「結婚式の中止」で悩む女性に伝えたいこと

「結婚式の中止」で悩む女性に伝えたいこと

「結婚式の中止」で悩む女性に伝えたいこと

2020年。結婚にまつわるイベントを控えていたカップルにとって、とても厳しい1年なのではないでしょうか。

大人数で集まることの自粛を要請され、両家顔合わせや結婚式ができなかったり、海外への渡航が難しく新婚旅行の予約をキャンセルしたりした方も多いと思います。

最近では、4〜5月にしばらく閉店していたジュエリー店が営業を再開した日、カップルたちの長蛇の列ができていたことが記憶に新しいです。

前々から計画していて、2020年に結婚関連のイベントを控えていたカップルは、コロナ禍による大打撃を、目立たずともひしひしと受けていたのではないでしょうか。私も心が痛みます。

何が悲しいって、一生に一度のHAPPYで楽しいイベントが、“不要不急の用事”と一括りにされてしまうことですよね。

■今の時期「結婚式を諦めること」の難しさ

特に結婚式なんかは、自分にとっては夢にまで見た大事な大事なイベントで、式場を決め、ドレスを試着して、プログラムを考え、誰を呼ぶか決めて、一人一人に連絡を取って……。たくさん準備をしながら、楽しみにしていたと思います。

呼ばれていた友人や家族も、楽しみにしていてくれた人が多いと思います。

今までは、ただただ「嵐が来ませんように……」「電車が止まりませんように……」と当日の心配だけしていれば良かったのに、目に見えないウイルスの影響を考え、未来が予想できない状況になってしまう。

だけど、外出を自粛しても体が健康だと「結婚式、できるんじゃないか……?」なんて考えたりして、諦めることが難しかったと思うのです。

それに、キャンセル料のこともありますよね。なかなか厳しい条件を提示された方も多かったと聞きます。

目前に迫った式を中止にするのも、決行できる可能性があるかもしれない数カ月先の式を中止にするのも、どちらもつらいと思います。

■「結婚式をやるかどうか」で悩んでいた女友達

私の周りにも3人ほど、結婚式を延期・中止にした友人がいました。

1人は親友なので、式場を予約した時から状況を知っていました。今年の9月に式を予定していたのですが、予約した1年前はコロナのコの字もありません。

今年の3月くらいに「結婚式どうするの? 大丈夫?」と連絡したところ、彼女から電話がかかってきました。

「今迷ってるよ。結婚式やるのか、延期するのか、中止するのか。悩みすぎてしんどい。

迷ってるとさ、いろんなことを考えるんだよね。そもそも結婚式ってなんでやるんだっけ、って。みんなに“結婚しました”ってお披露目するためにやるものだと思ってたけど、もう家族や親戚、エマちゃんにだって、旦那さんのことは紹介してるし。

だから、わざわざ結婚式をしてお披露目する必要も、ほぼなくなっているわけで。その他の人にお金を払ってもらってまで、旦那さんを紹介するものなのかなー、とか考える」

彼女も本当だったら難しいことを考えずに、結婚式をただ楽しみにすれば良いだけだったのに。キャンセルするのか、延期するのか、いろいろ悩んでいるうちに、そんな“そもそも論”にまで行き着いてしまったみたいです。

「ただワイワイと出席してほしいだけなのに、感染リスクを背負わせながら挙式する意味ってあるのかな……」とか、「飛沫感染防止のパーテーションを設置して、おしゃべりを極力減らして、食事もなしでやるとか、意味ある?」と悩んでいたんですよね。

ただ、彼女もやりたい気持ちが残っていたようなので、応援したい思いもあり、「結婚式やるなら行くよ!」と、そう伝えておきました。

「今の状況って自己責任だから、行きたい人は行くし、行けない人は行けないって判断できるよね。招待状に『この状況下ですし、参加・不参加については直前でも大丈夫です』と書いておくとか、今までより断りやすい雰囲気を作っておけば良いんじゃない? 例えば医療従事者や、持病を持っている方などは、状況を考えて自分でお断りができるし」とも話しました。

彼女だけでなく、主催する側はきっといろんな方の心情を考慮して、悩んでいたと思います。

■「結婚式の延期」を決めた友達へのメッセージ

誰も悪くないこの状況。何かが犠牲になっても誰も文句言わないよ、って思います。

その犠牲って、例えば結婚式のために押さえておいたスケジュールが空白になったり、はたまた行きたかったけど行けないことになってしまったり。

なので、彼女には「私はいつでも行くよ?」と伝えていました。

でも結局は、来年に結婚式を延期。とってもとっても悩んで迷って、決めたこと。

だから最後には「延期して正解だったと思うよ!」「来年楽しみにしているね」「本当に悩んだよね。お疲れさま」と言いました。多分、どんな決断でも「正解!」って言っていたと思います。

「お疲れさま」という言葉が効いたようで、彼女からは「本当にしんどかったよ〜(泣)」とお返事が来ました。

きっと誰よりも、旦那さんや、両家のご両親と、結婚式をどうするのか話し合ったと思います。友人の私は、彼女の答えをただ肯定し、背中を押すのが役目だなと思っていました。

やると決めても喜んでいたし、やらなくても肯定する。

■悩んで決めたことなら、どんな答えでも「正解」

このコラムを読んでいる人の中には、結婚式を主催する方、参列者の立場の方、はたまたウエディング業界の方もいると思います。

早くこんな難しいこと考えなくていい世界が来てほしいよね。

とりあえず今の私として、言えることは一つ。どんな答えを選んでも「正解」だと思います。

元気を出して、この状況下だからこそできることを見つけていきたいね。

もうしばらく、頑張ろうね。

(文:エマちゃん、イラスト:itabamoe)

関連記事(外部サイト)