友達がいない女性の特徴

友達がいない女性の特徴

友達がいない女性の特徴

アラサーになると、気がつけばまわりの友人たちと連絡をとる機会が減ってくる人が多いはず。

30代は、仕事で大きな変化が起こることもあれば、結婚など生活が変わる人が増えてきます。

私、友達がいないのかも」と感じると寂しくなりますが、新しい人間関係はいくつになっても築いていけるもの。

友達を作るためにどんな過ごし方を心がければいいか、お伝えします。

■アラサーになると友達が少なくなる理由とは?

アラサーになると、どうして友達が少なくなるのでしょうか。

そこには、「環境の変化」が大きくかかわっています。

◇20代のときより仕事が忙しくなる

新卒で入社し、慌ただしいばかりだった20代のころに比べると、少しずつ責任のある仕事を任されはじめるのが30代です。

以前はプライベートに割けていた時間も仕事に費やすようになると、それまで会えていた友達ともどうしても連絡を取る頻度が減ってきます。

良くも悪くも仕事に重点を置かざるを得ない生活になることで、友達と疎遠になってしまうのですね。

◇結婚や妊娠でライフスタイルが変わる

自分は20代と変わらない生活を続けていても、友達が結婚して遠くに引っ越してしまったり、結婚後も会えていた友達が出産して育児に忙しくなったり。

また、逆に自分が結婚や妊娠でライフスタイルに変化があれば、独身のままの友達とはまったくちがう環境になり、日々の話題も変わってきます。

生活が変われば、まわりとも今まで通りのお付き合いが難しくなるのは仕方のないことです。

人それぞれ、ライフスタイルに大きな変化が起こるのがアラサー世代なのですね。

◇新しい人間関係がほしくなる

また、年齢が上がるにつれて新しい趣味ができたり今までとはちがう分野の勉強がしてみたくなったり、身を置く環境が変化する女性もいるでしょう。

そうなるとその環境に合わせた人間関係がほしくなり、今まで親しくしていた友達とは「話が合わないから」などの理由で連絡を取る気が薄れてくることも。

特にケンカなどをしたわけではないけれど、友達が離れていったり自分が距離を置く側になったり、疎遠になるのが避けられない場合もあります。

■友達がいない女性の特徴とは

アラサーになり、「友達がいない」自分を寂しく感じてしまう……。

実際に、友達がいない女性の特徴にはどんなものがあるでしょうか。

◇「ひとりで行動すること」が当然になる

たとえば、休日に新しい服を買いに行きたいと思っても、「一緒にどう?」と誘える人がいない。

仕事の帰りにご飯を食べたいと思っても、付き合ってくれる人がいないからいつもひとり。

「ひとりで行動すること」が当然になると、あえて誰かに声をかける機会が減り、またまわりからも誘われなくなります。

いろいろな時間を誰かと共有しなくなる、またそんな状況が普通だと思うことで、友達は減る一方なのですね。

◇「ひとりで平気」が口癖

友達や会社の同期など、親しい人が結婚準備や出産などで忙しそうにしているのを見ると、「うらやましい」「幸せそうだね」の代わりに「私はひとりでも平気だし」と自分のことばかり口にしている。

「ひとりで平気」が口癖の女性と、仲良くなろうと思う人は少ないのではないでしょうか。

友達の変化を柔軟に受け止め、同調する気持ちが持てないと、まわりからは取り残される一方になります。

◇人とかかわらない生活をしている

たとえば、休日はずっと部屋に引きこもって寝てばかりで、誰かと出かけたり電話で話したりする時間を持とうとしない。

普段から部屋と会社の往復だけで、足を向けるような趣味の場を持っていない。

人とかかわらない生活は、それだけ孤独な時間ばかりが増えるということです。

誰かと過ごすことをおっくうに思えば、どんどん友達からは忘れられていきます。

■友達が多い女性はなぜ友達が多い?

それでは、アラサーになっても今までと変わらず友達が多かったり、また新しい友達ができたりする女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

◇会社以外でも人と会う場所を作っている

たとえば、週に3回ジムに通っていたり、好きな登山のサークルに入っていたり。

アラサーになっても新しい出会いがある女性は、会社以外でも人と会う場所を積極的に作っています。

特に、趣味など好きなことややりたいことがある女性は、同じような気持ちを持った人と仲良くなれる機会が増えるので、どんどん新しい人間関係を築いていけるもの。

自分の世界を広げることを忘れない気持ちが、新しい出会いを呼んでくれるのですね。

◇行動がパターン化されていない

いつも同じルートで部屋と会社を往復していては、景色も顔を見る人も変わりません。

新しい出会いがある女性は、「今日は新しくできた本屋に寄って帰ろう」と帰り道に楽しみを見つけたり、「この駅にはどんなお店があるのだろう」と休日は未知の町に足を向けてみたり、行動パターンをみずから変えることで新鮮な時間を過ごしています。

行く場所が変われば会う人もちがってくるもの。

出会いを楽しみ、新しい世界を受け入れることで、いい友達と知り合えるのですね。

◇人に対して感謝の気持ちを忘れない

楽しい人間関係が築けている女性は、自分と関わってくれる人への感謝の気持ちを忘れません。

たとえ疎遠になった友達でも、新しい情報が入ればひとこと連絡を入れてみたり、先日知り合ったばかりの人にはていねいに約束の日を提案したり、つながりを大切にする姿勢がまわりの人からは愛され、同じように大切にされるといえます。

自分以外の人に意識を向け、楽しく関わっていこうとする姿は、同じくポジティブな人を引き寄せるのですね。

■友達をつくる方法

アラサーになり、新しい友達がほしくなったときは、どうすればいいのでしょうか。

そもそも友達は必要なのか、また友達を作るならどんな方法があるのか、考えてみます。

◇友達はいたほうがいい?

女性のなかには、「友達付き合いって面倒くさい」「ひとりのほうが気がラク」など、あえて友達を必要と感じない人もいるでしょう。

逆に、「ひとりぼっちは寂しい」「悩みを相談できる親友がほしい」など、友達の存在をありがたいものと思う女性もいますよね。

どんな考え方であれ、友達とはそもそも無理をして作るものではありません

本当は一緒にいても楽しいとは思えないのに、「ひとりぼっちと思われるのは嫌だから」のような利己的な理由で誰かと過ごしても、充実した時間には決してなりませんよね。

知り合ってみて、話が合う、性格が似ている、尊敬できる部分があるなど、純粋に「かかわりたい」と思える人こそ仲良くなれるのであって、無理せずポジティブな気持ちでいられることでいいお付き合いが続いていきます。

そのためには、出会った人には心を開いて接すること、どんな人かをしっかり見極める目を持って、友達というつながりを意識してみましょう。

「この人と過ごしたい」と思える出会いは、求めていれば必ず訪れます

◇友達を作る方法

☆趣味を持つ

好きなことややりたいことなどの趣味があれば、そのサークルに加入してみたりイベントに参加してみたり、「好きなものが同じ」人との出会いが期待できます。

趣味が同じ友達は、話題が多く楽しい時間を過ごせるだけでなく、友達を通してまた新しい人との出会いがあるなど、自分の世界が広がるのがいい点です。

趣味がないという人は、まず自分の関心の向くもの、やりたいと思えるものを探してみましょう

☆行きつけのお店を作ってみる

たとえば、お酒が好きなら楽しいマスターのいるお店に毎週通ってみたり、ファッションなら好きなテイストの揃うお店に月に数回顔を出してみたり。

居心地のいい「行きつけのお店」があると、同じようにその場所が好きな人の目に留まりやすくなります。

「いつもこの時間に来ていますよね」など会話のきっかけも生まれやすいので、男女問わず新しい出会いが期待できますね。

☆SNSを活用する

ツイッターやインスタグラムなど、SNSが盛んな現代は自分の好きなことを発信してコミュニケーションを取ってみるのも、同じ感覚の人と知り合えるいい機会になります。

SNSのメリットは、顔が見えないので気軽に会話が楽しめるところ。

もちろん、なりすましや誹謗中傷など他人を傷つける使い方はNGですが、楽しい内容を心がけて発信を続けていれば、思いがけない人脈が築けることもあります。

友達がほしいと思ったときは、自分から動く

友達がいない女性に共通しているのは、自分の意思で行動を起こさないことです。

人とかかわろうとしない姿がまわりの人に受け入れられることはなく、友達がほしいと思うなら積極的に新しい世界へ足を向ける気持ちが欠かせません。

そして、知り合ってくれる人を大切にし、感謝する心も友情を育てるためには忘れたくない点です。

友達がほしいと思ったときは、まず自分の居心地のいい場所を探してみましょう。新しい居場所を作ることで、そこに集う人たちと自然とコミュニケーションが取れるようになります

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)