女性399人が選ぶ、新時代の“色男”とは

女性399人が選ぶ、新時代の“色男”とは

女性399人が選ぶ、新時代の“色男”とは

男性のふとした表情や仕草に“色気”を感じて、ついつい見入ってしまったり、体の中が熱くなるような感覚におそわれること、ありませんか。これって、色男(いろおとこ)の作用!?

この「色男」という単語の意味を調べると、顔かたちの美しい男、女にモテる男、好色な男、情夫などと出てきます。

“平成の色男”といえば、筆者にとっては石田純一さん。それでは“令和の色男“とは、一体誰でしょう? 今回は女性399名へのアンケートから、「新時代の色男」を大解剖!

■「色男」でイメージする有名人1位は、誰もが納得のフェロモン俳優

さて、「色男」という言葉の語源は、歌舞伎の世界からきているってご存知ですか?

歌舞伎には男女の“濡れ場”を演じるのが得意な役者は「濡事師(ぬれごとし)」と呼ばれ、色白の美男子に見せるために顔を白く塗っていました。濡事師は「色男」とも呼ばれるようになり、“美男子”を意味していたそうです(※語源由来辞典より)。

色男 金と力はなかりけり」なんてことわざもありますが、かつての色男は財力も腕力もなく、ただ“顔がいいだけの男”としてはやし立てるように使われてきました。現代の女性たちはこの色男に、どんなイメージを持っているんでしょうか。

新時代の色男についてのアンケートで、「色男」でイメージする芸能人をあげてもらったところ、以下のような結果となりました。

Q  「色男」でイメージする有名人は誰ですか?

第1位 斎藤工さん 37票

第2位 石田純一さん 13票

第3位 竹野内豊さん 12票

第4位 中村倫也さん 9票

第5位 玉木宏さん 8票

第6位 横浜流星さん/佐藤健さん/三浦春馬さん/西島秀俊さん 7票

第10位 菅田将暉さん/福山雅治さん/木村拓哉さん 6票

※有効回答数399件。単数回答式、13位以下省略

◇第1位 “Mr.フェロモンのかたまり” 斎藤工さん

というわけで、俳優の斎藤工さんがトリプルスコアで、他を圧倒して第1位という結果に! これは納得ですね。マツコ・デラックスさんに“顔面性器”と評されたこともある斎藤工さんは、まさに“フェロモンのかたまり”といっても過言ではないでしょう。

ルックスのよさは言うまでもなく、エロさとミステリアスさを兼ね備えた、唯一無二の存在です。かつ、知的で下品さをまったく感じさせないところがたまりませんよね〜。

◇第2位 “愛と平成の色男” 石田純一さん

若手〜中堅のイケメン俳優が並ぶ中、斎藤工さんに次ぐ票を獲得したのが、なんと御年65歳の石田純一さん。1980年代に元祖トレンディー俳優として一世を風靡した石田さんは、2度の離婚歴があり、「不倫は文化」という言葉で炎上したこともありますが、ステキなオジサマぶりは現在でも健在です。

どんな女性に対してもていねいでやさしい態度、さりげない気配りなど、“性格やふるまいのダンディーさ”も、これだけの票を集めた要因かもしれません。

◇第3位 つややかな“バリトンボイス”にメロメロ! 竹野内豊さん

大人の色気をビンビンに漂わせる竹野内豊さんは、まさに“いい男”の代表格。ひたすらかっこよく美しかった20代、30代を経て48歳の現在、年を重ねるごとに渋さがにじみ出て、役者としての実力と輝きも増すいっぽうです。耳元であの低くセクシーな声でささやかれたら……瞬殺されることまちがいなし!

■「色男」ってどんな男性? 具体的な特徴とは

つづいて、「この人、色男だな〜」と感じる男性の具体的な特徴を聞いてみたところ、以下のような意見が集まりました。

◇<ポジティブ意見>やさしい、エロい、余裕がある!

・「やさしくて、女性の心をわかっている」(32歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「表情やたたずまいに余裕がある」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「レディーファーストでボディタッチにいやらしさがない」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「エロさも兼ね備えている」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「行動がスマートで、照れずに言葉にして伝えられる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「ギャップがある」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「女性をスムーズにエスコートできる」(34歳/通信/その他)

・「無理してない、自然体なのになぜか目がいく」(34歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

たいていの人は「色男」に対して、こういったポジティブなイメージをお持ちのようですね。ビジュアル面だけではなく、“エロさ”や“フェロモン”といったアダルトな一面や、女心を察するスキルなど、やはり女性をひきつける魅力を持った男性のことを指すようです。

◇<ネガティブ意見>女好き、チャラそう、調子いい!

一方で、色男にネガティブな側面を見いだしている人も、少数派ながらいました。

・「女性に愛想をふりまいてばかりで、調子がいい」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「自分がカッコいいと自覚している行動を取る」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「モテるし、女好きで来る者拒まず。ひとりの女性を幸せにできない人」(32歳/その他/その他)

・「チャラそう」(22歳/その他/販売職・サービス系)

多くの女性がやすやすと引き寄せられるからこそ、逆にだらしなさを感じ、そこが仇(あだ)となっているようですね。

色男本人に悪気はないとは思いますが、自分のルックスに自信があり、モテるという自覚もあるから、女性からはその武器を最大限利用しているととらえられ、警戒されてしまうのかもしれません。

■色男が身近にいたら、どうなっちゃう!?

最後に、そんな色男が身近にいたらどんな反応・対応をするか聞いてみると……たいていが同じご意見だったことをお知らせしたいと思います。

◇好奇心と警戒心のはざまで、女心は大揺れ!

・「テンションは上がるけど、見ているだけで近づけない」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「目が合わないようにしながらよく見ちゃう」(23歳/学校・教育関連/専門職)

・「誘惑に負けないようにする」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「ドキドキすると思う。平常心が保てなさそう!」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「近づいたら危険な気がする」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「目の保養にする」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「いろんな人と遊んでそうだから気をつける」(29歳/その他/販売職・サービス系)

色男には素直にドキドキするし、ハイテンションで観察してしまうけれど、同時に危険も察知してあまり近づかない、というのは大変に興味深い。やはり色男に対しては、危険な香りをかぎつけてしまうのでしょう。それが色男の魅力であり、マイナス要素でもあるんですね。

というわけで新時代の色男は、ルックスのよさプラス、“性的興奮”を感じさせる刺激的な男性、代表格は俳優の斎藤工さん、という結果となりました。

筆者も、身近に色男があらわれたら、一瞬でイチコロとなることはまちがいありません。その魅力にハマッて身も心も滅ぼしかねない……と、頭ではわかっていても、体が勝手にひきよせられてしまうんですよね。

(吉祥さゆり)

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2019年7月17日〜7月19日

調査人数:399人(21〜34歳の働く未婚女性)

関連記事(外部サイト)