【難読】“きょうしゃ”じゃない!? 「強者」のもう一つの読み方

【難読】“きょうしゃ”じゃない!? 「強者」のもう一つの読み方

【難読】“きょうしゃ”じゃない!? 「強者」のもう一つの読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「強者」の読み方です。

“きょうしゃ”以外の読み方なんてあるの? そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「強者」の読み方は?

「強」は強い、強弱と読むので、“つよ”、“きょう”と読む人が大半だと思います。「者」は作者、若者と読むので“しゃ”、“もの”と読むことが多いですよね。でもこの二つを合わせると、「きょうしゃ」以外の読み方があるのを知っていますか?

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“つわもの”とも読みます。

■「強者」の意味と使い方

『漢字ペディア』によれば、「強者」の意味は以下のように解説されています。

つわ-もの【強者】

1 非常に強い兵士。勇士。

2 ある方面で非常にすぐれている人。猛者。「―ぞろいの柔道部」

「兵」とも書く。

文字通り、勇気のある強い人といった意味合いですね。「強者(きょうしゃ)」は、ほかに勝る力や権力を持つ強い者という意味なので、同じ漢字ですが微妙に意味が違います。

読み方は難しいのですが、スポーツニュースなどで「今大会は強者ぞろいで〜」なんて、聞いたことはないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「強者」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。見慣れた漢字も、読み方によって微妙に意味が変わってくることがあるんですね。

よく目にする漢字の組み合わせも、読み方に注目してみると、実は知らなかった意味合いがあるかもしれません!

(ななしまもえ)

関連記事(外部サイト)