明日でいっか。だらしない人の共通点7つ

明日でいっか。だらしない人の共通点7つ

明日でいっか。だらしない人の共通点7つ

日頃から、「だらしない部分を直したい」と思っていませんか? また、「明日からやるぞ!」と思っていてもうまくいかず、そんな時に物事をテキパキと真面目にこなしている人を見ると、落ち込んでしまいますよね。

今回は、そんなだらしない人の特徴や直し方のコツについて考えていきたいと思います。

Check!

日常から目をそらしたい? 「現実逃避度」診断

■「だらしない」とは? その意味

それではまず「だらしない」の意味を見ていきましょう。

だらしない

(1)きちんとしていない。整っていない。

(2)節度がない。しまりがない。

(3)体力や気力がない。根性がない。

(『デジタル大辞泉』小学館)

上記のような意味で、人の外見・内面の両方の様(さま)に使うことができる言葉といえます。

■だらしない人の特徴

では、ここからはだらしない人の特徴をいくつか挙げたいと思います。あなたにも当てはまるところがないか、確認してみてください。

◇外見や行動に見られる特徴

まずは、外見や行動に見られる特徴です。

☆(1)身なりが整っていない

外見に不潔な印象がある人は、だらしないと判断される傾向があります。例えば、服にシワが多い、靴が汚い、寝癖がついたままの髪など。

人の心には、対象を評価する際にその人が持つ顕著な特徴に引っ張られて、他の特徴の評価がゆがめられてしまうという心理があります。

そして、「身なり」は印象における顕著な特徴ですので、そこが整っていないと、その他の評価すべき点を差し置いて「だらしない」印象がついてしまうのです。

☆(2)時間にルーズ

時間にルーズとは、遅刻が多いだけでなく、ドタキャンが多いなど「時間」に対する概念がゆるい状態をいいます。

そのような状態では人に迷惑をかけることが多いため、社会人としての信用や人間関係に支障が生じるとともに、「だらしない人」判定されてしまいます。

☆(3)整理整頓が苦手

整理整頓が苦手な人は、必要なものと不要なものをきっちり区別できておらず、そのような面がだらしないと思わせます。

あなたは、デスクの上がいつもぐちゃぐちゃな人に仕事を依頼したいと思いますか? 資料をなくしたり納期を守れなさそうな気がしたりして、依頼するのが怖いですよね。

これも(1)と同様で、「デスクが汚い」という印象が強過ぎると、たとえ実際は仕事ができる人だとしても、その特徴がゆがんでしまうのです。

このように、だらしない人はステップアップの機会を損失する可能性もあります。

☆(4)計画的に行動できない

また、計画を立てて行動することが苦手です。

(1)や(2)で挙げた特徴も、この計画性がないことに起因して起こる現象であることが多いです。

◇性格に見られる特徴

次に、性格に見られる特徴を見ていきましょう。

☆(1)人の目を気にしない

外出する時でも、家でくつろぐ時の服装のままという人が多いです。

「自分は自分。人からどう見られても気にしない」といったポリシーを持つ人と、他人の視線や言動に鈍感なタイプとに分かれますが、周囲からするとどちらとも「だらしない人」に見えてしまうのは同じです。

☆(2)自分に甘い

「今日は疲れているから仕方ない」「天気が悪いから仕方ない」など、やらないことに何かと理由をつけて自分を正当化する癖があります。

自分に甘いだけでなく「やろうとした時に他人から強制されて意欲が喪失した」など、人のせいにする人もいます。

☆(3)自己肯定感が低い

(2)で挙げた自分に甘いタイプは、自分を責めない場合もあるのですが、意志が弱いタイプの場合、だらしない自分を責める自責傾向が強いです。

そのため、自己肯定感情も低くなりがちです。

■チェック! だらしない人診断

ここでは、あなたが「だらしない人」なのかをチェックする10の質問を用意しました。7つ以上当てはまると、残念ながら「だらしない人」と判断できます。

□遅刻癖がある

□気分屋な方だ

□計画を立てることが苦手だ

□人の目はあまり気にならない

□家族や恋人など、親しい人から「だらしない」と指摘されることが多い

□課題や勉強などは期限ギリギリにならないと取り掛かれない

□家や部屋が汚い

□お風呂が嫌い

□物事を先延ばしにしてしまうことが多い

□「約束なんてしなければ良かった」と思うことがある

■だらしなくなってしまう原因

では、そもそもどうしてだらしなくなってしまうのでしょうか? 原因について考えていきましょう。

◇(1)楽観主義だから

楽観主義とは、「物事は最終的に良い方向に落ち着くものだ」と考える思考傾向で、決して悪い思考ではありません。

ただ、周囲の人から「部屋が汚くてだらしない」といった指摘を受けても、「物のある位置を把握しているから大丈夫」や「いざとなったら掃除のプロを呼べばOK」など、計画性や現実味がない言い訳をしてしまうことから、だらしなさを修正することができません。

◇(2)自己中心的だから

人の顔色ばかり気にしているのも問題ですが、自分の感情が最優先になってしまうのも良くありません。

例えば、眠たくて起きられなかったから遅刻、当日になって参加する気が失せたからドタキャンなど自己中心的な行動が多くなり、それが結果的に周囲に「だらしない人」という印象を与えてしまいます。

◇(3)周囲の環境から

周囲の環境とは、住居環境や幼少期からの人間関係のことです。

親も整理整頓が苦手で家が常に汚かった、時間を決めずに何時まででもだらだら遊ぶ友人が多かったなど、自我が確立するまでの時期に身を置いていた環境がルーズな場合、当人の性格として定着してしまうケースがあります。

◇(4)自暴自棄な心境だから

失恋した時や仕事がうまくいかない時など、人生が思うようにならない時は落ち込みますよね。このような心理状態の場合は、何に対してもやる気がなくなり生活がだらしなくなりがちです。

しかし、この場合は一過性にだらしなくなる場合がほとんどで、時間の経過と対処方法の確立によってだらしない生活から立ち直ってきますので、そのような心境の時は必要以上に自分を責めないことも大切です。

■「だらしない」ことはデメリットばかりではない

「だらしない」を善悪だけで判断する必要はありません。あまりに自己中心的な人は困りますが、人の顔色を見てコロコロ態度を変える人が良い人だとは限らないということです。

また、完璧主義の人にとっては、多少だらしない人といる方が安らぐという「人と人の相性」もあるでしょう。

一方で、だらしない人の特徴で述べたように、信頼関係の喪失や機会損失の恐れがあるということはやはりデメリットです。

信頼関係の構築には誰しも時間が掛かるものですが、その前に「だらしがない」という顕著な特徴に引っ張られて他の良い特徴がかすんでしまうのは、本人にとっても残念なことですよね。

■だらしない性格を直す方法

では最後に、だらしない性格を直す方法についてお伝えします。

◇(1)身なりを整える

人間には「自分の言動に一貫性を持たせたい」という心理原則があります。

例えば、おしゃれをして一流レストランに行くと、行儀良く美しく食事をしたくなりませんか? これが一貫性の心理です。

ぜひこの心理を活用してみましょう。シワだらけの洋服はクリーニングに出し、ゴムが伸びた下着は捨てて新調してみましょう。身なりを整えるだけで、心も締まっていきます。

◇(2)ルーティンを作る

これも、(1)で述べた一貫性の心理原則を利用する方法です。だらしない人は「毎日早起きして朝活」など、いきなり困難なルールを決めてもうまくいきません。

ですので、「木曜日だけは自炊する」など、まずは週1回だけ決めごとを作って頑張ってみてください。次第にそれができないと居心地が悪くなり、週1のルーティンを基準に生活が整ってきます。

◇(3)ToDoリストを作る

スケジュール帳などで管理して計画を立てられるのがベストですが、これも最初はハードルが高いと思いますので、ToDoリストを作ることから始めてみましょう。

ふせんに「○○する」などやるべきことを書いてデスクなどに貼り、達成したらはがしていく方法がおすすめです。特に、物事を先延ばしする癖がある人には有効です。

◇(4)鏡を見る習慣を付ける

鏡は、自分の容姿を客観視できる唯一の道具です。出掛ける前や帰宅後など、定期的に鏡を見る習慣を付けてみましょう。

定期的に見ていると、身なりが整っていくだけでなく、表情の明るさや暗さから心の状況まで把握することができるようになるでしょう。

■まずは気付きが大切

習慣を変えるタイミングは、まず「気付き」から始まります。そういった意味では、このコラムで何か思うことがあった人は、すでに変化のための一歩を踏み出しているのです。

まずは、そこを認めてあげてください。完璧を求める必要はありません。多少のだらしなさは個性だと認めつつ、自分のペースで適度なところに落ち着かせていきましょう。

(小日向るり子)

※画像はイメージです

おすすめの診断

あなたはどう? 「仕事ができる人度」診断

人への関心が薄い? 「他人に興味がない」診断

何事にも一生懸命? 「努力家度」診断

関連記事(外部サイト)