【四緑木星】2020年後半の運勢

【四緑木星】2020年後半の運勢

【四緑木星】2020年後半の運勢

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。

あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。

今回は、本命星【四緑木星】の2020年後半の運勢について詳しくお伝えします。

※【四緑木星】の人の生まれ年:昭和62年(1987年)2月4日〜昭和63年(1988年)2月3日/平成8年(1996年)2月4日〜平成9年(1997年)2月3日

 

■九星気学とは?

九星気学の起源は中国です。古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。

それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。

九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。

そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。

■九星気学で分かること

九星気学では、その人の性格・運勢・相性・方位の吉凶・家相などが分かります。

◇自分の性格

九星気学では自分の性格が分かります。基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。

Check!

【四緑木星の基本的な性格や適職・恋愛傾向】はこちら

◇自分の運勢

九星気学では運勢も分かります。好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。

◇気になる相手との相性

気になる人の本命星が分かる場合、あなたの本命星と照らし合わせて相性を占うことができます。

Check!

気になる人の本命星の探し方はこちら

◇方位の吉凶

方位の吉凶も分かります。旅行や引越しをする場合、どの方位が良くて、どの方位が悪いのかを知ることができます。

◇家相

家相とは、土地や家の間取りなどの吉凶を判断するものです。住む人を開運に導く気の流れや方位が分かります。

■本命星【四緑木星】の2020年後半の運勢

四緑木星の2020年後半の運勢を、全体運・恋愛運・仕事運・金運・健康運に分けて解説します。

◇全体運:成果を期待するより、種まきを

2020年は四緑木星にとって「種まき」の時期です。

そのため、今年の後半は成果を期待するより、来年・再来年に向けて準備を整え、チャンスのきっかけを仕込んでおきたいタイミングです。

具体的な運気の流れとしては、春ごろから上昇した運気は6月〜7月にピークを迎えます。その後、徐々に運気が下降し、年末から来年に向けて再び盛り返すでしょう。

開運のキーワードは「地に足を着けること」。背伸びをせず、自分の足元をよく見て、現実的に動きましょう。

最短距離で成果を出すよりも、時間を掛けていろいろ試してみることが大切です。失敗を恐れず、試行錯誤を繰り返すことで実力が付くでしょう。

◇恋愛運:恋人募集中も恋人がいる場合も好調

2020年の後半の恋愛運は好調です。恋人募集中の人は「出会いのきっかけづくり」に励むとラッキーにつながるでしょう。

「この人いいな」「ステキだな」と思う人をできるだけ多く見つけましょう。すぐに恋愛に発展させようと焦らず、未来に縁をつなぐと吉。

まずは連絡先を交換したり、SNSでつながったりするところから始めてみて。

恋人がいる人は、アットホームな愛を育める時期。同棲を始めたり、結婚の準備を進めたりするにも良いタイミングです。

自宅で一緒に料理をつくったり、趣味を楽しんだりするのも良いでしょう。リラックスして過ごす時間を共有すると、愛が深まります。

秘密の恋の場合は、不穏なムード。特に、相手に依存気味の人は注意が必要です。

先の見えない関係は今後も続きそうなので、新しい恋に目を向けた方が幸運を生かせそう。関係を清算するなら、11月までにアクションを起こすといいでしょう。

◇仕事運:初心に立ち返ると運気アップ

2020年の後半は、初心に立ち返ると仕事運がアップします。慣れ親しんだ仕事でも、気を引き締めて着実に取り組みましょう。

職場では、教育係として後輩や部下を育てる役目を任されることがありそう。

人に教えることが、自分の基礎的な知識や技術を見直すきっかけになります。ブラッシュアップのチャンスだと思って、しっかり務めましょう。

転職を考えている人は、準備の状況によって展開が変わりそう。

転職の意志が固く、すでに転職活動を始めている場合は◎。新しい職場にもスムーズになじむことができるでしょう。

これから活動を始める人は、ベンチャー企業や最先端技術を扱う企業を要チェック。新しい部門のスタートアップに関われるような会社もおすすめです。

◇金運:安定。買い物運も◎

2020年後半の金運は安定的。お金に困る心配はないでしょう。

ただし、大きな収入を得ようと欲張るのはNGです。今年は金運的にも「種まき」の時期なので、すぐにお金を得ようとしてもうまくいきません。

おすすめは、お金を増やすための勉強をすること。効率的な節約術を身に付けたり、投資について学んだりして、お金に関する知識を増やしましょう。

買い物運も上々です。インターネット通販を使いこなすと、お得に買い物ができそう。

期間限定セールやポイントアップなどのキャンペーンをマメに確認して、必要なものをお得に購入しましょう。

副業で収入を得たい場合は「小さく生んで、大きく育てる」のがおすすめです。

いきなり大金を投資せず、少ない資金で始められることを選びましょう。

最初は収入が少なくても、諦めないで。改善を繰り返しながらコツコツ続けることが成功の秘訣です。

◇健康運: 下降気味。基礎体力アップを目指して

2020年の後半、健康運は下降気味。「基礎体力アップ」が健康運アップのポイントです。体力に自信が無い人は、体質改善を目指してできることから始めましょう。

運動不足の人は、定期的に体を動かして体力を付けましょう。

特に、足腰を鍛える運動はおすすめです。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を始め、スクワットなどで下半身を鍛えましょう。

食事の内容を見直すのも吉。カロリーだけではなく、栄養価に注目するといいでしょう。

特に、たんぱく質が不足気味の人は、意識的に肉・魚・牛乳・チーズ・ヨーグルト・卵・豆腐・納豆などを食べましょう。

■運勢を上げるためにやるといいこと

2020年後半の運勢を上げるために、何をするといいのでしょうか? 四緑木星の開運アクションをご紹介します。

◇(1)整える

心と体を整えることが開運につながります。リラックスする時間をつくり、体にいいものを食べて、健やかに過ごしましょう。

◇(2)慎重に行動する

慌てず慎重に行動することが成功につながります。最短距離でゴールを目指すのではなく、進展は遅くても自分が納得のいくやり方で物事を進めましょう。

九星気学を活用して、2020年の後半をハッピーに過ごそう

九星気学の運気には波があります。そして、運気を生かせるかどうかは、あなた次第です。

幸運の波が来たらスムーズに乗りこなせるように、ウォーミングアップをしておきましょう。

また、運気が低迷したらダメージを最小限で済ませることができるように、日頃からしっかり準備をしておきましょう。

2020年の後半、あなたに良いことがたくさんありますように!

(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)