職場での馴れ合いが危険な理由

職場での馴れ合いが危険な理由

職場での馴れ合いが危険な理由

「馴れ合い」と聞いたときにどんなイメージを持ちますか? 十中八九、悪いイメージがあるかと思います。

私も誰かに「馴れ合いだよね」と言うときは、「よくない」というニュアンスで使います。

ブラック企業の出す求人に「アットホームな職場です!」というキャッチコピーが踊るといいますが、「馴れ合いのある職場です!」というコピーに惹かれる人はまずいないでしょう。

それくらい「馴れ合い」はネガティブな印象があります。

そんな「馴れ合いのある職場」でイメージされるのは、言語化されていないルールが横行し、権力を持つものの好き嫌いで物事が決定され、問題点があっても「まぁ、今のままでいいじゃん」と流されるような、「慣れ合う」人々にとっては居心地がよく、そうでない人間にとっては地獄のような職場です。

■そもそも「馴れ合い」とは何?

悪印象がある「馴れ合い」ですが、そもそもの意味はなんでしょう。

国語辞典で確認すると「慣れ合う」の意味は下記のように記載されています。

1.互いに親しむ。

2.あらかじめ示し合わせて事を運ぶ。ぐるになる。共謀する。

3.男女が情を通じ合う。

1などはポジティブなニュアンスを感じますが、2はネガティブな印象があります。

3は、現代で日常的に「慣れ合う」という単語を使うときに指し示す意味とはいいがたいかもしれません。

冒頭に記載したように「馴れ合いのある職場」というワードに、反射的に「NO!」と思うのは、2の「あらかじめ示し合わせてことを運ぶ」という構図が想定されるからでしょう。

「親しい間柄の人たちが、お互いに示し合わせて、暗黙の了解で物事を進める」ということが横行する職場は、明文化・言語化されたルールよりも、親しい人同士の阿吽の呼吸が重視され、仕事上のトラブルに繋がる可能性があります。

ビジネス上の取り決めや線引きがなく、人の「仲がいい、悪い」で物事が進行する職場……と考えると、ゾっとしますね。

■「馴れ合い」がよくない理由

職場のコミュニケーションは重要ですし、全員がストイックに仕事だけをする職場よりも、親しく会話したり付き合えたりする職場のほうが快適な気がします。

しかし、それが「馴れ合い」になった瞬間に様子が変わります。

次は職場における「馴れ合い」がよくない理由を具体的に見ていきましょう。

◇(1)暗黙の了解が増える

本来、手順を踏むべき事柄でも、馴れ合いが横行することで、暗黙の了解として済まされてしまう可能性があります。

たとえば、経費精算などで、本来はきちんと経理で処理するべき仕事を、馴れ合いから「いいよ、処理は後回しで。Aさんに言えばなんとかなるから」などと、規定外の馴れ合いで仕事が進んでいるとどうでしょうか?

「楽ができる」「すぐに回る」などのメリットがあるかもしれませんが、なにか問題が起こった場合やAさん側で処理できなかった場合に、正規の手順を踏んでいないことで守られないリスクが高まります。

トラブルになったときに、責任の所在がわからず、想定以上の大事になる可能性があります。

◇(2)特定の人のみが居心地のいい職場になる

「慣れ合える」人が多くいる人ほどその場に執着するようになり、馴れ合いが強固になっていくため、その職場に残るのは馴れ合いが心地よいと感じる人だけになります。

Aさんにとっては、「よろしく」と言っておいただけでほかの人々が動いてくれ、面倒な処理をせずとも仕事が回る環境かもしれませんが、同じことをBさんもCさんもできるかどうかは「馴れ合い度」に依存してしまいます。

結果、同レベルの馴れ合いが発生している人たちにとっては居心地がいいですが、そうでない人からみると「不公平感」が出やすく、フラストレーションが溜まる結果になります。

つまり、「馴れ合い」の輪の中にいる人のみに最適化された職場になってしまうのです。

◇(3)職場の多様性が失われ、仕事の質が落ちる

「馴れ合い」を是とする人やメリットを感じる人しか残らないため、職場の多様性が失われます。

多様性が失われるということは、仕事においても別の視点や着眼点が発生しないということなので、結果として仕事のクオリティも落ちていきます。

均一化した職場で、かつ「慣れ合う」ことを最大の目的としている職場における仕事の質が低下するのは、火を見るよりも明らかです。

◇(4)コミュニケーションや意見が固定化する

「馴れ合い」の輪に入れるか、その中で尊重されるかどうかが職場の居心地のよさや仕事のやりやすさに直結するため、母集団の「馴れ合い」に迎合するコミュニケーションに偏ります。

「慣れ合う」ことが最優先事項になるために、反対意見や改善案などが出にくくなることが容易に想像されます。

■「馴れ合い」にならないための3つの心得

ここまで見てきた通り、「親しさ」を超えて「馴れ合い」が発生してしまうと、職場の居心地はよくなるどころか悪化し、生産性やクオリティにも悪影響を与えることがわかりました。

では、馴れ合いにならないように、しかし円滑にコミュニケーションを取るためにはどうすればよいのでしょうか?

◇(1)暗黙の了解は作らない

「なんでそうなっているの?」と疑問に思うことをそのままにしないことが重要です。

マニュアルに記載されている内容と、実際の業務内容がちがう場合は「なぜ?」をきちんと解明しましょう。

暗黙の了解ではなく、手順が変更されているならばマニュアルを更新するべきですし、ないなら明文化された資料に落とすべきです。

馴れ合いからくる暗黙の了解とは、結局責任の所在やプロセスを「なぁなぁ」にすることです。

それで回っているのは「いいとき」だけなので、本当に業務として正当な手順なのであれば、その暗黙の了解を「正規手順」にまで引き上げることが必要です。

個人で職場のルールを変えることが難しい場合は、せめて自分としてのメモや手順書を残すようにしましょう。

◇(2)外部の空気を入れ、内輪で固まらない

馴れ合いが発生している職場にずっといると、そもそも何が「馴れ合い」で何が「馴れ合でないのかの切り分けすらも、自分で判別できない場合があります。

交流会や説明会、なんでもいいですが、意識的に外部の組織や人との接触を持つことで、固定観念で「こうだ」と思っていたものが、「馴れ合い」であったり「個別のルール」であったりすることに気づけるようにしましょう。

新しい空気を入れることで、滞った職場が活性化する可能性もあります。

◇(3)会社は「公」の場所であると意識する

馴れ合いは行き過ぎた「親しさ」の結果でもあります。

職場で親しい人がいたり、人付き合いがあったりするのはいいことですが、あくまで「仕事をする」という公の場であることを改めて意識することは必要です。

馴れ合いが発生しているのは、公私の区別が曖昧になっているからであることが多いです。

■馴れ合いは「楽」な人だけ楽になる、劇薬

「慣れていること」が増えると、人はストレスなく過ごせます。

つまり、「慣れ合って仕事をしている」人たちにとっては、その馴れ合いが他人にとって苦痛だったりストレスになっていたりするという発想そのものがない可能性があります。

しかし、馴れ合いは組織の閉塞感が増し、仕事の質を落とす劇薬です。

職場は仕事をする場所なので、「仕事を進める上での快適なコミュニケーション」と、「自分が楽になるための馴れ合いのコミュニケーション」を明確に切り分ける必要があります。

この意識がないと、ズブズブと「馴れ合い」の沼に沈んでしまいます。

「最近なんだか張り合いがないな」と思っているときは、自分が「馴れ合い」の沼に片足を突っ込んでいないか確認してみましょう。

(ぱぴこ)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)