し。女性だけではなく多くの男性も絶望しています。

絶望しつつも、同時に「それでも自分の恋人には浮気してほしくない」というあまりにも当然の願いを持っているはずです。

付き合う前にその男が浮気するのか、しないのかを見分けられれば最高なんですけど、残念ながら見分ける方法は存在しません。絶対にありません。

しかし、見分け方がないからこそ、不倫や浮気だらけの世の中で、僕たちは知らなければいけないこと、やるべきことがあります。

今回はそんな一見答えなんてないようにも見える問題「男の浮気」について書かせていただきます。

■多くの男性は浮気する。原因は「性欲タイガー」

まず、男性の性欲の正体について知っておく必要があります。

世間の人は虎を、性欲の虎を放し飼いにして、どうにかすると、その背に乗って逃亡の谷に落ちる

これは文豪・森鴎外の小説『ヰタ・セクスアリス』の一節なのですが、この世で一番人間の性欲を的確に表している文章だと僕は思います。

僕の解釈が入りますが、性欲とは、虎なのです。男は、ひとり一匹、性欲タイガーを心に飼っています。この虎が男の理性を食い殺すのです。

「相手、タイミング、アリバイ」が揃った瞬間に「大丈夫だ。その女を抱け」と虎は男性に牙を向けるのです。その牙は非常に鋭利で、多くの男性はあっという間に理性を噛み殺されます。

何が言いたいのかというと、人間が虎に勝つのは不可能、ということです。生身の人間が勝てる相手ではないのです。

そして、多くの男性が自らの浮気を心のどこかで正当化する理由もここにあります。「だって、虎だよ? 勝てないよ」と。主体性ゼロ。

しかし、男性全員が浮気をするかと言われれば、そうではありません。浮気しない男は確かに存在します。

■浮気しない男は、いる

性欲タイガーにはさまざまな個性があり、巨大で凶暴なやつもいれば、まるで借りてきた猫ではないかと思えるほどおとなしいやつもいます。

当然飼い主にも個性があり、多くの男性があっさりと犠牲になる中、暴れだそうとする虎を上手に飼いならす男もいるのです。

つまり、わずかですが浮気しない男はいるのです。

ここで、ひとりの男を紹介します。

『今田×東野のカリギュラ』という番組をご存知でしょうか? Amazonプライムのオリジナルコンテンツとして配信している番組なのですが、シーズン2に「私の父は大丈夫! ドキドキ浮キッス」というとんでもない企画があります。

芸人のお父さん(もちろん素人です)に、かわいい女の子が誘惑をしかけ、ロマンチックなシチュエーションに誘い込み、キスをせがみます。そこでお父さんはキスしてしまうのか? というサイコパスな企画です。

素人に何やらせとんねん、と思わずにはいられないのですが、もう、めちゃくちゃキスするんですよ、お父さんたち。

芸人・サバンナ八木さんのお父さん(73歳)なんか19歳の女の子と浮気(キス)をしますからね。(いくつになっても男は男だなぁ……)なんて思いながら観ている中、あるお父さんが伝説を残すのです。

女の子が「今日だけでいいので、恋人にしてもらえませんか?」とキスをせまる中「あなたには、今日だけじゃない人が、きっと現れますから」とキスを拒むのです。

感動しました。絶対に台本なんかない。僕は彼の行動を一生忘れることはないでしょう。

このように、確かに存在するんです。どんなシチュエーションでも浮気しない男。余裕でいます。

■しかし、あなたは絶対に「浮気しない男」を選ばない

ここで、残念なお知らせからお伝えしなければなりません。

前述のような浮気しない男性とあなたが運よく出会っても、あなたはその人を選びません

「何があっても浮気しない男」は絶滅危惧種です。おそろしく分母が少ないので、あなたの好みにマッチしない可能性がめちゃくちゃ高いのです。

運よく出会っても(もしかしたら案外身近にいるのかもしれません)「いい人だけどね……うん」みたいなカテゴリーに振り分けてしまうと思います。

そもそも、何があっても浮気しない男にはすでに最愛のパートナーがいます。一途に奥さんや彼女のことだけを考えています。

しかし、これでは救いがありません。答えになっていません。では、どうすればいいのか?

この世にたったひとつだけ「男に絶対に浮気させない方法」が存在します。

■浮気させないコツ。浮気しない男の育て方

少しきれいごとに聞こえてしまうかもしれませんが、本当にこれが唯一の方法なので、できれば最後まで読んでください。

僕たちはこれまでの人生で、めちゃくちゃ誰かのお世話になっているはずです。

たとえば、両親、祖父母、学校の先生、職場の先輩。あなたのことを想い、支援や応援をしてくれて、お金や時間や体力をあなたのために使ってくれる人。

みなさんにも(こいつのことは絶対に裏切れねぇ。何がなんでも期待に応えてみせるぜ)と思える人がいるのではないでしょうか。

あなたが、なればいいのです。彼にとって「こいつのことは絶対に裏切れないぜ」という人に。

そのためには「彼を信じること」しかありません。無条件に、全身で信頼するんです。

自分のことを真っすぐ愛してくれて、全身で信頼してくれる人。どうしてその人を裏切れるというのでしょうか?

人間は自分を縛りつけたり、監視したりするような人をあっさり裏切りますが、信頼してくれる人の期待には応えたいと思うようにできています。

自分を大切にしてくれる人を、人は大切にします。

この「信頼」の積み重ねが男性の性欲タイガーを「おとなしくしとけ」と律するのです。

繰り返しますが、これは決してきれいごとじゃありません。苦肉の策でもありません。人間はそういう風にできているんです。

(ウイ)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)