男性が「女性の手に触れる理由」

男性が「女性の手に触れる理由」

男性が「女性の手に触れる理由」

気になる男性と手が触れて、思わずドキッとしてしまった経験はありませんか?

たまたま当たってしまっただけなのか、それとも好きだから意図的に触れたのか、女性としては男性の気持ちが気になりますよね。

手に触れる男性の心理にはどのようなものがあるのかをひもときながら、脈ありもしくは脈なし、それとも下心があるのか、見分ける方法を解説します。

また自分自身が男性に好意がある場合ない場合の対処法についても紹介します。

■手に触れる男性心理

男性は、嫌いな人の体に触ることはないと言われているので、手に触れるときは、その女性になんらかの好意を持っていると思われます。

手は神経が通っている敏感な場所なので、触るのは勇気がいりますし、不用意に触るとセクハラだと言われかねないので、慎重になるものです。少しずつ距離を縮めて仲よくなり、タイミングを見計らって手に触れることで、もっと自分のことを見てほしいと思っています。

自分が相手に好意を持たれているかどうかを判断したいという心理もあります。女性の反応をじっと観察し、受け入れてくれたら、次のステップに進もうと思いますし、もし嫌がるそぶりを見せれば脈なしだと判断します。

あわよくば体の関係に持ち込みたいという下心を持っている男性もいます。女性が嫌がらない様子であれば、手をきっかけにして肩や腰などボディータッチがエスカレートしていくこともありますので注意が必要です。

■手が触れる=脈あり?

嫌いな人には触れないとはいえ、すぐに脈ありと判断するのも難しいもの。好意がある場合、たまたま触れてしまっただけの場合、下心がある場合に分けて、それぞれの見分け方を解説します。

◇脈ありの場合

本気で好きなときは、体に触れるのには慎重になるものです。

ある程度親しくなっていて信頼関係ができあがってきた状態で手に触れてきたときは、脈ありのサインだと思っていいでしょう。

ほかの人には触らないのに自分だけに何回も触れてきたり、テーブルに置いた手に重ねるように手を置いてきたりした場合は脈ありです。手をつないでくるような触り方だったり、フォーマルな場ではないのに握手を求めてきたりした場合も、好意がある可能性が高いです。

女性は占いが好きなので「俺は手相が見られるんだよ」というのを口実にしたり、「ほら、俺の手って温かいでしょ」と言いながら触るように誘導したりしてくることもあるかもしれません。

物の受け渡しのときに手が触れたのなら、物を渡すときに目をじっと見つめて話しかけてきたり、恥ずかしそうにしていたり、顔が赤くなったり動揺したりしている様子があれば、好意のあるサイン。

男性の普段の言動や、距離を縮めようというアプローチがあるかどうかも目安になります。偶然ではなさそうなシチュエーションで、さりげなく手に触れてきた場合は、女性の反応を伺って自分のことをどう思っているのか探ろうとしています

◇脈なしの場合

たまたま手に当たっただけで意図がない場合は、手に触れたときの反応を見ると、ある程度判断できます。

「あ、ごめん」みたいなそっけないリアクションだったり、特に動揺することもなく何とも思ってなさそうな様子のときは、深い意味はありません。何とも思っていない相手に間違って触れてしまったときは、男性は次からは触らないように気をつけるようになります。

物の受け渡しのときに手が触れた場合も、物を落とさずに渡すことに意識を集中していたりするので、女性と話さないか、もしくは目を合わせないことが多いです。

人がたくさんいる飲み会のときに手が触れてしまった場合も、目が合わないような状態であれば偶然だと考えられます。

◇下心がある場合

出会ったその日に手に触れてきたり、まだ親しくなっていないのに大胆に触ってきたりと、慣れている感じがしたら、下心の可能性が高いです。

あなただけではなく、ほかの女性にも気軽に触れているようなら、ボディータッチに抵抗がないタイプかもしれません。

手を動かしてなでてきたり、いやらしさを感じるような触り方をしたりする場合は、性的なニュアンスが強いので要注意。好意を表現したいだけなら、いやらしさは必要ないですよね。

特にお酒を飲んだときに触ってくる人は、下心を持って自分の方を向いてほしいと思っていることが多いです。

女性が嫌そうな表情をしたり、手を振り払ったりしなければいけると解釈して、ボディータッチがエスカレートしていってしまう恐れがありますので気をつけてください。

■手が触れたときの男性への対処法

手が触れた男性のことが好きであればうれしいものですが、なんとも思っていない相手だとあまり気分のいいものではありませんよね。

自分自身が男性に好意がある場合と、ない場合に分けてそれぞれの対処法を紹介します。

◇自分自身に相手への好意がある場合

女性の手に触れて反応を伺っている男性もいるので、「私もあなたに好意を持っていますよ」という気持ちを表現することができると好意が伝わります。

男性も確信が持てないと一歩踏み出すのに勇気が出ないものなので、できるだけオーバーにわかりやすく表現していくのがオススメ。

恥ずかしそうな表情をしてみたり、相手の目を見つめてうれしそうにほほ笑んでみたりすると、触れられても嫌ではないんだなと伝わります。

手を握るように触れられた場合には、男性の手を包み込むようにやさしく握り返したり、自分からもそっと触れたりしてみると、男性はキュンとするでしょう。お互いに好意があることがわかれば、関係が一気に進展していく可能性も十分にあります。

◇自分自身に相手への好意がない場合

好意を持っていないのなら、できるだけ早めに、その気がないことをちゃんと表現しておくことが大切です。

下心のある男性であれば、はっきりと意思表示をしておかないと、ボディータッチがエスカレートしていく可能性が高いです。男性が手に触れてきたら、パッと手を引っ込めて、触れられないようにガードしてしまいましょう。

カバンで隠したり、手をうしろで組んだりするのもひとつの方法です。冗談が言える関係であれば、「もう、こらっ」と軽くいなしたり、「手はちょっと」と言うのもありです。

ただし、とっさのことで驚いて反応できないこともあると思います。今後もかかわりがあるような職場の男性などであれば、角が立たないようにして気持ちを伝える必要がありますよね。

そんなときは、男性とある程度の距離を取って接するようにしましょう。男性が近寄ってきたときには、こちらが席を立ったり、少し離れたところに立ったりするなどして一定の距離を保つようにすれば、男性も安易に触れなくなります。

必要ならまわりの人に協力してもらって、帰り道などで2人きりにならないようにします。寂しそうな表情を見せる、悩みごとを相談するといった隙をつくらないように毅然とした態度でいるように気をつけましょう。

男性の表情や普段の言動を見て、脈ありかどうかを判断しよう

男性は嫌いな女性の手に触れることはないので、手に触れてきたら、少なくとも好意を持っているといえるでしょう。

手に触れたときに、じっとあなたの目を見て恥ずかしそうな表情をしたり、距離を縮めようとしたりしているなどの兆候があれば脈ありの可能性が高いです。

ただし、偶然触ってしまったということもあるので、早とちりはせず、男性の表情や普段の言動などを見て総合的に判断しましょう

(高見綾)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)