平成末期の芸能界最強のTHE・わがままオンナとは?

平成末期の芸能界最強のTHE・わがままオンナとは?

平成末期の芸能界最強のTHE・わがままオンナとは?

やぶから棒になんですが、わがままとは何でしょうか?

たとえば、夜中に目が覚めて恋人に会いたくなったとします。相手に「会いに来て」と頼むのはわがままですか? それとも当然のことですか?

「自分の都合で、相手を動かしているからわがまま」「明日も仕事なのに、恋人を呼び出したら迷惑だからわがまま」と考える人が多いのではないでしょうか? 「思ったことを口にするのに、なぜ遠慮するの?」と言える人はごく少数でしょう。

■それが“わがままか否か”は、言われた側が決めること

何かを要求することを「わがまま」と言うことがありますね。けれど、私が思うに、その要求がわがままか否かは、「言われた側が決めること」ではないでしょうか。

ですから、たとえばあなたから見てお友だちが「わがままなオンナ」に見えていても、そのカップルにとっては何の問題でもなく、「かわいい彼女」と思われていることはよくあります。

それでは、なぜあなたには「わがままなオンナ」と見えてしまうのか。それは、「わがままイコール悪いこと」もしくは「自分もわがままを言ってみたいけれど、言えなかった、もしくは聞き入れてもらえなかった」という苦い思いがあるからではないでしょうか。

◇若い女性にも “男には尽くすもの”概念がうっすら残っている?

「尽くすオンナ」という言葉がいまだに幅を利かせている日本では、男女平等教育を受けた若い女性であっても「なんのかんの言って、女性は男性に何かしてあげなくてはいけない」とうっすら思っている部分があるのではないでしょうか。それなのに平然と「〇〇して」という女性を前にすると、イラッとしたり、わがままが言えない自分に嫌気がさしてしまうかもしれません。

しかし、実際は「人に何かをお願いすること」は、「いいこと」なのです。一方的に尽くされるより、自分もやってあげて、相手にもやってもらうといった具合に与え合ったほうが、人間関係の満足度が高くなることは、心理学で証明されています。職場においても、だれかの提案で、規則が見直されて全員がラクになるということはあります。

ということは、わがままは人を幸せにするポテンシャルを持っているということ。であれば、わがままなオンナを嫌うよりも、あなたも「わがまま」と呼ばれる側の女性に行く努力をしてみたらどうでしょうか。

今日は「わがままなオンナ」になる方法を考えてみましょう。

■平成末期の芸能界最強のTHEわがままオンナとは

令和になってもおそらく、彼女をしのぐ「わがままオンナ」は出てこないのではないでしょうか。平成末期、一部の女性を震撼させた芸能界の「THEわがままオンナ」といえば、モデルの長谷川理恵でしょう。

もともと「CanCam」(小学館)のモデルとしてスタートした長谷川ですが、彼女を有名にしたのは恋愛でした。20歳年上で妻子ある俳優・石田純一と交際を始め、まもなく石田は離婚します。

「家庭を壊したオンナ」としてバッシングされたりもしましたが、長谷川はどこ吹く風。「女性セブン」(小学館)によると、人気店のシュークリームが食べたくて、石田を3日連続で並ばせたりしましたが、常に売り切れ。「なんのために名前があるのよ」と芸能人パワーを使っても買って来いと命じたそうです。

この他にも、「加齢臭がすごい」という理由で、石田を主寝室から追い出すなど、やりたい放題。「成城に住みたい」と長谷川が言い出し、石田がその願いを聞き入れたところ、別れを切り出された、と石田がワイドショーの取材に答えていました。

その後、いくつかの恋を経て、長谷川は23歳年上の俳優・神田正輝と交際します。だいぶ熱を上げていて、プロポーズ待ちであることをマスコミに公言していましたが、結婚願望のない神田と破局。その直後に、実業家男性と授かり婚をすることになります。

男性は離婚直後だったこともあって、略奪婚とか二股だと騒がれました。男性からプロポーズの際に贈られた指輪を見て、「(ダイヤの大きさが)あ、小さい」と言ってしまったことから、男性は精神的に追い込まれて吐血した、そんな器の小さいオトコはいらないとご本人が『願力 愛を叶える心』(マガジンハウス)で書いておられます。

こういう人は生まれながらのわがままエリートですから、一般人は見習ってはいけないし、マネしたくともできないでしょう。

◇仕事もデキてモッテモテ。“わがままオンナ”の特徴

けれど、これまでわがままを言ってこなかった女性も、わがままになる方法はあります。

まず、あなたの周囲にいる「わがままなオンナ」を思い浮かべてみてください。好き嫌いは別として、彼女たちを冷静にみたとき、こんな特徴が思い当たるのではないでしょうか。

●わがままオンナはモテる

●わがままオンナは仕事の評価も高い

これは決して偶然ではなく、相関関係にあると私は思っています。

なぜ「わがままオンナ」は仕事もデキて、モテるのか。3つの理由が考えられます。

☆1. 相手を選ぶのがウマい

「わがままオンナ」であるということは、わがままが聞き入れられたという実績があるということ。つまり、「わがままオンナ」は自分のわがままを聞いてくれる相手かどうかを見極める能力が高いのです。

☆2. タイミングを計るのがうまい。

わがままに大事なものは、タイミングです。「わがままかどうかを決めるのは、相手だ」と書きましたが、相手の状態をよく見きわめたうえで「今、わがままを言っていいか」の判断ができないと、わがまま上手ではありません。

上述した「夜中に恋人に会いたくなった」ケースで考えみましょう。

恋人が明日、重要な会議が控えているとします。こんなときに「会いたくなった」と言って呼びつけた場合、睡眠不足で明日のパフォーマンスが落ちることは目に見えていますから、わがままを言うべきタイミングではないのです。だからといって、いつも静かにしていたのでは「わがまま上手」にはなれません。会議が終わったころや翌日など、ある程度ラクになった頃合いに、相手の状況を探りつつ言うわがままが「いいわがまま」です。

そのためには、相手のスケジュールをよく把握しておく、つまり人の話をよく聞いて、情報収集することが大事になります。ときどき、自分が好かれていないか不安になって、相手を試す意味でわがままを言ってしまう人がいますが、これはタイミングが読めていないので最悪です。投資はおカネに余裕があるときにすべきものと言われていますが、わがままも一緒です。好かれている自信があるときに言うからこそ、「かわいいな」と思われるのです。

☆3. わがままが重すぎない

わがまま下手な人が、わがままを言ってみようとすると、なんせ経験がないので、重いお願いをして、相手をひかせてしまいます。わがままというのは、後輩に仕事を振るのと一緒です。軽いものから、慣れるにしたがって徐々に重くしていきましょう。

まとめると、わがまま上手は、相手を見る目があり、日頃から相手の話をよく聞き、タイミングをはかって、相手に応じて負荷を割り振れる人ということ。つまり、相手がよく見えているので、仕事でも恋愛でも結果を出すことができるのです。

■あなたの周囲の“わがままオンナ”への対処法

そうはいってもあなたにとってストレスになるようなわがままな人とは、なるべく関わらないのがベスト。それでは、わがままオンナと距離を置くにはどうしたらいいのでしょうか。

こういうときに有効なのが、「相手の嫌いなこと」を知ること。わがままオンナの嫌いなこととは、「自分が使われること」です。

「こういう理由があって、仕事を代わってほしい」とお願いすることもされることもありますよね。こういうとき、多くの人は「お互いさまだから」と引き受けますが、わがままオンナは「どうして私なの?」「なんのメリットもない」とひそかに腹を立てていることがあります。

ですから、わがままオンナに何かを頼めば、むこうはどんどん気分を害していきます。そのうち、むこうから離れてくれるでしょう。逆に、わがままオンナの頼みごとは「今回だけ」といった具合に条件をつけないと、延々と甘えてこられるので気をつけてください。

職場の和を乱すわがままは困り者ですが、わがままが人間関係を潤滑にする側面もあるわけですから、ぜひ仕事やプライベートで有効利用してみてください。

(仁科友里)

関連記事(外部サイト)