やば、好きかも。浮気相手が「本命に変わる瞬間」5つ

やば、好きかも。浮気相手が「本命に変わる瞬間」5つ

やば、好きかも。浮気相手が「本命に変わる瞬間」5つ

男性にとって浮気は、遊びであることがほとんど。しかし、そんな浮気が本気になる可能性はゼロではなく、彼女以上に好きになってしまうこともあるようです。

「浮気相手が本命に変わる瞬間」を社会人男性に聞いてみました。

■(1)家庭的な一面が見えた時

・「家庭的なところを見た時」(32歳/情報・IT/営業職)

・「胃袋をつかまれた時」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「料理がおいしい時」(32歳/情報・IT/営業職)

「料理上手」「家庭的」な女性は、男性にとって魅力的。同棲をしたり結婚をしたりするのであれば、料理上手であることはいまだ欠かせない条件になる人が多く、浮気相手から本命へと変わるきっかけになるようです。

■(2)尽くしてくれる時

・「尽くしてくれる人で、気遣いもできる人間性がある人。浮気相手を失うことの重大さを認識させる」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「尽くしてくれる時」(29歳/その他/技術職)

尽くしてくれる女性の多くは、純粋で気遣いができる人が多いようです。男性はプライドが高い傾向があります。そのため、何よりも自分を優先してくれる女性を愛しく思うようになり、彼女より大切にしたいと感じるようです。

■(3)彼女を超えた時

・「彼女より性格的に勝る時」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「本命の彼女よりも総合的に見て良いと思った時」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

浮気相手の方が性格が良い、優しい、家庭的など、今の彼女よりも勝る点が多いと、浮気相手が本命に変わることがあるようです。自分自身が常に魅力的であるよう努力を怠らないようにしたいですね。

■(4)居心地が良い時

・「居心地が良い時」(33歳/建設・土木/技術職)

・「落ち着くなと思った時」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

一緒にいて「居心地が良いな」と感じると、男性はその女性から離れられなくなるようです。「安心する」「ほっとする」そんな心地良さを感じてもらえるように意識して、彼のそばにいたいですね。

■(5)一緒にいたいと思った時

・「この子といれば自分は幸せになれるかも、と思わせる瞬間が続いた時」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ずっと一緒にいたいと思った時」(32歳/不動産/営業職)

男性は、将来をイメージできる女性とは「ずっと一緒にいたい」と思う傾向があります。彼の口から「一緒にいたい」というような言葉が出たら、彼にとって大切な存在になっている可能性が高いといえます。

■番外編:本命に変わる時はない

・「浮気相手が本命になることはない」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「浮気は本命にはならない。 最初から浮気じゃなくて二股なんだと思う」(34歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「そんな時はやってこない」(30歳/電機/事務系専門職)

実は、一番多かったのが「浮気相手が本命に変わることはない」という回答でした。男性にとって浮気相手は浮気相手のまま。浮気相手が本命に昇格するという可能性はかなり低いようです。

■本命になるために自分自身を磨く努力を忘れない

男性の浮気が本命に変わる可能性は低いことが分かりました。しかし、家庭的、気遣いができるなど、男性にとって居心地の良い女性になることで、気持ちに変化が起こることも。

逆に自分が本命彼女だった場合、彼に浮気をされないためにも、常に努力を忘れず自分自身を磨いていきたいですね。

(きくかお)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2020年 10月23日〜10月24日

調査人数:283人 (25〜34歳の働く男性)

関連記事(外部サイト)