手のひらの十字やバツ印はどういう意味? 【手相占い】

手のひらの十字やバツ印はどういう意味? 【手相占い】

手のひらの十字やバツ印はどういう意味? 【手相占い】

あなたの手のひらに、×(バツ)や十字架に似た形の印がありませんか? この印を十字(クロス)と呼びます。

手相におけるクロスは、吉相になる場合と凶相になる場合と両方ありますので、ちょっと複雑で見方が難しいかもしれません。また、小さいのでよく見ないと見逃してしまうこともあるでしょう。

しかし、その意味は奥深いものがありますので、あなたの手にないかじっくりと探してみるべきです。

今回は、クロスについてくわしく紹介していきたいと思います。

Read more

手相の基本知識。「基本三線」とは【手相占い】

■強運の手相? 十字(クロス)とは

手のひらに現れる十字(クロス)は、有名な神秘十字線などの良い意味を持つ相もあり、吉相と思われがちです。

しかし、出ている場所によっては、悪いことが起こるかもしれないから気を付けるようにとの警告の意味になります。吉相か凶相か、しっかり見分けなくはなりません。

◇十字(クロス)線とは。十字(クロス)が指す基本的な意味

バツやプラスのような形になっている状態を、「クロス」、「十字」と呼びます。クロスは、警告の意味合いが強い手相です。

特に、線の上にクロスが出ていると、それらの線の意味を弱めます。また、丘(手のひらのふくらみの部分)の上に出ている場合も、それらの丘の持つ意味を弱めてしまいます。

◇位置によって変化する「十字(クロス)の意味」

クロスは基本的に「警告」の意味合いが強い手相ですが、例外もあります。有名なのが「神秘十字線」といい、感情線と知能線の間に出ている十字のことです。この相を持っている人は、目に見えない強いパワーで守られているとされ、トラブルや困難から逃れることができ、運が強いのが特徴です。

そのほかにも、太陽十字線、奉仕十字線などの吉相があります。

◇左手と右手どちらで見たらいいの?

占い師によって見解が分かれることもありますが、右手は後天的な運勢、左手は先天的な運勢を見るというのが、手相の基本です。

十字(クロス)を見るなら、現在や将来のことがわかり、変化しやすい右手を中心に見たほうがいいでしょう。十字(クロス)は出たり消えたりする可能性が高い線でもあるからです。

Read more

手相の見方。女性は右手と左手どっち?【手相占い】

◇十字(クロス)の量が示すこと

十字(クロス)がたくさんあると、心配になるかもしれませんが、たくさんあったとしてもクロスの大きさが小さい場合や線が薄い場合はあまり心配ありません。

ただし、1p以上ある大きなものや線が濃く出ているのでしたら、気を付けたほうがいいでしょう。出ている場所の意味を知り、そのことに気を付けるよう習慣づけることです。

◇スター(線)とのちがい

スター線(星紋)とは、短い3本以上の線が星のように交差しているものを指します。人気やスター性をはじめとした幸福を呼び込むラッキーな相です。十字(クロス)よりも交差している線が1本多いのが特徴です。

クロスとスターは似ているように見えるかもしれませんが、似て非なるものです。その意味はまったく違うので、見分けられるようにしましょう。

Check!

宝くじが当たる!? 「スター線(星紋)」とは【手相占い】

■【位置別】十字(クロス)の見方

では、十字(クロス)が出ている場所別に、くわしく意味を見ていきましょう。

◇木星丘(人差し指の下)にある「願い事が叶う」

人差し指の下のふくらみを木星丘といいます。ここに十字(クロス)があると、願いが叶ったり、幸運が訪れるといわれています。

日頃からの努力が認められ、目標を達成できたり、恋愛面でも理想のパートナーと巡り合う可能性が高くなります。

Check!

手相における9つの「丘」とは【手相占い】

◇神秘十字線「強運を持っている」

中指の下で、感情線と頭脳線の間に現れる十字(クロス)を「神秘十字線」といいます。

信仰心の厚い人や霊感の強い人、ご先祖さまや神仏を深く信仰する人に現れるとされ、神仏に守られているので、強運を持っているといわれます。そのため、大きなトラブルを無意識のうちに回避できている可能性も。

また、神秘十字線を持つ人は精神世界や占いの分野で能力を発揮する人が多いようです。

Check!

あれば超ラッキー。「珍しい手相」ランキング【手相占い】

◇太陽十字線「たぐいまれな才能を発揮する」

薬指の下のふくらみ部分を太陽丘といい、人気や地位、名声、富のパワーを表しています。そんな太陽丘から下がったところの、感情線と頭脳線の間にある十字(クロス)を、「太陽十字線」といいます。

太陽十字線を持つ人は、芸術的な感性やインスピレーションに優れているといわれています。

◇奉仕十字線「人のために尽くす」

生命線の下部分で運命線との間に現れる十字(クロス)を「奉仕十字線」といいます。この相を持つ人は、奉仕精神が強いので、別名「医療十字線」ともいわれます。

家族思いでよく人に尽くす人に現れます。ボランティアで活躍したり、医療関係、教育福祉関係の仕事に就くとその能力を発揮できるでしょう。

◇運命線の先にある「大きな運命の変化がある」

運命線の先を遮る十字(クロス)は、運命に大きな変化が訪れるサインです。それは仕事上のトラブルや、結婚生活の低迷、熟年離婚の危機など、良くない変化を暗示しています。

何か悪い出来事が起きたときは、思い切ってライフスタイルをがらりと変えてみるといいかもしれません。

◇頭脳線の先にある「ケガをしやすい」

頭脳線は、判断力や考え方、集中力などを表します。頭脳線の先に十字(クロス)があると、注意力や集中力の欠如からケガをしやすいといわれています。

この相がある人は、注意深く慎重に行動することが必要でしょう。

◇生命線の途中にある「病気をしやすい」

生命線は健康運やバイタリティなどを表します。ここに十字(クロス)があると、身体に関することにトラブルが起きるかもしれません。病気や事故、ケガには要注意です。

この相がある人は、日頃から食事に気を付けたり、運動をよくするようにして健康的な生活を送りましょう。健康診断を定期的に受けることも忘れずに。

◇たくさんある「試練が降りかかる」

手のひらに明瞭な十字(クロス)がたくさんあるなら、重たい十字架を背負いながら生きていく、苦労の多い人生になるかもしれません。

あるいは、人の悩みや問題などと向き合い、そこに大きく関わっていく人生を送る可能性もあります。

「先生」と呼ばれる人の手相には、クロスが多いともいわれています。落ち込まずに、宿命から逃げずに向き合っていけば、すばらしい人生になるはずです。

十字(クロス)の宿命に負けないで!

十字(クロス)の中でも、神秘十字線や太陽十字線、奉仕十字線などなど良い暗示を示すものもたくさんあるのですが、それ以外の場所にあるクロスは、大なり小なりマイナスの要素があります。

現れている箇所の丘や線の意味を弱めてしまう手相。しかし、十字(クロス)が出ていても努力次第では幸運につながります。

十字(クロス)が出ている人は、そのおかげで自分の改めなくてはいけないところに気が付けるというメリットがあることを決して忘れないようにしてください。

また、十字(クロス)は、運勢が良くなると消える可能性もあります。手相は常に変化するものだということを忘れずに、十字(クロス)があっても前向きに暮らしていきましょう。

(紅たき)

Check! 手相占いのバックナンバー

・実は凶相! 手のひらの「ほくろ」の意味とは【手相占い】

・人生大逆転の手相。「成り上がり線」とは【手相占い】

・希少で大強運。「ますかけ線」とは【手相占い】

関連記事(外部サイト)