バイバーイ。デート中に「帰りてー!」と思う5つの瞬間

バイバーイ。デート中に「帰りてー!」と思う5つの瞬間

バイバーイ。デート中に「帰りてー!」と思う5つの瞬間

デートといえばドキドキしたり楽しかったり、そんな幸せなイメージがありますよね。

でも現実はそればかりではありません。デートをきっかけに、気になっていた気持ちが冷めたり、大嫌いになってしまったり。

デート中の男性のげんなりする行動を見て、帰りたくなる女性ってとても多いんです。

今回は、恋愛コラム二ストの石谷ちよが、女性がデート中「帰りたい」と思う5つの瞬間を解説します!

白馬の王子様を信じてない? シンデレラ症候群度診断

■(1)全て彼女任せだったとき

デートに誘われてわくわくしていたのに、待ち合わせた彼からの一言目が「どこ行きたい?」だと、一気に残念な気分になってしまいますよね。

観たい映画も食事のお店も全て女性任せで、プレゼントまでも「何がいい?」と、サプライズは一切なし。

何よりも、デートプランを考えず楽にやり過ごそうとしているのが、彼に冷める一番の原因ですよね。

■(2)周囲に対する態度が悪かったとき

紳士的な男性だと思っていても、それが下心ありきの優しさだったなら幻滅してしまいますよね。彼の本当の姿をデート中に知って、冷めてしまうことも。

代表的なパターンでいうと、お店の従業員への態度があげられます。飲食店でのオーダーミスなど、些細なことで声を荒げたり、タメ口で説教していたり。

デートの空気も彼の印象も最悪なものになり、その瞬間にその場から離れたくなるのは当然ですよね。

■(3)話が弾まない、噛み合わないとき

どれだけ話を振っても相槌を打つだけの、無口な男性とのデートって退屈ですよね。1人で頑張って話を続ける時間が丸一日……と、想像しただけで逃げ出したくなります。

また、相手も頑張って話してくれるけど、緊張して話が噛み合っていない。笑いのツボが違いすぎて全く盛り上がらない、という状況も気まずくて帰りたくなりますよね。

いくら見た目がよくても、会話が楽しくない相手とは一緒にいようとは思えません。こういった相性の悪さで別れに至る男女はとても多いんです。

■(4)彼だけが興味のあるデート内容だったとき

ゲームやスポーツ、絵画など好きな分野は人それぞれ。気になる人の趣味について知りたい気持ちはあるけど、デートで興味のない場所に連れて行かれるのは正直楽しくないですよね。

自分から行ってみたいと提案したり、趣味を紹介し合うのなら、お互いのことを知り合えて楽しいかもしれません。ですが、自分だけが行きたい場所に一方的に連れていくのは、あまりにも自己中心的。

また、ただの買い物の付き添いのようなデートも帰りたくなりますよね。自分が欲しい物を買うためだけに歩き回る彼の姿を見て、次のデートはやめとこう、と感じてしまいます。

■(5)気を使われすぎて疲れてしまったとき

気になる相手と2人きりの時間は誰にとっても緊張するもの。特に初デートは相手を意識しすぎて失敗することも多いでしょう。

断っているのに何度も「重い? 大丈夫?」と荷物を持とうとしてきたり、少しでも女性が無言になれば「楽しくない? 疲れた?」と顔色を伺ってきたり。

多少の気遣いは必要だと感じますが、それが度を超えれば面倒なだけ。優しい彼だからこそ早々に帰ることもできず、長い1日にため息が出てしまいますよね。

■途中で帰るときは理由を添えて

付き合う前のデートは、相手との相性を確かめる場所。デート中にどうしても帰りたくなったなら、相性がよくなかったんだと考えて、我慢せずに帰りましょう。

ですが、帰る際には「体調が悪い」や「仕事が入ってしまった」などと、相手をなるべく傷つけないような理由を伝えましょう。「楽しくないから帰る」というように、自分勝手な振る舞いをしては自分の魅力が落ちるだけ。

素敵な男性と出会うためにも、魅力的な女性でいることを心がけましょうね。

(石谷ちよ)

※画像はイメージです

■関連する診断をチェック!

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

一線引かれてない? 「近寄りがたい女度」診断

人の目ばかり気にしてない? キョロ充診断

関連記事(外部サイト)