【三碧木星】2020年後半の運勢

【三碧木星】2020年後半の運勢

【三碧木星】2020年後半の運勢

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。

あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。

今回は、本命星【三碧木星】の2020年後半の運勢について詳しくお伝えします。

※【三碧木星】の人の生まれ年:昭和63年(1988年)2月4日〜平成元年(1989年)2月3日/平成9年(1997年)2月4日〜平成10年(1998年)2月3日

■九星気学とは?

九星気学の起源は中国です。古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。

それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。

九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。

そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。

■九星気学で分かること

九星気学では、その人の性格・運勢・相性・方位の吉凶・家相などが分かります。

◇自分の性格

九星気学では自分の性格が分かります。基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。

Check!

【三碧木星の基本的な性格や適職・恋愛傾向】はこちら

◇自分の運勢

九星気学では運勢も分かります。好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。

◇気になる相手との相性

気になる人の本命星が分かる場合、あなたの本命星と照らし合わせて相性を占うことができます。

Check!

気になる人の本命星の探し方はこちら

◇方位の吉凶

方位の吉凶も分かります。旅行や引越しをする場合、どの方位が良くて、どの方位が悪いのかを知ることができます。

◇家相

家相とは、土地や家の間取りなどの吉凶を判断するものです。住む人を開運に導く気の流れや方位が分かります。

■本命星【三碧木星】の2020年後半の運勢

三碧木星の2020年後半の運勢を、全体運・恋愛運・仕事運・金運・健康運に分けて解説します。

◇全体運:後半にかけて下降気味

三碧木星にとって、2020年は運気が低迷する年です。

ただ、後半は前半より運気が活性化するので、落ち込んでいてはもったいない時期です。これまであまり調子が良くなかった人も、夏に向けて助走を始めましょう。

具体的な運気の流れとしては、7月から8月にかけてピークを迎え、その後は徐々に運気が下降していきます。

開運のテーマは「強い気持ちを持つこと」。思うように物事が進まない時期ですが、できることを見つけてコツコツ取り組みましょう。

「転んでもただでは起きない」と強気でいけば、ガッツが湧いてきそう。たとえ失敗しても、そこから成功のヒントを得ることができるはず。

◇恋愛運:好調。出会いのチャンスに恵まれる

シングルの人は、出会いに恵まれる好運期です。

ただ、じっとしているだけではチャンスを生かせません。友達に紹介を頼む、合コンや婚活パーティーに参加するなど、自分から積極的に動くようにしましょう。

また、恋の沼にどっぷりはまりやすい時期なので、好みのタイプに出会うと理性を失いがち。恋仲になっていい相手かどうか、慎重に見極めましょう。

恋人がいる人は、すれ違いが増える暗示。ゆっくり話ができない時こそ、マメなコミュニケーションを心掛けましょう。

自分のことばかり話すのではなく、恋人の話に耳を傾ける思いやりを大切に。

結婚を考えているなら、焦りは禁物。結婚式や新居の準備など、二人で相談しなければならない大事なことがたくさんありそう。

今年中に結論を出そうとせず、時間を掛けて話し合いながら準備を進めましょう。

◇仕事運:意欲は下がりがちだが良いことも

仕事のモチベーションは下がりがち。あまり意欲が湧いてきませんが、良いこともありそう。

肩の力を抜いて仕事に取り組めるので、冷静に職場の状況を観察できるのです。上司や同僚が何を考えているか手に取るように分かって、コミュニケーションがスムーズになりそう。

また、顧客や取引先の要望に気付いて、臨機応変に動くこともできるでしょう。仕事がうまく回り出すことで、結果的に、少しずつやる気を取り戻すことができそう。

転職運も低迷。特に、「職場の人間関係が不満」という理由で転職すると後悔しそう。また、憧れの職業への転職も、年内はやめた方が無難です。

どうしても転職したい場合は、入念にリサーチしましょう。収入・やりがい・会社の将来性など、複数の条件を総合的に判断することが大切です。

◇金運:金欠気味になる可能性あり

2020年の後半、金運はそれほど悪くありません。ただ、想像と現実のギャップが大きくて「お金が足りない!」と感じることが増える暗示。

金銭的な不安を吹き飛ばすために、できることから実行しましょう。

あまり使っていないのに毎月課金されているサービスなど、不要な出費はありませんか? 携帯電話やWi-Fiの使用料も見直すといいでしょう。

買い物をするときは、値段や品質だけでなくコストパフォーマンスを要チェック。

高額な商品を買うときは、クチコミ情報をしっかりチェックして、複数の店舗で価格を見比べること。

耐久性や補償の有無などの条件も確認しておきましょう。

◇健康運:精神的に不安定に

精神的に不安定になりやすい時期です。やる気が出ないのに無理をして動くと、どんどんストレスがたまってしまいそう。

健康運アップのキーワードは「やり過ぎ注意」。

働き過ぎ、食べ過ぎ、運動し過ぎ、寝過ぎ、遊び過ぎ……何でも「過剰」になると逆効果です。

「ちょっと調子が出ないな」と思ったら、何かをやり過ぎていないか考えてみましょう。

注意したい体の部位は目・口・子宮です。仕事でパソコンを使う機会が多い人は、眼精疲労に気を付けて。定期的に目を休めるようにしましょう。

また、虫歯予防を兼ねて、定期的に歯科を受診するのもおすすめです。生理痛や生理不順などの不調がある人は、我慢は禁物。産婦人科を予約して、医師の診察を受けるようにしましょう。

■運勢を上げるためにやるといいこと

2020年の後半の運勢を上げるために、何をするといいのでしょうか? 三碧木星の開運アクションをご紹介します。

◇(1)ポジティブな面を見る

何事も無理は禁物ですが、簡単に諦めるのもよくありません。物事のポジティブな側面に注目することが運気アップにつながります。

◇(2)バランスを重視する

人間関係・恋愛・健康・お金……全て「バランス」を意識するとラッキーにつながります。無理をせず、心に余裕を持って動きましょう。

九星気学を活用して、2020年の後半をハッピーに過ごしましょう

九星気学の運気には波があります。そして、運気を生かせるかどうかは、あなた次第です。

幸運の波が来たらスムーズに乗りこなせるように、ウォーミングアップをしておきましょう。

また、運気が低迷したらダメージを最小限で済ませることができるように、日頃からしっかり準備をしておきましょう。

2020年の後半、あなたに良いことがたくさんありますように!

(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)

×