【一白水星】2020年後半の運勢

【一白水星】2020年後半の運勢

【一白水星】2020年後半の運勢

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。

あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。

今回は、本命星【一白水星】の2020年後半の運勢について詳しくお伝えします。

※【一白水星】の人の生まれ年:昭和56年(1981年)2月4日〜昭和57年(1982年)2月3日、平成2年(1990年)2月4日〜平成3年(1991年)2月3日/平成11年(1999年)2月4日〜平成12年(2000年)2月3日

■九星気学とは?

九星気学の起源は中国です。古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。

それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。

九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。

そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。

■九星気学で分かること

九星気学では、その人の性格・運勢・相性・方位の吉凶・家相などが分かります。

◇自分の性格

?

九星気学では自分の性格が分かります。基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。

Check!

【一白水星の基本的な性格や適職・恋愛傾向】はこちら

◇自分の運勢

九星気学では運勢も分かります。好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。

◇気になる相手との相性

気になる人の本命星が分かる場合、あなたの本命星と照らし合わせて相性を占うことができます。

Check!

気になる人の本命星の探し方はこちら

◇方位の吉凶

方位の吉凶も分かります。旅行や引越しをする場合、どの方位が良くて、どの方位が悪いのかを知ることができます。

◇家相

家相とは、土地や家の間取りなどの吉凶を判断するものです。住む人を開運に導く気の流れや方位が分かります。

■本命星【一白水星】2020年後半の運勢

一白水星の2020年後半の運勢を、全体運・恋愛運・仕事運・金運・健康運に分けて解説します。

◇全体運:大きく変動しつつも徐々にアップ

2020年は1年を通じて変化の多い運気です。後半も引き続き、大きな動きがありそうです。運気はアップダウンを繰り返しながら徐々にアップ。9月から10月に運気のピークを迎えます。

環境がガラリと変わったり、価値観が大きく変化したりすることもありそう。人生のターニングポイントを迎える可能性もあります。

開運のキーワードは「チャレンジ」。

やってみたいことに着手する、苦手なことを克服するために努力するなど、理想の自分になるための挑戦は全てラッキーにつながります。

 

変化を恐れず前向きに行動することで、成長できるでしょう。

◇恋愛運:激しくアップダウン

2020年の後半、恋愛運は激しくアップダウンする暗示。

恋人募集中の人は、好みのタイプや恋人に求める条件が変わるなど、恋愛観に変化が訪れそう。

「こうあるべき」という理想を捨てて、柔軟に出会いを楽しみましょう。また、恋人を探す方法や場所を変えてみるのもおすすめです。

恋人がいる人は、二人の関係が急変するような出来事が起こるでしょう。結婚話が持ち上がる、心変わりして距離を置くなど、何らかの大きな変化がありそう。

その際、無理に現状をキープしようとすると、状況が悪化してしまう可能性も。二人でしっかり話し合って、ベストな道を探りましょう。

また、秘密の恋の場合は波乱模様。特に、付き合いが長い場合は、あなたが我慢の限界に達してしまいそう。

二人の仲を暴露したい衝動に駆られることもあるでしょう。取り返しのつかない状況になる前に、いったん距離を置いてクールダウンしましょう。

◇仕事運:波乱気味。臨機応変な態度を心掛けて

2020年後半、仕事運は波乱気味。

社内規定が変わる、職場の環境が変わるなど、会社自体が変化することもあれば、部署異動する、雇用形態が変わるなど、あなた自身に変化が起こることもあるでしょう。

どちらにしても突発的な変化なので、混乱は避けられないかも。変化に慣れるまで時間が掛かったり、我慢を強いられたりすることもありそう。

ただ、変化にあらがうのは得策ではありません。困難な状況の中でも臨機応変な対応を心掛け、自分にできることを探してみましょう。

ポジティブに変化を受け止めることが、仕事運アップにつながります。

転職運は上々です。ただし、「現在の職場が不満」という理由で勢い任せに転職すると、失敗してしまう暗示。

転職を成功させるためにどんな経験やスキルが必要か、しっかり情報収集するところから始めましょう。準備万端の人は、9月と10月が転職のベストタイミングです。

◇金運:想定外の出費が発生

2020年後半の金運は不安定。想定外の出費が発生することもありそう。

金欠に陥らないよう、日頃から収入と支出のバランスをチェックしておきましょう。また、いざというときのために貯金をしておくと安心です。

ただし、必要以上にケチケチするのはNG。時と場合によって、適切にお金を使いましょう。

消費・投資・浪費を混同せず、しっかり区別をつけておくことが大切です。

そんな2020年後半、一白水星の金運を上げるキーワードは「コツコツ」です。

コンビニや自販機でドリンクを買う代わりに水筒を持ち歩くなど、毎日のちょっとした努力の積み重ねが開運のポイントです。

また、携帯電話の通信料など、日常的に利用しているサービスの料金プランを見直すのもおすすめです。面倒くさがらずに工夫することで、財布に余裕が生まれるでしょう。

◇健康運:精神的に不安定になりやすい

思慮深く慎重な一白水星にとって、変化が続く2020年後半は精神的に不安定になりやすい時期です。

思い通りにならないことが増えて、ストレスがたまることもあるでしょう。それが原因で体調を崩してしまう暗示もあります。

不安や不満を感じたら無理をせず、家族や友達など身近で信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

また、積極的に体を動かすることも健康運アップに効果的です。特に、ヨガやストレッチなど、体幹を鍛えながら柔軟性を高める運動がおすすめ。

マッサージボールなどのグッズを使って、体のコリをほぐすのもいいでしょう。

■運勢を上げるためにやるといいこと

2020年の後半の運勢を上げるために、何をするといいのでしょうか? 一白水星の開運アクションをご紹介します。

◇(1)変化を受け入れる

何事もじっくり考える思慮深いタイプの一白水星ですが、現状維持にこだわっていると周囲から取り残されてしまいそう。変化を柔軟に受け止め、臨機応変に動きましょう。

◇(2)積極的に動く

2020年後半は「動きながら考えること」が必要です。その場でじっと考えているだけではなく、積極的に動いて新しい考え方や方法を取り入れましょう。

九星気学を活用して、2020年の後半をハッピーに過ごそう

九星気学の運気には波があります。そして、運気を生かせるかどうかは、あなた次第です。

幸運の波が来たらスムーズに乗りこなせるように、ウォーミングアップをしておきましょう。

また、運気が低迷したらダメージを最小限で済ませることができるように、日頃からしっかり準備をしておきましょう。

2020年の後半、あなたに良いことがたくさんありますように!

(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)