「好かれる話し方」と「嫌われる話し方」のちがい

「好かれる話し方」と「嫌われる話し方」のちがい

「好かれる話し方」と「嫌われる話し方」のちがい

気になる男性との会話が盛り上がり、「よっしゃ! これは脈ありだ!」と心の中でガッツポーズを決めていたはずなのに、その後も彼とは特に進展もなく、なんなら以前より避けられている気がする……。

そんな不思議な現象を経て、片思いが不発に終わったという経験をお持ちの女性も意外と多いのではないでしょうか。

おそらくですがその現象、あなたの話し方に問題があったのかもしれません。

そこで今回は元キャバ嬢ライターのくせに話下手という私すずや鈴音が、自身の失敗経験も踏まえたうえで、男性から好かれる話し方と嫌われる話し方についてご説明していきたいと思います。

■「好かれる話し方」と「嫌われる話し方」のちがい

会話後に男性から避けられたり、苦笑いをされたりしてしまう女性は、そもそも好かれる話し方と嫌われる話し方のちがい自体を理解していないかと思います。

まずはそのちがいを知ることで、好かれる話し方を身につけるための第一歩を踏み出しましょう。

◇(1)会話のスピードを相手に合わせると好かれる

昔からモテる法則として有名な“男性の行動に合わせる”という定番のテクニック。

彼が飲み物を飲んだら自分も合わせて飲み物を飲むなど、お互いがシンクロしているかのように錯覚させるあれですよ、あれ。

好かれる話し方をする女性は、このテクを会話にも持ち込みます。

彼が早口で話すタイプの人だったらそのスピードに合わせ、テンポよく進む会話で盛り上がっていると錯覚させる。

反対におっとりとした話し方である男性に対しては、自分もスローダウンした話し方で応え、一緒にいて心地よい相手だと錯覚させる。

男性と話すときは会話の内容も重要ですが、それ以上に相手のスピードに合わせて会話をするという心がけも意外に重要だったりするのです。

◇(2)途中で話を横取りする女性は100%嫌われる

もうこれは性別関係なく嫌われる話し方の典型的なパターンですね。

いやもう、男性が気持ちよく話している途中で「私もそれ知っている! あれでしょ、あれ! でも私の場合はね〜」と思いっきり会話を横取りする女性は100%の確率で嫌われます。

何でかって? 私すずやがそんな無意識に会話を横取りしちゃう女であり、そのたびに男性から苦い顔をされてきたからですよ!

思いっきり実体験でそのたびに「またやっちまったよ」とひとり涙にくれる夜を何度も過ごしてきたからですよ!

でもまあ、すずやと同じくこのタイプの女性って無意識に男性の会話を横取りしちゃうから困るのですよね。

◇(3)男性とちがう意見を提案する際の言い方で差がつく

男性に限らず、会話をしていると相手と自分の意見が食いちがってしまうことも珍しくはありません。

しかし、このとき男性とは正反対の自分の意見をどのようにして伝えるかによって、相手から好かれるか嫌われるかの運命が大きく変わってくるのです。

まず好かれる話し方をする女性は、男性の意見を最後まで聞き終えたあとで「なるほど、そういう考えもあるのだね」と一度同意する。

その後、「でも私はこうだとも思うのだけど、〇〇君としてはこの意見はどう思う?」とさりげなく自分の意見を伝えたうえで、再び男性に意見を求める。

このように相手の意見を立てつつも、さりげなく自分の意見も伝えるという一連の流れであれば、男性も気を悪くすることがないどころか、話し上手な女性として好意を抱くのです。

反対に嫌われる話し方をする女性は、もう男性の意見などおかまいなしですよね。

自分の考えとまったくちがうとわかった時点で「いや、それはちがうんじゃない?」「私はそうとは思わないけどな」と自分の意見だけを徹底的に貫こうとします。

もう男性がどれだけ必死に語っても、こちらも負けてたまるもんかと言わんばかりに自分の価値観を押しつけ、最後にはつかみ合いの喧嘩になるんじゃないかなというくらい険悪なムードになる場合も。

まあ当然ですが、こんな話し方をしていたら嫌われますよね。

「もう君とは二度と話したくない」レベルで男性から避けられるようになるでしょう。

■男性に好かれる上手な話し方を身につける重要ポイント

では男性から好かれる話し方を身につけるために、私たちは日ごろの会話の中でどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

◇(1)話し終えたあとは必ず男性に会話を振る

もし身近に話し上手な女性がいたら、一度、彼女たちの会話を観察してみてください。

おそらく、かなり高い確率で自分が話し終えたあとに「〇〇君は最近どうなの?」と必ずそこで会話を終了させず、男性に会話を振るようにしているはずです。

もうまずはこれね。彼女たちのこのさりげなく最後は男性に会話を振るというテクを見習いましょう。

◇(2)同じタイミングで笑う心がけをする

話し上手な女性は、ただ会話を進めるのがうまいだけでなく、相づちやその場の空気を読む力など、とにかくタイミングをしっかり見計らいながら話を進めています。

たとえば自分が話をしていて男性が笑ってくれたら、すかさず話を止めて、自分も一緒に笑う。

この一度会話を休んで、同じタイミングで笑うという簡単そうに見えて意外と高度なテクを実践することにより、相手の男性も「彼女とは笑いのツボも合う」と好印象を抱いてくれるのです。

◇(3)共感だけを求める話題は出さない

男性が嫌う女性の会話といえば、ただ共感だけを求める話題。

女性から真剣に悩み相談を持ち掛けられたから精一杯のアドバイスを返したのに「いや、そういうのはいいから」と否定され、ただただ共感だけを求められる。

もはや男性にとって苦痛な時間でしかありません。

女同士の会話であれば、いくらでも共感を求める会話で盛り上がってもよいでしょう。

ただ、男性との会話では共感だけを求めたいがための愚痴や悩みといった話題は出さないように。

これも話し上手な女性に共通するポイントです。

◇(4)時折会話の中で男性の名前を呼ぶ

時に女性の話って自分が思っている以上に長くなりがち。

とはいえ、だらだら続く女性の会話は男性からすればただただ退屈な時間でしかありません。

そこで、もし「私、話しすぎちゃっているかな」と思ったときは、時折、会話の中に相手の男性の名前を入れるようにしてみましょう。

「〇〇君の前だとついおしゃべりになっちゃった」とひと言つけたせば、それまで退屈そうに聞いていた男性も途端に話を聞く態勢に入ります。

何より男性の名前を呼ぶということで、相手にさりげなく特別感を抱かせることができるのです。

◇(5)会話中のアイコンタクトは必須!

会話は口だけでするものではありません!

もう昔から言われている通り、会話では相手の目を見る。

いわゆるアイコンタクトも重要なポイントになってくるのです。

話し上手な女性は必ずといっていいほど、男性の目を見て笑顔で話します。

「いや、思春期の男子じゃないんだから、アイコンタクトくらいで男性を落とすことなんてできないでしょ」と思っているそこのあなた。

まあ、一度騙されたと思って男性の目を見つめながら話してみましょうよ。

意外と大人になってからのほうが、異性とずっと目を合わせるのって恥ずかしいものなのですよ。

それでコロッと男性が落ちちゃうなんて展開も期待できちゃうのです。

■口下手な人は特に注意したいポイントとは?

さて、ここまで「好かれる話し方」と「嫌われる話し方」についてご紹介してきましたが、そもそも私すずやのようにまず男性と話す行為自体が苦手なんだよという口下手のみなさま。

ご安心ください。口下手な方にも好かれる話し方を取得するためのポイントについてご説明させていただきます。

◇(1)事前に会話に困ったときリストを作っておく

そもそもなぜ口下手になってしまうのかというと、男性と一対一で会話をするとなった際、すぐに話題が見つからずプチパニック状態になってしまうからなのです。

もうそこから無言の空間が続いたら地獄ですよ。

ますます自分から話せなくなり、これまで以上に口下手をこじらせてしまうことになるでしょう。

そのような最悪な状況を避けるには、事前に会話に困ったときリストを作っておくと便利です。

「すごく筋肉がありそうですけど、鍛えられているのですか?」「スーツ姿ってことは今お仕事帰りですか?」とありとあらゆる状況とさまざまな男性のタイプを想像したうえで、使える会話リストを用意して頭の中にインプットしておく。

ものすごく面倒くさい作業に思えるかもしれませんが、口下手なすずやはこの困ったときリストを作ったおかげで、何とか初対面の男性にでもとりあえず話しかけるという第一段階を突破することができました。

口下手仲間のみなさんもぜひ実践してみてね!

◇(2)話を振られたら一旦間をおいて深呼吸

口下手女性の中には自分から話しかけられずにどうしようかと悩んでいる間に、まさかの男性のほうから話しかけられ、緊張のあまりわけのわからない返答をしてしまったという経験をお持ちの方もいることでしょう。

これ地味にへこむのですよね。

帰宅してからひとりで「ああもう、何で私あんなこと言っちゃったのだろう」とめちゃくちゃ引きずっちゃうのですよね。

でもこれからはもう大丈夫!

もし不意打ちで男性から話しかけられたら、慌てて返答をするのではなく、無言の間が一瞬できてもいいので軽く深呼吸して自分を落ち着けましょう。

たとえその後、うまい返しができずとも、緊張してわけのわからない返答をするよりかはマシな返しができるはずです。

突然話しかけられたらまずは一旦落ち着く! はい、これを覚えておくだけでも今までよりかは冷静に会話ができるようになるはずです。

◇(3)最初の時点で口下手をカミングアウトする

もういろんなところで何度も言っていますが、口下手や話下手の人は最初の時点でカミングアウトするのが一番安全安心です。

「初対面の人の前だと緊張しちゃうんです」「昔から口下手で気を悪くさせたらすみません」と会話がはじまる前にひと言男性に伝えておけば、自分自身の緊張も多少なりとも和らぎます。

また男性側も最初にそうカミングアウトしてもらえれば、少々会話のキャッチボールがうまくいかずとも気にすることもありません。

何をやっても会話がうまくいかないと悩んでいる方は、勇気を出して最初にカミングアウトしてしまう。

もう本当にこれが一番手っ取り早いうえ、あなた自身が一番落ち着く方法だと思います。

■好かれるか嫌われるかは話し方次第

コミュ力という言葉が生まれた現在。

他人とのコミュニケーションがうまくいかず、男性との会話でも失敗してしまうことが多々あると悩む女性も多いことかと思います。

でも「好かれる話し方」と「嫌われる話し方」にコミュ力ってあまり関係ないと、私すずやは思うのですよね。

実際、コミュ力が低いにもかかわらず、話し方を意識していることで男性から好かれている女性をこれまでに何人も見てきました。

要は好かれるか嫌われるかは、あなたの話し方次第!

これまでにすずやのように口下手なうえに嫌われる話し方で痛い思いをしてきた女性の方々は、一度、自分の話し方を注意深く観察してみてはどうでしょうか。

そしていつかはあこがれの好かれる話し方ができる女性へと変わりましょう。

(すずや鈴音)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)