【五黄土星】「九星気学」で分かる性格と相性

【五黄土星】「九星気学」で分かる性格と相性

【五黄土星】「九星気学」で分かる性格と相性

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。

あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。

今回は、本命星【五黄土星】について詳しくお伝えします。

※【五黄土星】の人の生まれ年:昭和61年(1986年)2月4日〜昭和62年(1987年)2月3日/平成7年(1995年)2月4日〜平成8年(1996年)2月3日

■九星気学とは?

九星気学の起源は中国です。古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。

それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。

九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。

そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。

九星気学で分かること

九星気学では、自分の生まれた年から本命星を導き出すことで、性格・運勢・相性・方位の吉凶などが分かります。

◇自分の性格

九星気学では自分の性格が分かります。基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。

◇自分の運勢

九星気学では運勢も分かります。好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。

◇気になる相手との相性

気になる人の本命星が分かる場合、あなたの本命星と照らし合わせて相性を占うことができます。

Check!

気になる人の本命星の探し方はこちら

■本命星【五黄土星】の性格・適職・恋愛傾向

ここからは、五黄土星(ごおうどせい)の性格・適職・恋愛傾向について解説します。

◇基本的な性格

情に厚い人情家。声が大きく、オーバーアクションで、どこにいても目立つ圧倒的な存在感の持ち主です。

堂々としたオーラがあるので一見近寄りがたい印象ですが、素顔はとても温かくておおらか。仲間を大切にする優しいところがあります。

また、責任感が強いので、自分がやるべきことを常に考えています。特に、人から頼りにされるとうれしくなって、やる気が一段とアップ。

大胆な行動力とリーダーシップを発揮し、周囲の人たちをグイグイと引っ張っていきます。

一方、パワフルな性格が裏目に出ると、プライドが高くてわがままになってしまいそう。誰にも注目されないと不機嫌になるような、子供っぽい一面もあるでしょう。

強引に自分の意見を押し通そうとしたり、自分勝手に行動したりするのはNG。いつでも感謝の気持ちを忘れず、謙虚な言動を心掛けましょう。

◇向いている仕事

持ち前のリーダーシップを生かせる仕事が向いています。

会社員なら、責任のあるポジションを目指すと吉。部下や後輩を育てる役割や、他の社員の相談に乗るメンター的な役割で能力を発揮できそう。

職種としては、教師・講師・インストラクターなどがおすすめです。

また、独立心が旺盛なので、自分で事業を起こしたり、好きなことを仕事にしたりするのもいいでしょう。

◇恋愛傾向

情熱的な恋に身を焦がしたいタイプです。

まるでドラマや映画のような運命的な恋に憧れる、ロマンティックなところがあります。理想もプライドも高いので、恋愛の相手に求める条件が多くなりがち。

自分が納得できる相手じゃないと恋が始まらないので、自然と恋愛のストライクゾーンが狭くなりそう。

その分、自分から好きになった相手はガッチリ捕まえて離しません。大好きな人に一途な愛情を注ぎ続ける、ピュアなところがあるでしょう。

■他の本命星との相性

五黄土星と他の本命星との相性を、仕事相手としての相性、恋愛の相性に分けて解説します。

◇一白水星

一白水星(いっぱくすいせい)は何事もじっくり考える思慮深いタイプ。コミュニケーション能力が高く、人に合わせるのが上手です。

☆仕事相手としての相性

強力なリーダーシップを発揮する五黄土星に、一白水星が圧倒されそう。強引なやり方に付いて行けず、困ってしまうことも。

☆恋愛対象としての相性

一白水星が合わせてばかりいると、五黄土星が調子に乗ってわがままになりそう。適度な距離感をキープしましょう。

◇二黒土星

二黒土星(じこくどせい)は穏やかで優しく、おおらかな雰囲気の持ち主。真面目で堅実、コツコツ頑張る努力家です。

☆仕事相手としての相性

仕事に対する考え方や価値観が似ている好相性な二人。五黄土星がリードし、それを二黒土星がサポートする関係なら、うまくいくでしょう。

☆恋愛対象としての相性

芯の強い二黒土星と意志が強い五黄土星。お互い恋人に対してわがままになりがちです。相手を思いやる気持ちがあれば、幸せなカップルになれそう。

◇三碧木星

三碧木星(さんぺきもくせい)はパワフルで明るくポジティブな人気者タイプ。好奇心旺盛で流行に敏感です。

☆仕事相手としての相性

じっくり仕事に取り組みたい五黄土星と、臨機応変に仕事を進めたい三碧木星。お互いに不満を感じることが多く、衝突しやすい相性です。

☆恋愛対象としての相性

情熱的な恋愛ができる相性です。ただ、お互いにパワーが強くて譲らないので、派手にけんかをすることもありそう。

◇四緑木星

四緑木星(しりょくもくせい)は優しくて穏やかな性格。気配り上手で面倒見が良く、人から慕われるタイプです。

☆仕事相手としての相性

五黄土星が上の立場(上司・先輩)、四緑木星が下の立場(部下・後輩)なら好相性。ただ、五黄土星が傲慢だと、四緑木星が愛想を尽かしそう。

☆恋愛対象としての相性

五黄土星に四緑木星が束縛される相性です。ただ、一緒にいるうちに二人の関係が逆転し、四緑木星が主導権を握るようになりそう。

◇六白金星

六白金星(ろっぱくきんせい)は強い意志と向上心の持ち主。簡単に妥協しない完璧主義で、自分に厳しいタイプです。

☆仕事相手としての相性

共通点は、意欲的に仕事に取り組むところ。基本的には好相性ですが、二人ともプライドが高いので、激しくぶつかり合うこともあるでしょう。

☆恋愛対象としての相性

五黄土星の熱烈なアプローチに六白金星が圧倒されてしまいそう。二人のテンションとペースを合わせれば、うまくいく可能性も。

◇七赤金星

七赤金星(しちせききんせい)はサービス精神旺盛でキュートな魅力の持ち主。トーク上手でみんなに好かれる人気者です。

☆仕事相手としての相性

リーダーシップのある五黄土星と雄弁な七赤金星。考え方の方向性が同じだとうまくいく相性ですが、意見が割れると関係が決裂しそう。

☆恋愛対象としての相性

ちょっとわがままで、恋人に甘えたいタイプの五黄土星。サービス精神旺盛な七赤金星なら、上手にあしらうことができるでしょう。

◇八白土星

八白土星(はっぱくどせい)は努力家で向上心が強いタイプ。一度決めたことは最後までやり遂げる根性の持ち主です。

☆仕事相手としての相性

一緒に大きな仕事を成し遂げられそう。ただ、どちらも責任感が強いので、主導権争いをしがち。はっきり役割を分けておきましょう。

☆恋愛対象としての相性

意気投合できる相性。考え方や感性が近い、似た者同士のカップルになりそう。ただ、どちらも頑固なので、けんかをすると長引くでしょう。

◇九紫火星

九紫火星(きゅうしかせい)は明るくて華やかな雰囲気の持ち主。プライドが高く、人と群れるのが苦手な一匹狼タイプです。

☆仕事相手としての相性

リーダータイプの五黄土星と仕事のアイデアが豊富な九紫火星。お互いをコントロールしようとしなければ、良い相棒になれそう。

☆恋愛対象としての相性

好相性。明るくて華やかな九紫火星から、五黄土星がパワーと刺激をもらうような関係です。熱い愛情を育むことができるでしょう。

九星気学を「幸せな毎日」を送るためのヒントにしよう

九星気学で占う上で重要なポイントは、本命星が表す性格・相性・運勢などを短絡的に判断しないことです。

「私(あの人)はこういう性格」と決め付けるのではなく、それぞれの長所を伸ばし、足りない部分をカバーするために活用しましょう。

また、「運勢がいい」と調子に乗ったり、「運勢が悪い」と落ち込んだりすることもありません。

九星気学のメッセージを最大限に活用して、幸せな毎日を送るためのヒントにしましょう。

(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)