ボケ&ツッコミで合コンを攻略せよ #合コン幹事の上野さん【経営者編・第1章】

ボケ&ツッコミで合コンを攻略せよ #合コン幹事の上野さん【経営者編・第1章】

ボケ&ツッコミで合コンを攻略せよ #合コン幹事の上野さん【経営者編・第1章】

最近ではマッチングアプリの台頭などもあり、めっきりその数を減らした合コン。

しかし、合コンでの会話術やテクニックは合コン以外の恋愛でも応用可能なのは間違いありません。

というわけで今回はマイナビウーマン編集部のたかはしさん&あーりんさんの合コンに幹事として同席し、そのあとに私が働くラブホのスタッフルームで反省会。ダメなポイントとよかったポイントを分析させていただきました。

今日の合コン、録音しておきました。改めてこれを聞いて私たちのダメだった部分とよかった部分を教えてください。

相手の男性たちにはそのことを伝えているので安心してください。

ありがとうございます。それでは、今日の合コンの反省会をしましょう。

よろしくお願いします。

◇今回の戦場

Koru Takanawa Gateway Hostel, Caf?&Bar

東京都港区高輪2-6-7

1階はCaf?&Bar、2・3階はドミトリールームと個室を用意した宿泊施設。泉岳寺駅から徒歩8分、3月に開業する「高輪ゲートウェイ駅」から徒歩5分。

◇今回の合コンメンバー

小柳津林太郎

38歳。言わずと知れた『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演した2代目バチェラー。新卒で入社したサイバーエージェントで幹部を務め、アメリカ子会社の立ち上げを牽引。2019年に独立し、株式会社GHOSTを起業した。

熊田勇太

25歳。2010年代にネットで話題になった、中学生4人組のプリクラ「チャリで来た」右上の人物。現在はイケメンシェフとしてテレビなどに出演し、今年から株式会社GHOSTの子会社Fuego代表取締役として飲食事業を経営。

たかはし/マイナビウーマン編集部

29歳。コスメオタク。今気になっているジャニーズグループはSnowMan。好きなタイプは円周率100桁言える人。

あーりん/マイナビウーマン編集部

27歳。群馬の秘境から上京。今気になっているジャニーズグループはSixTONES。好きなタイプはとにかく高学歴。

■ツッコミ上手はモテ上手

小柳津「カンパーイ! それじゃあ、とりあえず自己紹介からはじめましょうか」

たかはし「はーい」

小柳津「んじゃ、僕からいきます。そっちのほうが楽ですよね」

あーりん「お願いします!」

小柳津「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」

たかはし&あーりん「!?」

熊田「出した(爆笑)。すぐ出す(笑)」

小柳津「僕は去年の2月までIT企業で働いていて、半年くらいニートしてて……あ、結構稼いでるニートだったんですけど(笑)、いろいろあって起業して、今では飲食×ITの企業をやってます」

あーりん「あーりんです。私はマイナビウーマンの編集部で働いてます」

大チャンスを逃していますね……。

え……?

ここまでで何かダメなところありました?

ダメというよりはもったいないポイントです。小柳津さんからの好感度を爆上げするチャンスがあったのに、2人ともそれをみすみす見逃しているんですよ。ポイントになったのはココです!

小柳津「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」

これが重要なんですか!?

めちゃくちゃ重要です。小柳津さんは場を盛り上げるために、わざとボケたんです。熊田さんのリアクションからしても、これは小柳津さんの鉄板ネタだったんでしょう。

ふむふむ。

要するに、小柳津さんは2人に笑ってほしくてこんなことを言ったんですよ。それなのに、そのボケを2人がスルーしてしまったら、こんなに悲しいことはありません。ツッコミ不在の漫才みたいになってしまっているんです。

なるほど……。

ですので「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」に対しては「ずいぶん大きな子どもですね(笑)」とか「林太郎くん、自己紹介がきちんとできて偉いねー」というようなツッコミをするべきでした。

その発想はなかったし、なんだったら若干引いちゃってました。

露骨にボケる男性は、女性からのツッコミを待っているんです。ですので、こういったボケにツッコミを入れることで、その男性からの好感度は格段に上がります。

でも、初対面の男性にツッコミをするのってハードルが高くありませんか?

ハードルが高いのは認めます。特に今回の場合、社会的地位でも年齢でも小柳津さんのほうが上ですからね。あーりんさんやたかはしさんの立場からツッコミが難しいのは間違いありません。

完全に対クライアント目線で対応してました。

特にあーりんさんの場合、年上のたかはしさんもいる手前なかなか難しいでしょう。ですのでツッコミ以外でボケを活かす方法も解説させていただきます。ポイントは「同じボケをする」です。

同じボケをする?

難しく考えないでください。タイミングを見計らって小柳津さんがしたボケとまったく同じボケをすればいいだけです。今回の場合であれば、こんな感じで返せばよかったでしょう。

小柳津「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」

(中略)

あーりん「あーりん、27ちゃいです☆」

こんな感じですね。

なるほど!

この場面に限らず、小柳津さんは会話中にボケを入れてくるタイプの方でした。こういう男性は少なくありませんが、ボケを言う人間にとってもっともつらい展開は「ツッコミ不在」なので、相手がボケたらきちんとツッコミを入れてあげるといいでしょう。

わかりました!

それでは次の場面を見てみましょう。

■気まずいときはボケて回避

小柳津「……で、俺と彼(熊田)はアルゼンチンの赤身牛が気になってるんだよ」

たかはし「へー」

熊田「2人は好きな食べ物はなんですか?」

たかはし「えーっと、私は最近チーズケーキにハマってます」

あーりん「私は赤身牛が好きです」

熊田「おっ、赤身牛!」

30点と70点です。

何がですか?

熊田さんの「好きな食べ物は?」という質問に対しての2人の回答です。

やっぱり赤身牛の話をしているのに、チーズケーキはまずかったですか……?

いえ、まったく問題ありませんよ。私が30点と言ったのはあーりんさんのほうですから。

ええ!?

失礼ながら、あーりんさんは本当に赤身牛が好きなんでしょうか?

え……その……。

もちろん赤身牛が嫌いということはないでしょう。ですが、私が「好きな食べ物は?」と聞いたときに「赤身牛!」と答えるようなことはないのではありませんか?

ま、まぁ……。

もしもあーりんさんが本当に赤身牛大好き人間であったのであれば、あの回答でもなんの問題もありません。ですが、相手の男性の好みに合うように嘘を言うのは非常に危険でしょう。

なんで危険なんですか?

まず、こんな文脈で「赤身牛が好き」なんて言ってしまったら、相手の男性に「こいつは媚を売ってきたな……」という印象を与えてしまいます。また仮に男性を騙せたとしても、小柳津さんと熊田さんは赤身牛のプロなのですからボロがすぐに出てしまいます。一度期待させてがっかりさせるのは余計に質が悪いと言わざるをえません。

でも、こんなタイミングで聞いてくるってことは熊田さんも「赤身牛が好き」と言ってほしいと思っているんじゃないですか?

その気持ちがまったくないとは言いません。ですが「もしも好きだったらラッキー」くらいの話であり、嘘をついてまで話を合わせてほしいわけではないと思いますよ。

じゃあ、どんな答えが正解なんですか?

こういう質問に対しては、たかはしさんのように正直に答えればいいのです。「好きな男性のタイプは?」「理想のデートは?」なども同じです。相手に合わせて嘘をつく必要はございません。

じゃあ私は「チーズケーキ」って言ってよかったんですね。

ええ、問題ございません。ただ……もしもさらに上を目指すのであれば、ボケを入れて回答するという方法を使ってもいいでしょう。

ボケを入れる?

正直、女性たちの好きな食べ物なんて男性陣はそんなに興味がないんですよ。会話のとっかかりとして無難に「好きな食べ物は?」と聞いただけに過ぎません。ですので「話が広がる答え方」をしたほうがよりいいということです。

難しい……!

「チーズケーキ」と言われても、すぐに「表参道の〇〇ってお店が〜」みたいな話に広げられる男性は多くありませんから。

それならどうすればいいんですか?

相手が悩まずに次の会話を続けられるようにすればいいんです。一番簡単なのは「私はチーズケーキが好きです。熊田さんは?」と質問返しをする方法ですが、これですと会話は続きますがあまり盛り上がりません。そこで出てくるのが「ボケ」です。

ボケ……?

小柳津さんも会話の節々にボケを入れていましたが、あれと構造は同じです。わかりやすいツッコミポイントを作ることで会話が盛り上がりやすくなるんです。

たとえばどんなボケがいいんでしょう?

今回の場合は「赤身牛!!!! も、好きですけど一番好きなのはチーズケーキです」とか「赤身牛大好きです。大好きで大好きで、毎日食べるくらい大好きです?(非常に嘘っぽく)」というようなボケがわかりやすいでしょう。

なるほど……。

特に「○○! も、好きですけど」のくだりはいろいろな場面で使いやすいのでオススメです。

覚えておきます!

ちなみに、好きな食べ物程度の話でどうこうなることはあまりありませんが、小柳津さん(38歳)相手にあーりんさん(27歳)が「年下がタイプ」とシンプルに言ってしまうと致命傷になりかねません。

(ぶっちゃけ高学歴だったら何歳でもいいけど)言わなくてよかった〜!

しかし嘘をつくのはより避けたほうがいい行動なので、「年上!! も、悪くはありませんが年下と付き合うことが多かったですね」というようにボケを交えて回答することで、リスクをかなり減らすことができるでしょう。

■真顔の下ネタはかなり危険

熊田「やっぱり肉にはスパイスが大切ですよね」

小柳津「だな」

あーりん「女性もスパイスがあるほうがいいですか?」

小柳津「いいねぇ〜(笑)。あーりんちゃんはスパイスがあるの?」

あーりん「スパイスがあるセクシーな男性は好きですよ?」

下ネタは恋愛において非常に役立つ武器なのは間違いありません。特に女性から下ネタを言うと、男性は「盛り上がっている」と感じるのでオススメです。

じゃあこの発言はよかったってことですか?

ダメです。

言ってることめちゃくちゃじゃん……。

TPOですよ。下ネタ自体は悪いものではありませんが、この下ネタはかなり危険です。

なんでですか?

たとえば、あーりんさんが社内でセクハラに悩んでいるとしますね? それでその話を合コンでしたとします。

(初対面の合コンでそんな相談しねえわ……)

あーりん「最近、上司から『休みの日に2人で飲みに行かない?』って言われて困っているんです……」

熊田「ボーナスに反映されるといいっすね(笑)」

とか言い出したらどう思いますか?

マジでドン引きです。

ですよね? ただ実際には、その場で「うざい」とも言えないので、熊田さんの話に適当に相槌なりをして話を合わせることと思います。

まぁたしかに。

すると、さっきまでの真剣な話の雰囲気はぶち壊しになり、下ネタメインの明るくノリノリなテンションになるでしょう。もちろん多少の歪さは残しますが、話題の主軸があーりんさんのお悩みから下ネタに移行するのは間違いありません。しかし、これが問題です。

というと?

下ネタは強力な武器ですが、強力すぎるがゆえに話題を一気にさらってしまうんですよ。今回のあーりんさんの下ネタはまさにその典型でした。肉料理のシェフである熊田さんにとって「スパイス」はかなり重要な話。それなのにあーりんさんの下ネタでその話題が終わり、下ネタに話題を持っていかれてしまったのです。

うっ……!

熊田さんがどうでもいい話をしているタイミングであれば、下ネタをブチ込んでも問題ありません。しかしスパイスという熊田さんにとって重要な話をしているときに下ネタをブチ込むのはTPO的にかなり問題があるといえるでしょう。

たしかに……。

しかし、それ以上に問題なのが「真顔で言ってしまった」ということですね。読者のみなさまは文字のみの再現なのでわかりにくいと思いますが、先ほどのあーりんさんの「女性もスパイスがあったほうが〜」の言い方はかなり真面目なテンションでした。これ、男性目線ではめちゃくちゃリアクションが取りにくいんです。

どうしてですか?

冗談で言っているのか真面目に言っているのかわからないからです。おそらくボケで言っているんだろうけど、もしかしたら真面目に言ってるのかもしれない。そうするとどうやって返事をすればいいかわかりません。

うう……。

幸いにして小柳津さんは「ボケ」として受け取って流してくれましたが、真面目なテンションで下ネタを言われるほど怖いことはありません。下ネタはどうしても内容的にセンシティブな内容になりがちですからね。

たしかにそうですね。

ですので下ネタを言うなら明るいテンションで。またははっきりボケとわかるような内容にしないと、せっかくの下ネタが逆効果になるのでご注意くださいませ。

■致命的な「嵐」

たかはし「小柳津さんは仕事から帰ったら何をされているんですか?」

小柳津「うーん、動画を観ることが多いよ。NetFlixとか。最近は嵐のドキュメンタリーを観てる」

あーりん&たかはし「嵐!!」

今回の合コンで最大の失敗を挙げるとしたらここですね。

やっぱりジャニーズはダメですか?

別にジャニーズが好きなこと自体は問題ありませんが……やはりタイミングは重要だと思います。

というと?

たとえばあーりんさんがマイナビの面接を受けるときに……

あーりん「リク○ビで就活しました」

とか言ったら採用されると思いますか?

それはちょっと……。

でも対同僚としては、あーりんさんが就活中に「リク○ビ」を使っていたと聞いてもなんとも思いませんよね?

まぁ、同僚として言われる分には特になんとも思いません。

それと同じで、タイミングというものがあるんです。仲良くなってから言われる分にはなんとも思わないことでも、初対面で言われるとNGゾーンに直行しかねない話題というのは間違いなく存在します。

その代表がジャニーズってことですね。

左様でございます。たとえば、あの場で小柳津さんが

小柳津「実は橋本環奈ちゃんの大ファンで、ファンクラブにも入ってるんですよ!!」

とか言い出したら嫌でしょう?

(たしかに……)

でも、先に嵐って言い出したのは小柳津さんですよ? それでもやっぱりダメなんですか?

小柳津さんも嵐が好きで嵐の動画を観ているでしょうから、別に嵐が好きなことには何の問題もありません。それに、嵐の話題を強引に断ち切るのもそれはそれで問題でしょう。

問題だったのは、2人がこれまでにないようなハイテンションで嵐に反応してしまったことです。

たしかに、嵐にテンションが上がってしまったのは否めません。

もしもたかはしさんとあーりんさんが合コンの最中ずっとハイテンションであったなら、ここでハイテンションになっても問題ありませんでした。

だけど小柳津さんの目線で見ると、それまであまり盛り上がっていなかった2人が「嵐」というワードで大盛り上がりしている……という状況になってしまったのです。これはかなり致命的な失敗だと思いませんか?

何も言い返せない……。

もちろん嵐が好きなことや、嵐の話題で盛り上がることが悪いわけではありません。しかし、初対面の合コンで男性アーティストや男性アイドルのことを楽しそうに話すのはやはり危険でしょう。

(うっかりSnowManのファンクラブに入った話を出さなくてよかった……)

■ボケとツッコミができれば最強

うう……やっぱり私たちはまだまだなんですね……。

そんなに落ち込まないでください。今回は「ダメだったポイント」を中心に解説させていただきましたが、2人の立ち振る舞いはいいポイントもたくさんありました。というわけで、次回は「よかったポイント」を中心に解説させていただきます。

よろしくお願いします!

(文:ラブホの上野さん、撮影:masaco)

>【経営者編・第2章】は3月上旬公開予定!

関連記事(外部サイト)