財布をなくす夢を見たら「気をつけるべきこと」

財布をなくす夢を見たら「気をつけるべきこと」

財布をなくす夢を見たら「気をつけるべきこと」

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。

夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。

見た夢を分析していくことで、これから起こりうることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「財布の夢」についてくわしく紹介していきます。

■財布の夢が象徴するのは「金運」

夢の中の財布は、金運を意味する夢。あなたが持っているお金、将来手に入るお金、金銭絡みの人間関係を示しています。

また、一部の財布の夢は逆夢になることがあります。その場合、夢の中で印象が悪かったら、金運がよくなる暗示に繋がるのが特徴です。

◇夢で見たのは「綺麗な財布」or「ボロボロの財布」?

夢の中の財布が綺麗なものだったら、あなたがしっかりとお金を管理できているという意味。

一方、ボロボロの財布だったら、無駄遣いをせずにもっとお金を大切に使うようにという警告が込められています。

◇財布の色によって夢占いの結果は変わる

加えて、財布の色によっても、夢の意味は異なります。

・赤い財布:お金をたくさん使ってしまうけれど、それだけ入ってくるお金も多い

・青い財布:きちんと節約ができている

・黒い財布:堅実にしっかりとお金を稼ぎ、大きな財産を築くことができる

・金色の財布:金運が大きく上昇する暗示。大幅収入アップや臨時収入アリ

◇財布に入っていた金額にも注目

財布にたくさんのお金が入っていた場合、それは逆夢になります。これは、お金がなくて苦しむ暗示。浪費やハプニング的な出費で財政ピンチに陥るかもしれません。

少額のお金しか入っていない財布は、経済状況が上向くことを示しています。

財布の夢は、いろいろなパターンがある夢なので、吉夢もあれば凶夢もあるのです。

■シーン別「財布にまつわる夢」が暗示する意味

財布の夢はそのものズバリ、お金にまつわることを示しますが、恋愛や人間関係のことを表す場合もあります。それは、夢に見た状況によって解釈が異なるもの。

ここでは、パターン別に財布の夢の意味を紐解いていきましょう。

◇(1)財布が盗まれる夢は「金運上昇」

財布を盗まれる夢の場合、悪い意味を想像する人が多いでしょうが、逆夢です。

これは金運上昇の吉夢。金運だけでなく、人間関係も良くなることを示しています。お金も人間関係も大切にすることで、良い運気を保つことができるでしょう。

では、盗まれる夢をさらに細かく見ていきましょう。

☆財布の中身だけを盗まれる場合

財布は残っていてお金だけを盗まれたなら、経済状況が上向いていくことを暗示しています。

昇進による昇給、臨時収入があることなどが期待できるでしょう。高価な物をもらえるチャンスがあるかもしれません。

☆財布を盗まれて取り返す場合

盗まれた財布を取り戻すことができた夢の場合、人間関係の修復を示しています。

ケンカをしている相手とは仲直りができるでしょう。ケンカをするまでいかなくても、そりが合わないと思っていた相手と、思いがけず意気投合できたりするかもしれません。

◇(2)財布を盗む夢は「自己中心的な態度への警鐘」

あなたが財布を盗む夢を見たら、あなたが今自己中心的になっているという意味になります。

わがままな言動をとって、周囲に迷惑をかけたり、誰かを傷つけたりしているかもしれません。意識して、周囲の人たちの気持ちを考えましょう。

◇(3)財布をなくす夢は「無駄遣いの予兆」

財布をなくす夢を見たら、あなたが無駄遣いしそうなことを暗示しています。

今のあなたは、お金を使いたい欲求が高まっているようです。散財しないよう、計画的にお金を使うようにしましょう。

また、なくしたと思った財布が見つかる夢の場合は、現実には無駄遣いをする余裕がないくらい、お金がない状態を示しています。

今、あなたはお金を使うのをなるべく控えたいと思っているのでしょう。「お金がない!」というのが口癖になっているはずです。

◇(4)財布を落とす夢は「突然大金が舞い込む」

財布を落とす夢は、悪い意味ではありません。逆夢です。

近い将来、大金が舞い込むことを暗示しています。期待して待っていてください。

ただ、この夢は恋愛面では注意が必要だという意味もあります。失恋や恋人との別れが近いかもしれません。恋人がいる場合、相手に不信感を持っているのではないでしょうか。わだかまりがあるなら、早いうちにきちんと話し合うことが必要です。

◇(5)財布を忘れる夢は「身近な人との別れ」

財布を忘れる夢の場合、あなたが近い将来、身近な人を失うことを示しています。

つまり家族や恋人などとの別れを経験する可能性があるでしょう。

ただし、忘れた財布をすぐに取りに戻れたなら、その可能性は少し低くなるはずです。

◇(6)財布を探す夢は「変化を求めている」

夢の中で財布を探していたら、お金の不安を抱えていて、そうした状況を変えたいと思っているという意味です。

思い切って転職をしたり、副業を持ったりするのにはいいタイミングでしょう。すぐにそうできないなら、将来に備えて資格を取ったり、何か仕事に役立つ勉強をしたりすると◎。

自分から行動を起こさないと変わることはできません。思い切ったチャレンジが必要であると、この夢は教えてくれているのです。

◇(7)財布を拾う夢は「幸運が舞い込む」

財布を拾う夢を見たら、金銭面での幸運が舞い込むことを示しています。ただし、それは拾った財布が綺麗だったり、ブランド物など高価なものであったりした場合。

もし、拾った財布がみすぼらしいものだったり、空っぽの財布だったりしたなら、金運の低下を示しています。

◇(8)財布をもらう夢は「欲しいものが得られる」

夢の中であなたが財布をもらっていたら、あなたの能力や気持ちと引き換えに、あなたが欲しいと思っているものを得られることを示しています。

たとえば、あなたが仕事で成果を上げたら、給料アップという形で報われるのかもしれません。あるいは、あなたが誰かに愛情を捧げたら、欲しいものをプレゼントされることも考えられます。

財布は「大切なもの」という意味があります。夢の中で財布をあなたにくれた人物とは、今後深い関わりを持つことになるでしょう。

◇(9)財布を買う夢は「金銭トラブルの暗示」

財布を買う夢を見たら、新しい財布を持つことができてワクワクしているかもしれませんが、逆夢です。

お金に関することには注意が必要だという警告の意味合いがあります。

お金がらみのトラブルに遭うなど、何か不利益を被るようなことがあるかもしれません。

詐欺など、お金のことでだまされないように気をつけましょう。また、親しい人であっても、お金の貸し借りはしないことです。この夢を見たあとは、些細なことがトラブルに巻き込まれるきっかけとなってしまいます。

◇(10)財布が壊れる夢は「買い物で失敗する」

夢の中であなたの財布が壊れたら、買い物で失敗をしそうな予兆。

安いからと喜んで購入したものが、とんでもない不良品だったりするかもしれません。

夢を見たあとのタイミングでは、衝動買いをしないようにしましょう。買い物をする前に、本当に必要かよく考えることが大切です。

夢に出た財布の状態をよく思い出して

財布は毎日使うものですから、夢に見ることが多いかもしれません。

逆夢になることがやや多く、夢の中で印象が悪かった場合は運気がよくなる意味になることがあるので、夢の解釈は少々難解。目覚めたら夢の状況をよく思い出して、じっくり夢診断をしてみましょう。

(紅たき)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)