思い込み、激しい〜! 女性405人に聞いた“困ったさん”の実態

思い込み、激しい〜! 女性405人に聞いた“困ったさん”の実態

思い込み、激しい〜! 女性405人に聞いた“困ったさん”の実態

「今、にらんだでしょ!」「私の悪口、言ってたでしょ!」

世の中には、こういう思い込みの激しい人がいるものです。事実無根なことを言い出す、ヒステリックに騒ぐ……近くにいるこちらのエネルギーがどんどん奪われて、まいってしまいますよね。

こういう“思い込みが激しい人”というのは、世の中にどれくらいいるのでしょうか?

■「思い込みが激しい人が近くにいる」と答えた人は全体の4割以上

Q. あなたの周囲に「思い込みが激しい人」はいますか?

はい(44.7%)

いいえ(55.3%)

※有効回答数405件。単数回答式。

「思い込みの激しい人が近くにいる」と答えた人は、半数近く。

この数値、意外でしょうか、納得でしょうか? ひとことで“思い込みが激しい人“といっても、いろいろなタイプがいると思います。そこで、「周囲の思い込みの激しい人の特徴」をさらにくわしく調査。集まった回答から、タイプ別にみていきましょう。

■思い込みの激しい人の特徴

☆タイプ1.被害者意識たかっ! 「私かわいそう」な悲劇のヒロインタイプ

・「なんでもかんでもマイナスにとらえて被害者意識を持たれる」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「被害者意識が強く、なにもされてないのに被害者のような態度をとる」(28歳/食品・飲料/技術職)

こちらは普通に受け答えをしただけなのに、なぜか「どうしてそんなひどいこと言うの?」と突然感情的になる人っていますよね。「え、そんなつもり全然ないのに……」とこちらが落ち込んだり、「は? 私が悪者!?」とストレスの原因になることも。

☆タイプ2.決めつけがスゴイ! 「自分の価値観が絶対正義」タイプ

・「少ない情報だけで判断する」(29歳/商社・卸/その他)

・「高卒だからー、最近の若い子はー、と学歴や年齢だけで言う」(33歳/マスコミ・広告/営業職)

「あの人は○○だから〜」、「これはこういうやり方で決まっているから〜」など、とにかく決めつけたがる人、います、います! 特に肩書きや学歴だけで判断する人って、視野が狭くてヤな感じです。話しているだけでゲンナリしそう……。

☆タイプ3.聞く耳ゼロ! 「自分が一番正しい」 ガンコ親父タイプ

・「自分の意見を正しいと思って、他人の言うことを聞かない」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「自分がすべて正しいと思いこんでいるから、真偽のほどが不明なことでも決めつけがち」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

たとえば会議でいい意見が挙がっても、「私はそう思わない!」と頭ごなしに却下して、せっかく伸びてきた芽をつむタイプですね。筆者は過去にこういうタイプの人から「あなたもそう思うよね!」とすごい剣幕で意見をおしつけられ、思わず「は、はい」と同調してしまったことがあります……。

☆タイプ4.自分以外は「全員、敵!」 人間不信タイプ

・「噂話をされてもいないのに、“されている”とまわりに言っている」(34歳/その他/その他)

・「人がコソコソ話していたら、すぐに自分のことを悪く言っていると思う」(26歳/その他/販売職・サービス系)

楽しく恋バナをしていただけなのに、ふと目が合うと「私の悪口言ってたでしょ!?」。こう決めつけられると、その人の心理状態が心配になってきちゃいますね……。よくわからないことで悪者にされると、「私が何をしたって言うんだよおおお!」と叫びたくなります。

☆タイプ5.「この世で一番美しいのは私」……白雪姫の継母タイプ

・「自慢話がとにかく多いが、ほとんどカン違い」(23歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分がモテる、あの子に好かれてると自信満々に話す」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

思い込みが激しい人の中には、「自分、大好き!」「みんなも私を大好き!」という“ポジティブ系”困ったさんも。ポジティブなのはいいことですが、度を過ぎたカン違いには、「う〜ん……」とならざるをえません。特に根拠がないとはいえ、モテ自慢をムゲに否定するわけにもいかず、あきれと困惑で疲労困憊しそうです。

◇どうしてる!?  思い込みが激しい人への対応4つ

マイナス思考タイプから自意識過剰タイプまで、思い込みの方向性はさまざまですが、みなさん相当苦労されているようですね……。とはいえこういう経験があるということは、逆に、“思い込みの激しい人”とうまくやっていくコツをつかんでいる人も、少なくないのではないでしょうか。

☆右から左へ聞き流す

思い込みの激しい人の言うことは、「適当に聞き流す、が吉」という声が。

なにを言っても変な受け取り方になるので、適当に話を流す」(34歳/小売店/販売職・サービス系)、「その人が話すことは“90%間違っている”と思いながら聞いて流す」(26歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)など、ほめ言葉さえもマイナスに受け取られてしまうなら、いっそスルーが一番ですよね。逆効果になるよりは、適当に話を流してしまうのが、大人の作法かもしれません。

☆とにかく気にしない

もし、相手の話を適当に聞き流すことができないなら、「気にしない」というのもひとつの手。

気にしすぎないこと」(34歳/医療・福祉/専門職)、「あまり本気で相手にしない」(33歳/自動車関連/事務系専門職)など、“受け止めない”対応を挙げる人も。

身に覚えのないことを言われたり、変な噂を流されたりしたときに、この方法は「いいな」と思います。相手のペースに乗っかって対抗してしまうと、こちらまで周囲から敬遠されてしまうかもしれませんし、自分をしっかり持っていれば、どちらが正しいかはおのずと伝わるものではないでしょうか。

☆否定しないでおく

思い込みが激しく、かつ繊細な人に対しては、「ソフトに接してあげる」のもアリみたい。

とりあえず同調する」(31歳/通信/営業職)、「肯定してほめる」(25歳/電機/秘書・アシスタント職)など。

「いや、それ、違いますよ?」とうっかり否定してしまうと、傷つきやすい人は過剰に反応してしまいます。ネガティブなことは極力避けて、「そうだね〜」「わかるよ〜」と無難な返答をしていくのも、おつきあいを上手に続けるコツかもしれません。

☆極力関わらない

そうはいっても、いろいろな接し方をして「もう無理……」と限界に達したら、いっそのこと距離を置いてしまいましょう。

あまり関わらないようにしている」(30歳/医療・福祉/専門職)、「深く関わらないように、ほったらかしにしている」(28歳/食品・飲料/技術職)のように、相手と距離を置く人はけっこういるようです。思い込みの激しい人が引き起こすトラブルには、とにかく巻き込まれないこと。下手にかかわってしまうと、こちらまで疲弊してしまいますからね。

■自分を一番大切にしておつきあいを!

今回集まったさまざまなエピソードを呼んで、「思い込みの激しい人は、きっと自分に自信がない人なんだろうな」と筆者は感じました。というのも、ある程度自分に自信がある人には、まわりになにを言われても揺るがないし、さらに人の意見に耳を貸して受けいれる“心の広さ”や度量があるからです。

思い込みの激しい人のネガティブさに巻き込まれて、滅入ってしまうよりも、自分と気持ちの通じ合う人たちを大切にして、平穏な毎日を送りたいものですね!

(武末典子)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2019年7月5日〜7月8日

調査人数:405人(21〜34歳の働く未婚女性)

 

関連記事(外部サイト)