人間関係のコツ。「味方につけた方がいい人」の特徴4つ

人間関係のコツ。「味方につけた方がいい人」の特徴4つ

人間関係のコツ。「味方につけた方がいい人」の特徴4つ

会社生活の中で、味方につけておくといい人、あなたにもいますか?

いつどんな時でも味方になってくれる相手と仲良くなっておけば、いざ困った時に助けてもらえるはず。逆を言えば、敵に回すと厄介な相手でもあります。

では、味方につけた方がいい女性とは一体どのような人なのでしょうか? そこで今回は、女友達や上司など味方につけた方がいい女性の特徴について、社会人経験を持つ筆者が、実体験を交えながら紹介します。

■(1)厳しい指摘をしてくれる人

本当にあなたを思ってくれている人であれば、あなたのためを考えて厳しい指摘もしてくれるはずです。逆に、あなたを利用しようと考えている人は、気持ち悪いくらい褒めてきませんか。

筆者自身も、関係が長く続いている相手ほど、はっきり意見を言ってくれる人ばかり。耳障りのいいことばかり言う人は、短い期間で縁が切れるケースがほとんどです。

言われた時は嫌かもしれませんが、あなたにとって最善のことだと考えて指摘をしてくれる女友達、先輩は大切にしましょう。

■(2)言い訳をしない人

あなたの質問に嘘偽りなく素直に答えてくれる人は、あなたと対等な関係を築きたいと考えています。逆に、あなたの質問に対して適当にはぐらかす、または言い訳が多いならば、その人は恐らく真剣に向き合おうと考えていません。

今後、何かあなたにトラブルが起きた時は言い訳をしてスッと逃げられ、あなたが嫌な思いをする可能性があります。

向き合ってくれないような人であれば、仲を深めずに表面的な付き合いで終わらせるのが得策です。

■(3)余裕があって幸せそうな人

心に余裕があって幸せそうな人は、人にも幸せをおすそ分けしてくれます。もしあなたがシングルで困っているといえば、いい人を紹介しようとお世話を焼いてくれるなんてことも。しかし、自身が不幸で余裕がない人は、嫉妬心をあなたに向ける、もしくはあなたの幸せを邪魔する可能性もあります。

そもそも人は、心に余裕がないと他人にも優しくできないのです。幸せそうで心に余裕のある女性を味方につけると、受ける恩恵も大きいでしょう。

■(4)お礼好きな人

お世話になった人にはお礼とともにちょっとしたプレゼントを渡す、ご馳走するなど、人のためにお金を使える人は奉仕精神があります。このような人は、あなたが困っている時も損得勘定をせずに手を差し伸べてくれます。

もちろん、あなた自身もお世話になったらちょっとしたプレゼントを渡したり、ご馳走したりするなどお礼とともに何か相手が喜ぶことをプラスしてください。お互いに助け合いの精神が生まれて、いい関係が築けるはずです。

■幸せのおすそ分けも忘れずに

いつもニコニコして幸せそうな女性は、他の人に幸せをおすそ分けできる余裕があります。時には厳しいことを言うかもしれませんが、それはあなたのことを考えているからこそ。相談をしても最善のアドバイスをくれますよ。

また、誰かに助けてもらったらその人が喜んでくれそうな、ちょっとしたプレゼントなどでお礼を考えてみましょう。それは金額やブランドなどで評価されるものではないはずです。その人もますますあなたを助けようとしてくれるのではないでしょうか。

それによって自分が幸福を得たら、誰かにおすそ分けすることも忘れずに!

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

■診断であなたのあなたの性格をチェック!

実は闇を抱えてる? 人間嫌い診断

冷たいと思われてる? ドライな人診断

どう思われてる? 常識人レベル診断

関連記事(外部サイト)