ビジネスシーンで「忘れてください」と伝える表現は?

ビジネスシーンで「忘れてください」と伝える表現は?

ビジネスシーンで「忘れてください」と伝える表現は?

「ご放念ください」は、日常でもビジネスでも手紙やメールのやり取りでよく使われる気遣いの表現です。

この記事では、「放念」の意味や使い方、「ご放念ください」という言葉への対応の仕方についても解説します。

■「放念」とは「心にかけないこと」

ここでは「放念」の意味と、「ご放念ください」という表現について解説していきます。

◇「放念」の意味

「放念」には、以下の意味があります。

ほうねん【放念】

心にかけないこと。心配しないこと。放神。

(『広辞苑 第七版』岩波書店)

◇「ご放念ください」は相手への配慮を示す表現

「放念」は、基本的には相手の行為について使う言葉です。そのため、自分が気にしない、忘れていたという場合に「放念する」「放念した」と表現するのは、避けた方が良いでしょう。

「ご放念ください」という表現を分解すると、以下のようになります。

ご(尊敬を示す接頭語)+放念+ください=ご放念ください

「ご放念ください」は、相手に対して「気にしないでください」「お忘れください」という意味で使う、尊敬の表現です。

相手を煩わせたくないために、

・心配しないでほしい

・気遣いしないでほしい

・心に病まないでほしい

・気に留めないでほしい

・心を休めてほしい

といった配慮から使う表現です。

「ご放念ください」は、どんな時使えるのか?(例文付き)

「ご放念ください」は、仕事でもプライベートでも使うことができます。主に、手紙やメール、メッセージなど、相手に負担を掛けたくないような場面で使うといいでしょう。

では具体的にどんな時に使えるのか、シーン別に例文付きで紹介していきます。

◇(1)自分の都合で何らかの申し出をする時

☆例文

・ぜひともご相談にあがりたいところですが、もしもご無理であれば、ご放念ください。

◇(2)多忙な相手に面会の申し出をする時

☆例文

・今回は急な日程であることは重々承知しておりますので、ご多忙であればどうぞご放念くださいませ。

◇(3)間違って送ってしまったメールなどを忘れてほしい時

☆例文

・たった今、添付書類を間違えてお送りしてしまいました。お手数ではございますが、ご処分くださいませ。非礼をお詫び申し上げますとともに、何卒ご放念くださいますようお願いいたします。

◇(4)謝罪している相手に「もう気にしないで」と伝えたい時

☆例文

・私もしょっちゅう間違えます。先日のことは、すっかり忘れました。どうぞ、くれぐれもご放念くださいね。

◇(5)年賀状や贈答の気遣いを丁寧に断りたい時

☆例文

・紙の年賀状は本年をもちまして終了いたします。来年より、ウェブ年賀状に切り替える予定です。どうぞ、私宛の年賀状もご放念くださいますようお願い申し上げます。

◇(6)ささいなことだから「あまり気に留めないで」と伝えたい時

☆例文

・こちらにつきましては取るに足らないことなので、どうぞご放念ください。

■使用上の注意点

「放念」を使用する上での注意点も理解しておきましょう。

◇謝罪の場面での使用は避ける

自分が失敗をして迷惑を掛けた相手に早く忘れてほしいからといって、「ご放念いただければ幸いです」というふうに使うのは避けましょう。

確かに「気にしないで、忘れてください」という意味にはなるでしょうが、謝罪のような相手の感情にも関わる難しい場面で使うことは、あまり適切とはいえないからです。

そんな時は「ご寛恕(かんじょ)くださいませ」「お許しくださいませ」など、丁寧な言葉を選ぶようにしましょう。

「ご放念ください」と書かれたメールへの対応方法

ここでは、自分が「ご放念ください」という言葉を受けた際の返事について解説していきます。

「ご放念ください」という言葉は、相手に対して使う言葉です。そのため、返信の際には「放念します」「放念する」と書かないように気を付けましょう。

◇返事が不要な場合

「ご放念ください」と言われた内容が実際に取るに足らないことであったり、そのことに全く触れない方が良さそうであったリする場合、返事は不要です。

特に「取るに足らないことなので」「お忙しいでしょうから」という意味で、「些事ゆえ、ご放念ください」というような内容には、ほとんど返信の必要はありません。

◇返事をした方がいい場合

相手との関係性や内容によっては、返事をした方がいい場合もあります。

表面的な言葉だけで判断できないのが、ビジネスにおけるコミュニケーションの難しいところですね。

例えば、大切な取引先からメールの誤送信があった後に「ご放念ください」と削除依頼のメールが届いた場合には、「添付書類は未開封のままで早速破棄いたしました。どうぞ、ご安心ください」と返すと良いでしょう。

また、こちらが謝罪した相手から「ご放念ください」と許容するメールなどが届いた場合には、「お優しいご配慮に感謝いたします。どうぞこれからも懲りずにお付き合いただければ幸せです」とお礼の一言を返すと良いでしょう。

「ご放念」「ご放念ください」の言い換え表現

「放念」と似た意味合いを持つ言葉を、言い換えの表現と共に紹介します。

◇「ご放心」

・そのようなご心配はご無用です。どうぞ、ご放心ください。

「心に掛けないでください」「安心してください」という意味です。

「放念」と同様に使うことができます。

◇「ご休心」

・どうぞご休心くださいませ。

「安心してください」という意味で、こちらも「放念」同様に使います。

◇「お気になさらず」「お忘れください」

・特にこちらはご心配のようなことはございません。どうぞ、お気になさらず。

・わざわざお越しいただく程のことではございません。どうぞお忘れください。

「気にしないでほしい」「忘れてほしい」という時に使える、「放念」よりカジュアルな表現です。丁寧な印象にしたい場合には、「お気になさいませんようお願いいたします」「どうぞお忘れくださいませ」と書く方が良いでしょう。

相手や状況に合った言葉選びを

いかがでしたか?

「放念」は基本的には相手に対して用いる言葉で、「ご放念ください」は、「気にしないでほしい、心配しないでほしい」などの意味で、さまざまなシーンで活用できる表現です。

ただし、自分が謝罪する側である場合には、「ご放念ください」は使えません。相手や状況にふさわしい丁寧な言葉選びが大切です。

(前田めぐる)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)

×