「ニコニコしている人」の裏の本音

「ニコニコしている人」の裏の本音

「ニコニコしている人」の裏の本音

笑顔は人間関係をスムーズにするものだといわれていますが、いつもニコニコしているとかえって疲れてしまうことも。

まわりからも「本当に笑っているのかな」「作り笑いをしているんじゃないか」と疑われてしまったり、「なんだか信用できない」「上っ面で話しているようで気に入らない」と反感を買ったりする場合もあります。

今回は、笑いの心理について徹底解説!

いつもニコニコ笑っている人にはどんな特徴や心理があるのか分析し、紹介します。

■いつもニコニコ。笑顔を絶やさない人の心理・特徴

いつもニコニコして笑顔を絶やさない人にはどんな特徴があるのでしょうか。

その理由とともに解説します。

◇(1)礼儀を重んじる

笑顔でいることがマナーだと考えている人は、礼儀として笑顔を絶やさないようにしています。

目上の人の前や多くの人が集まる場などではニコニコと愛想笑いを浮かべ、少しでもいい雰囲気にしようと努めているのです。

笑顔を礼儀だと考えている人は、まじめで誠実な性格。

人のために尽くすなど献身的な行動を取り、習慣やルールなどの様式を忠実に守ります。

◇(2)まわりを気遣う

まわりに気遣う人も、よく笑顔を浮かべています。

協調性が高い人はもちろん、視野の広いリーダーシップがある人も気遣いの笑顔をよく見せます。

笑顔は他者に対する親和性の表れとされていて、親しみが感じられるため、コミュニケーションを円滑にする力があります。

話し合いで少しピリピリした空気になっても、笑いが生まれると一気に和やかな雰囲気になり、話しやすくなりますよね。

これは笑顔のなせるワザです。

◇(3)人間関係がうまくいっていない

愛想笑いをしている人は精神的な健康度が低く、なんらかの悩みを抱えている人が多いです。

世の中の悩みの多くは人間関係にあり、コミュニケーションを円滑にする笑顔は人間関係改善の特効薬だといえます。

恋愛にせよ仕事にせよ、他者とのかかわり方に不満や不安があると、笑顔によってなんとか人間関係を改善・修復したいと考える人は多いのです。

ただ、無理して作った愛想笑いはこわばっていて、口角が不自然に上がっていたり目元が笑っていなかったりして、相手に違和感を与えることがあります。

少し不自然な笑顔を浮かべている人は、なんらかの問題をやり過ごすために無理して笑っている可能性が高いでしょう。

◇(4)思いやりがある

相手が笑顔で話していると、自分に対して肯定的な態度を取っていると感じますよね。

このように、笑顔には相手を安心させる力があるので、思いやりがある人は相手がリラックスできるようにほほ笑みながら話すことが多いです。

また、笑顔はポジティブな印象を与えるので、ニコニコして接することで相手を元気づけることもできます。

思いやりがある人は他人の感情に敏感なので、相手が緊張していたり疲れていたり落ち込んでいたりすると、あえてにっこりと笑いながら柔和に話しかけて励まそうとします。

■いつもニコニコしてる人の本音。笑顔の裏の心理・特徴

それでは、笑顔の裏にある本音についてもう少し深掘りして解説します。

いつもニコニコしている人がどんな意図で笑顔を浮かべているのか推測してみましょう。

◇(1)相手に信頼されたいと考えている

恋愛だったら気になる異性の前で、仕事だったら大事なクライアントの前で、仏頂面でいる人はいないでしょう。

大体の人が笑顔でコミュニケーションするはずです。

これは、あまり笑わない人よりもよく笑う人のほうが相手に信頼されやすいから。

誰しも人間関係を構築するうえで笑顔がプラスになることを知っています。

仏頂面でいると好感度が下がり、嫌悪感を抱く人すらいるでしょう。

こうした背景から、信頼されたい人の前では意識的に笑顔の回数が増える傾向があります。

◇(2)相手との距離を保ちたい

ちょっと意外ですが、笑顔は相手との距離を保つときにも使われます。

こうした場合の笑顔は心からの笑顔ではなく、愛想笑い。

完璧な愛想笑いは隙のなさを感じさせ、相手が自分の深くまで踏み込もうとするのを防ぐ効果があります。

自分のプライバシーを大事にする人は、隙のない完璧な愛想笑いで相手との適度な距離感を保っているのです。

これは自分を守りたいという防衛本能のあらわれでもあります。

本当は繊細で臆病な人ほどこうした防衛本能が強く、愛想笑いを上手に使います。

親密度を上げたいときには好ましくありませんが、仕事上の付き合いなどでビジネスライクに接したいときには便利です。

なかなか心を開かない用心深い人に多く見られるケースでしょう。

◇(3)相手を傷つけないようにしている

自分を守るための笑顔もあれば、相手を傷つけないための笑顔もあります。

一生懸命話しているのに、ずっと仏頂面で話を聞かれたら「自分に興味がないのかな」「話がつまらないのかな」「怒っているのかな」と不安になりますし、傷つくこともありますよね。

相手がこうしたネガティブな感情を抱かないように、あえてニコニコして気遣う人もいます。

これは共感力が高い人によく見られる笑顔で、思いやりがあり相手の感情を鋭く察知する力があるので、笑顔を浮かべて相手が心地よく過ごせるように配慮します。

人間関係において表情やしぐさなどの非言語コミュニケーションが与える影響は非常に大きく、こうした笑顔ひとつでコミュニケーションの質が大きく左右されるでしょう。

◇(4)その場を楽しみたい

仕事で失敗したときや失恋したときはとても「楽しみたい」とは思えないので笑顔も生まれにくいですが、久しぶりに友だちと集まるときや恋人と会うときなど、わくわくする場では笑顔になりやすいですよね。

笑顔はポジティブな感情と連動しているので、明るい気持ちのときや楽しい気分のときは自然と笑顔が増えます。

「この時間を楽しみたい」「この場を楽しみたい」という願望があると笑顔になりやすいのです。

ニコニコしている人は「今この瞬間」を楽しんでいるといえます。

前向きな気持ちが笑顔になって表れているのですね。

こうした笑顔は社交的でコミュニケーション能力が高く、友人が多い人によく見られます。

◇(5)相手に気に入られたい

笑顔の人は、人間的魅力やポジティブな印象を与えます。

特にニコニコしている女性は愛嬌があり、男女問わず好かれやすいです。

これは誰しもわかっていることなので、相手に気に入られたいと考えて意識的に笑顔になることも多いです。

気になる異性の前では、ほとんどの人が笑顔でいたいと思うでしょう。

恋愛だけでなく、仕事の人間関係や友人関係においても笑顔はとても大事です。

笑顔を浮かべている人は社会性を持った人物だとみなされる傾向があり、コミュニケーション能力も高いと判断されます。

就職活動など面接でも笑顔ではきはき答えたほうが好印象でしょう。

どんな場においても「相手に気に入られたい」と考えている人は、ほぼ無意識に笑顔を浮かべる傾向があるのです。

■愛想笑いはほどほどに

いつもニコニコしていると、まわりの人を安心させたり場を和ませたり、自分の気分を明るくしたりとプラスの効果もたくさんありますが、愛想笑いは精神的な疲労を感じさせることもよくあります。

無理して笑ってかえってストレスをため込まないように、愛想笑いはほどほどにしましょう。

また、心からの笑顔か愛想笑いかは目元の表情筋の緩み方などで見破られやすく、愛想笑いとバレると相手に不信感を抱かせることもあります。

笑顔も用法・用量を守ってご活用ください。

(萩原かおり)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)