休日の有意義な過ごし方とは?

休日の有意義な過ごし方とは?

休日の有意義な過ごし方とは?

慌ただしく働いた平日が終わり、ようやく待ちに待った週末!

さらに連休など、いつもよりも休みが多い場合は「何をしようか……」とワクワクが募りますよね。

けれど実際休みに入り、日曜18時台のアニメのエンディングを見て、「あれ? なんかダラダラしていて気づいたらもう、サ○エさんの時間じゃん……」と絶望した経験、みなさまありませんか?(きっとあるはず!)

せっかくの休みなんだから、時間を無駄にせず、有意義に過ごしたいもの。

そこで今回は、22〜34歳の働く未婚女性390人にアンケートを実施し、理想的な休日の過ごし方について調査してみました。

同世代女性たちが実践している、「休日を有意義に過ごすコツ」を見ていきましょう。

■休みの日の過ごし方で後悔したことはある?

SNSを眺めていると、なんだかみんな朝食をカフェまで食べに行ったり、トレーニングをしたりと、充実した時間を過ごしているみたい……。

それに比べて私は、グースカ寝てしまい、気づいたらお昼ごはんを食べる時間……。

そんな休みのはじまりを迎えて「あーあ」と溜息が漏れてしまう。

そんな経験はありませんか?

◇休みの日にダラダラ過ごして後悔したことのある女性は約8割

Q.あなたは、せっかくの休みをダラダラと過ごして、後悔したことはありますか?

ある…78.5%

ない…21.5%。

約8割の働く女性が「休みをついダラダラと過ごしてしまい、後悔した……」と回答。

せっかくの休みに、時間を有意義に使わないともったいないとわかってはいても、いつもの平日が忙しい分、ついダラダラしちゃうんですよね……わかります。

では、実際のところ、働く女性はどのような休日を過ごしているのでしょうか?

家で過ごすことが多いタイプ(インドア派)、外に出かけることが多いタイプ(アウトドア派)の順に、それぞれのリアルな過ごし方をチェックしていきましょう。

■インドア派の休日の過ごし方

天候にも左右されず、誰にも邪魔されず、自分のやりたいことに思いっきり没頭できるのがインドアの魅力。

そんなインドア派の働く女性の休日の過ごし方をランキング形式でご紹介します。

第1位:ネットサーフィン…50.0%

第2位:テレビ鑑賞…49.1%

第3位:SNS…33.0%

第4位:睡眠…28.7%

第5位:音楽鑑賞…13.9%

第5位:ゲーム…13.9%

第7位:漫画を読む…11.7%

第8位:掃除…10.9%

第8位:料理…10.9%

第10位:読書…9.1%

基本的に、ベッドやソファでまどろみながらできることに票が集中!

筆者ももともとインドア派なので、お昼近くまでベッドでダラダラし、YouTubeを見たり、雑誌を読んだり……。

小腹が空いたらソファ近くのテーブルにお茶菓子を置いて、極限までダラダラ(笑)。

ほかに、平日に時間がない分、掃除や作り置きの準備など、家事に時間を費やすという効率的な時間の使い方をしている人もいました。

では、1位から5位について詳しく見ていきましょう。

◇ベッドでゴロゴロしながら「ネットサーフィン」

・「YouTubeなど動画を見まくる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ベッドでネットサーフィンをしているのが楽しい」(28歳/その他/販売職・サービス職)

平日と同じように、朝日を浴びて顔を洗って、パジャマから着替えなきゃいけないということはわかっているけれど……。

ベッドに入ったままのまどろんだ状態で、ダラダラとネットサーフィンをするのって極上の時間なんですよね。

YouTubeの関連動画をたどって、どこまでも時間を過ごせそうです。

◇時間がたっぷりあるからこそ! 「テレビ鑑賞」

・「サッカー中継を見たり、たまった録画を見たりする」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「休みの前日にレンタルショップに行ってDVDを物色する」(30歳/その他/販売職・サービス職)

・「Amazonプライム・ビデオをずっと見ている」(30歳/医療・福祉/専門職)

平日、会社から帰ったあとは、とにかく疲れていて、テレビを見る時間ももったいなく、とにかくベッドにダイブしたい……という方も少なくないはず。

また、バラエティなどは比較的さらっと軽く見ることができますが、ドラマなどは前回のあらすじも思い出しつつ、しっかり落ち着いて内容を見たい……なんてこと、ありませんか?

時間もたっぷりある休日なら、録画した番組はもちろん、ドラマの一気見なんて贅沢なこともできちゃいます!

◇更新するのもただ眺めるのも楽しい! 「SNS」

・「好きなタレントさん関連のSNSを追っていると、あっという間に時間が過ぎる」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「LINEマンガアプリでマンガを読んだり、TwitterやInstagramなどのSNSを見ていることが多い」(32歳/電機/その他)

私もすっかり習慣になってしまっているのか、朝起きたらとりあえずベッドの中でもぞもぞしながらスマホを開き、ついSNSをチェックしてしまいます……。

みなさんの生活に根強いているSNS、自分や友人のSNSはもちろん、芸能人やブロガー、インフルエンサーのSNSをチェックしているという方も多いようです。

◇寝だめしてしまう「睡眠」

・「一日眠り続けたせいで、二連休のうち一日がなくなったことがある」(34歳/その他/事務系専門職)

・「平日は睡眠不足なので、休日に寝ないともたない」(34歳/その他/事務系専門職)

平日の寝不足などでたまった「睡眠負債」、週末の寝だめでは解消できないと理屈ではわかっていても、とにかく寝ないと体が持たない……。

私も繁忙期の週末は、昼すぎまで力尽きたように寝て、「いいかげんに起きなきゃ」となんとか体を叩き起こしていたこと、ザラにありました。

さすがに、丸一日寝てしまい、「あれ、今何時? 7時? 朝と夜、どっちの!?」なんて経験はないのですが……。

◇世界観にどっぷり浸りたい! 「音楽鑑賞」

・「好きな音楽を聞いてリラックスしたり、気分を上げたりする」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「音楽が好きなので、アプリで歌や演奏を投稿したりしています」(29歳/建設・土木/その他)

・「音楽関係の仕事をしているので、自分の技術を上げるために演奏の練習は必ずやるようにしている」(24歳/その他/営業職)

平日は通勤時間のような限られた時間にしか音楽を楽しむことはできないけれど、時間がたっぷりある休日は、好きなアーティストの曲や、ジャズやクラシックなど好きなジャンルの曲を思いっきり楽しむことができますね。

アプリなどを駆使して、自分で作曲をしたり、歌ってみたりした音源・動画などをSNSや投稿サイトにアップし、楽しんでいる方も!

◇たっぷり時間があるお休みに! 「ゲーム」

・「スマホゲームにハマっている。一度はじめるとなかなかやめられない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ゲームが趣味なので、休みの日は可能な限りゲームをする」(26歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

大人になった今、「ゲームは一日1時間よ!」と怒る母の監視の目もありません(笑)。

適度な休息はもちろん必要ですが、誰の視線も気にすることなく、好きなゲームをまったりプレイするのは、ゲーム好きな人にはきっと至福の時間なはず!

筆者も大好きなゲームのシリーズが発売されたときは、三日間こもって家から出ないときもありました……。

■アウトドア派の休日の過ごし方

誰にも邪魔されず、おうちでゆっくりするのも幸せですが、家族や友だち、彼氏と、普段の平日では行かない場所に足を運んだり、おいしいものを堪能する時間もまた、格別!

そんなアウトドア派の働く女性の休日の過ごし方をランキング形式でご紹介します。

第1位:買い物…76.9%

第2位:旅行…33.8%

第3位:食べ歩き…25.6%

第4位:カフェに行く…21.9%

第5位:レストラン・居酒屋に行く…15.6%

第6位:運動…13.8%

第7位:ライブ・舞台に行く…13.1%

第7位:散歩…13.1%

第7位:ドライブ…13.1%

第10位:美容サロンに行く…11.9%

やはり「買い物」や「食べ歩き」、「カフェ巡り」などは、休日の過ごし方の鉄板のよう!

休みのたびにドライブして、いろんなところにおいしいものを食べに行く……というアクティブ派も。

では、1位から5位について詳しく見ていきましょう。

◇ぶらぶら見ているだけでも楽しい! 「買い物」

・「休日は友人とカフェでランチして、ウインドーショッピングをしている」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「休日はいつも買い物か、何も買うものがなくてもショッピングモールや古着屋などでウインドーショッピングをする」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

特に買うものが決まっていないときでも、デパートをぶらぶらしたり、ウインドーショッピングをするのは楽しいですよね。

友人や彼氏と、ランチやカフェで楽しい時間を過ごしたあと、ショッピングをして時間を過ごすという方が多いようです。

◇お休みに非日常を味わうなら! 「旅行」

・「休みの日にしかできないことをしたいので、県外にドライブ旅行に行ったり、すこし遠くまで買い物に出かけたりする」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「週末に弾丸で旅行へ出かける」(32歳/情報・IT/技術職)

・「月に2回は飛行機に乗って遠方へ行く」(29歳/その他/その他)

平日には味わえない非日常感をたっぷり味わいたいなら、断然旅行がオススメ!

長期の海外旅行は難しくても、最近はLCCの人気もあり、週末を利用して行けるツアーもたくさんありますよね。

中には、月に2回は飛行機に乗るというツワモノも!

個人的に、飛行機に乗る予定がなくても空港はけっこう遊べるスポットがたくさんあると思うので、ふらっとお出かけしてみるのもオススメですよ♪

◇おいしいものはいくらでも入る! 「食べ歩き」

・「最近はタピオカにハマっていて、いろいろな所をめぐっている」(27歳/金融・証券/営業職)

・「ドライブしながら食べ歩きしてお買い物。日ごろの仕事の疲れが飛び、リフレッシュできます」(30歳・医療・福祉/専門職)

この日ばかりは普段のダイエットもお休み!

テレビやネットで見かけ、チェックをしていた話題のお店に行くのもいいですし、中華街や屋台が並ぶスポットに足を運んで、片っ端から気になるものを堪能するのもいいですね♪

ちなみに私も最近、ブームに乗っかりタピオカにハマっているため、たまに原宿に行ってタピオカの飲み比べをしています(笑)。

◇ひとりでも友だちとでも! 「カフェに行く」

・「誰にも会わない日は、読んでいる小説を持ってカフェに」(33歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「休みの日は友人とカフェで女子会」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

まったりとした時間を過ごせるカフェは、友だちや彼と行っても、ひとりでふらっと訪れて、本を読んだり、パソコンをいじったりしても◎。

天気のいい日は、テラスが気持ちいいカフェに足を運んで、太陽を感じて過ごすのもいいですね。

◇やっぱりお酒は欠かせない! 「レストラン・居酒屋に行く」

・「友人と夜、飲みに行く」(24歳/その他/その他)

・「一日中、家にいると無駄な時間を過ごしてしまいがちなので、外出して、おいしいものを食べたり、買い物したりして気分転換をしている」(31歳/その他/販売職・サービス系)

平日、会社や仕事の仲間と一緒に行く飲み会とはちがい、プライベートでの「飲み」は、上司や先輩の目を気にすることもなく(!?)、羽を伸ばして過ごせるので格別ですよね。

普段は時間に追われて、ご飯も食べられるものをとりあえず……で済ましてしまっている人も、休みの機会にはぜひおいしいものをたっぷり堪能しちゃいましょう!

■社会人女性の理想の休日の過ごし方とは?

ここまで、働く女性たちにいつもの休日の過ごし方をリサーチしてきましたが、そんないつもの過ごし方とは別に、本当は心の中であこがれている“理想の休日の過ごし方”がきっとあるはず!

インドア派の方もアウトドア派の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

◇多数派は、一日出かけて、もう一日はゆっくり過ごしたい

・「一日はお出かけをして、一日はダラダラ過ごしたい」(33歳/情報・IT/アシスタント職)

・「一日は少し出かけて、もう一日はゆっくりしてから、英気を養って仕事に励みたい」(34歳/その他/事務系専門職)

やはり休み明けからまたはじまる仕事の日々に向けて、英気を養っておきたいもの。

そのため、土日どちらも出かけて体力をフルで使い切ってしまうよりも、一日はアクティブに外で過ごして、もう一日はまったりして過ごす……というのが「休みの理想」とする方が多いよう。

一日を体のメンテナンスに使うのもいいですね。

◇家事をしっかり休日に済ませる過ごし方

・「午前中に掃除や洗濯をして、午後ゆっくりする」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「まわりや人の目など何も気にせずすっぴんで過ごして、家の掃除や料理の作り置きを済ませ、ダラダラと漫画を読んで過ごしたい」(30歳/その他/専門職)

・「部屋をきれいに保つために、平日にはできない所の掃除をする」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

平日は仕事でなかなか家事に時間を使えない分、たまった家事を休日に済ましたい、という方が多いよう。

最近は大手書店でも専用コーナーを設けるほどブームになっている「作り置き」を土日にまとめて作っておきたい、なんて家庭的な方もちらほら!

時間のある休みを活用して、クローゼットの整理をしたり、断捨離をしておきたいという、計画的な方もいらっしゃいました。

◇早起きしてアクティブに時間を使う

・「朝早く起きてジョギング。午前中に図書館で勉強。友だちとおしゃれなカフェでランチ。美術館に行く。おしゃれなバーで夜ごはん」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「朝からジムに行って体を動かして、カフェでランチしてショッピングして早めに寝る」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「早起きしてバッチリメイクでモーニングに行って買い物する」(26歳/医療・福祉/専門職)

「早起きは三文の徳」ということわざもあるように、休みの日でも朝早くから起きて活動してみると、一日でいろんなことができますし、より休みの日が充実したように感じます。

朝の空気が澄んでいる時間帯にランニングやヨガをしてデトックスをするのもいいですし、少し遠出しておしゃれなカフェにブランチを食べに行くのもありです。

しかしわかっていても、つい「休みだし」とベッドの中でダラダラしてしまうんですけどね……(苦笑)。

◇恋人や友だちと時間を過ごす

・「いつもよりは少し朝寝坊をして、ちょっとオシャレをして友だちとランチ。そのあとは買い物したり、桜の時期には桜を見に行ったり。普段とはちがうことをしたい」(29歳/その他/その他)

・「恋人や友人と日帰り旅行で、食事と温泉を楽しむ」(33歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「恋人と昼まで寝て、ブランチを食べてのんびり過ごす」(29歳/その他/その他)

友だちや恋人と過ごす休日の時間は、仕事の疲れをポジティブなパワーに変えられる、とっても大切なひと時。

特に女友だちとのお出かけは、平日のお仕事デーではなかなか着づらい洋服を着たりと、おしゃれも冒険できるので楽しいですよね!

また、恋人と一緒に過ごす時間は、アクティブに外で遊ぶのもいいですし、まったりDVDを観たり、料理を作ったりしてお家で過ごすのも楽しそう♪

■理想は“たまに”でOK!? ダラダラしても問題なし!

たまには一日しっかり計画を立てて、朝から晩までアクティブに過ごす「アウトドア」な休日の過ごし方にあこがれることもありますが、毎回ぎっちり予定を詰め込んでしまっては、体にもガタがきてしまいますよね。

ソファやベッドでダラダラして過ごす「インドア」な休日の過ごし方も、時間を無駄にしているのではなく、普段時間に追われているぶん、贅沢に時間を使っていると思えば、またちがってくるのかも!?

さて、今週末は、何をして過ごしましょう?

(ゆきねえ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2019年4月18日〜4月20日

調査人数:390人(22〜34歳の働く未婚女性)

関連記事(外部サイト)