恋愛不器用さんへ。受け身の恋愛が絶対にうまくいかない理由

恋愛不器用さんへ。受け身の恋愛が絶対にうまくいかない理由

恋愛不器用さんへ。受け身の恋愛が絶対にうまくいかない理由

「待ってても誰も迎えにきやしない」

高校2年の冬、恋愛に対する受け身の姿勢を早々に崩すことになった。

■星降る夜に迎えにきて!

私にとってのラブソングといえば、フジファブリックの『星降る夜になったら』

大半の歌詞の意味なんてどうでもよくて、「星降る夜になったらバスに飛び乗って迎えにいくとするよ」という一節と、疾走感さえあれば女子高生の私的にはOKなのだ。

なにせ、恋愛真っ最中で、何を聴いたってほぼ同じ。幸せに聴こえる。

それでも、何度でも繰り返しこの曲を聴き「彼がいつか私を迎えにきてくれる」ことを信じてやまなかった。

■彼とのラブライフ

そもそも彼を好きになった理由なんて今となっては思い出せない。通学電車で会う以外の接点はなかった。それでも、毎朝見かける彼のことが、なんとなく、でも確実に好きだった。

そして、びんびんに感じとり、信じていた。

「彼と結ばれる未来」を。

そんな彼との一番の思い出は、全国高校サッカー選手権の予選。サイドバックを務める彼の勇姿を一目見たいと、学校をずる休みして会場に駆けつけた。

愛あるが故の突っ走った行動が学校にばれ、高校卒業までの約1年間毎日反省日記を書き続けたのは、忘れようにも忘れられない。

ただ、そんな楽しい高校生活も長くは続かない。事件が起こる。

■フクダ、カノジョ、デキル

彼は私と結ばれる運命であったはずが、いつの間にか彼女ができていた。

その日もいつも通り某ファミレスでのバイトを終えた私は、『星降る夜になったら』を聴きながら、自転車をかっ飛ばしていた。

自宅まで約15分。3回はリピートできる。田舎の夜は空気が澄み切り、星が本当に降ってきそうだ。

その時、「ブブッ」と携帯電話のバイブレーションが響く。友人からの連絡だ。

「フクダ、ごつめの彼女できたみたいやで」

ごつめの……彼女……? 思わずペダルをこぐ足を止め、立ち尽くした。

待って……私との約束があるでしょうがああああ!!

あんなにキラキラとしていた夜空が涙でにじみ、この曲はデスソングとして一時期封印することとなった。

■受け身の姿勢では幸せになれない?

さて、ここまで彼を想い、運命を信じてやまなかった私だが、実は彼とは一言も話したことがない。彼と結ばれるもなにも、始まりもしていない。

超受け身&超妄想癖な私は、頭でばがり考えて自分からは行動ができないたちだ。

あの曲だって、「星降る夜になったら、バスに飛び乗って迎えにいくとするよ」と、自分が誰かのもとに駆けつける描写を歌っているのに、勝手に志村さん(フジファブリックのボーカル)にご足労いただいていた。

恋愛中はいつだって都合よく物事を脳内変換できるけど、この事実だけはひん曲げることができない。

待ちの姿勢は危険だ。次好きになった奴には絶対自分から告白する!

この出来事をきっかけに、私はそう心に決めた。

■幸せはこちらから迎えにいくスタイルで

結局次に好きになった人には、3度告白をしたが、2度フラれ、1度無視された。

「待っても来ないなら、自分で行けばいい。ゴールを決められない相手なら、自分で決めにいけばいい」。あの経験から10年、まだまだ結婚の予定はないし、婚活中の私だけれど、恋愛・結婚に対して超ポジティブになっている。

婚活をしていると、いい人に最速で出会いたいと思ってしまうけれど、どんなことだって一筋縄ではいかない。しかも、結婚はタイミングだというように、好きだけではうまくいかないことがほとんどだ。

でも、待っていても何も始まらないし、トライしてエラーだったときはきっと運命じゃなかっただけだ。大丈夫。出会うべき人がほかにいる。

そして、できればいつだって恋愛を楽しんでいたい。だからこそ、幸せになる日を悠々と待ってなんていられない。こちらから迎えにいきたい

そう思えるのは、やっぱり思春期のあの経験があったからで、『星降る夜になったら』に自分を重ねていたからだ。

いい経験をしたねTEENAGERの私! 未来はとっても明るくて、楽しいよ! そんな風にあのときの自分にちょっとだけ感謝しよう。

(文:みやちゃん/マイナビウーマン編集部、イラスト:オザキエミ)

関連記事(外部サイト)